2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 半沢直樹 第5話 | トップページ | Woman #07 »

2013年8月14日 (水)

スターマン~この星の恋~ #06

公式サイト

記憶を取り戻した星男(福士蒼汰)は、不器用ながらも宇野家に溶け込み、大(大西流星)ら子どもたちとも本当の家族のような関係を築き始めていた。朝、子どもたちを引き連れ、野球の練習に出かける星男。その楽しげな様子に、佐和子(広末涼子)はしみじみと幸せを感じる。
だが、星男は記憶が戻って以来、体の中の“何か”が頻繁に暴れ出すようになっていた。「俺の中にいるお前はなんなんだよ。俺をどうするつもりなんだよ」と苦しげに訴える星男を偶然目にしてしまった佐和子は、不安を覚える。(公式サイトより)

記憶を頼りに書いているで、セリフは全て概略、エピソードは若干前後しています。

星男・・・今回は達也で通します。

達也が子供たちに野球を教える風景を見て。
今まで美代とともに子供たちを元気に育ててきたきたけれども、やはり父親がいた方がいいのかな、ともらす佐和子。

美代は嗜めます。
子供にとっては、父親がいた方はいい、とかそういうことは関係なく。

「愛されているっていうことが、大事なの、子供には。
父親のいない子には父親のいない良さがある。」

そのぶん、母親に守ろうとする優しい子になったでしょ、と。
肯く佐和子。
父親が欲しいから男性と付き合うのではなく、あくまで自分の気持ちが大事。

しかし、達也の様子が何だか変。
誰なんだよ、俺をどうするつもりなんだよ、と鏡に向かう達也を心配そうに見ている佐和子。

明くる日。調理室は、重田さんと祥子のキス事件から、なんだか微妙な雰囲気になってます。
特に安藤君は大ショックを受けてますが、祥子はるんるん・・・重田さんに告白までしてしまいました。でもって。

私を宇宙に連れてって!

祥子は、元々重田さんは私を迎えにきたのだけれども、早く着きすぎて、私が生まれるまで待てなかったんでしょ、と思い込んでしまったのです。
ああ、ややこしい(笑)

が、しかーし。

重田さんの奥さんは祥子とのことを全てお見通しどころか。
重田さんが宇宙人であることも知っていました。
40年前、結婚する時に、宇宙へはもう帰らないと約束していたのです!

今まで、失礼ながらくたびれたおばさん(汗)、としか見えなかった奥さんが一人の女性に見えてきました。さすがです。

.

様子のおかしい達也のことで、重田さんに相談する佐和子。
何かある、でも、何も聞けない。聞くのが怖い。
聞いちゃうと、問い詰めちゃうと、今までの男性と同じように、最後にちょっとだけ優しくなってどっかへ行っちゃうから。

とは言え。彼は宇宙人なのだ、という重田さんの言葉に納得するわけもなく。
もし彼が宇宙人でも愛し続けることができるか、という問いをジョークと受け流してしまいます。
ま、信じられるわけがありません。重田さんも仕方がない、と思ってる。
でも、彼に何かあったら、絶対に自分を呼ぶことだけは、約束させました。

一方、達也は、自分の中にいる何者かが、脅威的な身体能力の持ち主で、しかも生命を生き返らせる能力まで持っていることに気がつきます。
そしてその何者かの力は次第に増していき、そのうち自我が消えてしまうことにも。

洗濯物を干しながら、人知れず大きな発作を起こして倒れてしまった達也。
しかし、そのことは美代には告げず、礼の言葉を述べます。

以前なら知ることもなかった穏やかな日々を過ごすことができて良かった・・・
それ以上は佐和子に直接言って、と美代さん。

自分は本当はもう、死んでいるのだ。
荒くれ達也に戻ることなく、二度目の死を淡々と受け止めようとしている達也。

次男、勝がボールを体で受け止めることができるようになったことを優しい目でみつめ、その場を去って行きます。これがお別れ?

三男、瞬を迎えに行った佐和子は、瞬と遊んでいた達也からデートに誘われます。

いよいよ別れの言葉か、と身構え、彼の言葉を聞こうとしない佐和子。
確かに、別れの言葉ではあるのですが。

佐和子と会った時、すでに自分は死んでいた。
何かの力で生かされいた。
それが何者かはわからないけれども、そろそろお別れみだいだ。
その前に、佐和子にお礼を言いたかった。

「俺はいなくなるけど・・・」

佐和子にとっては一番聞きたくなかった、悪い予想通りの言葉。
優しい嘘をつくんじゃない、と怒る佐和子。

嘘じゃない・・・佐和子の腕の中に倒れこむ達也。

「サンキュー、佐和。頑張れ・・・」

意識をなくした達也は佐和子の家に運び込まれますが、すでに手遅れの状態に・・・
そこへ飛んできた重田さんが思いっきり額を近づけると。

わーい、怖い(笑)

元の星男が戻ってきました。

宇宙人から来た王子様って・・・何!?

.

達也はこのまま消えてしまうのでしょうか。

星男が戻ってきてくれたのは嬉しいけれども、何だか不憫で・・・(涙)
ボートに静かに横たわるシーンが印象に残りました。

もし、万が一達也が復活して、生きたい、というエネルギーが戻ったら、元の荒くれに戻っちゃうのかなあ。
どうして自殺したのか、という謎は残ったままです。

重田さん夫妻は、佐和子たちの大先輩なんですね。
重田さんは残る決意をしました。その決意に揺るぎはなさそうです。

でも、星男はどうするのでしょうか。
王子様って言うのが気になります。自分の意思で残れるものなのかどうか。

次回、星男が自分の正体について語るそうで・・・気になる!

.

.

01 02 03 04 05

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 半沢直樹 第5話 | トップページ | Woman #07 »

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

□スターマン~この星の恋~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターマン~この星の恋~ #06:

» スターマン・この星の恋 第6話 [ドラマハンティングP2G]
第6話「遂に正体が!奇跡のはじまり」2013年8月13日 記憶を取り戻した星男(福士蒼汰)は、不器用ながらも宇野家に溶け込み、大(大西流星)ら子どもたちとも本当の家族のような関係を築き始めていた。朝、子どもたちを引き連れ、野球の練習に出かける星男。その楽しげな…... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 (第6話・8/13) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ・『スターマン・この星の恋』(公式) 第6話『遂に正体が!奇跡のはじまり』の感想。 冒頭の7分間が秀逸だった! 冒頭の7分間が、とても本作らしさを表現していたと思う。まず、星男(...... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『遂に正体が!奇跡のはじまり』 内容 “達也”の記憶が戻ったが星男(福士蒼汰)として、 佐和子(広末涼子)たちと暮らし始める星男。 相変わらず不器用な部分や、口の悪い部分もあったが、 佐和子の息子・大(大西流星)らとも打ち解けはじめるのだった。 その日も朝か...... [続きを読む]

» 「スターマン ・ この星の恋」 第6話 遂に正体が!奇跡のはじまり [トリ猫家族]
 さて、子供達はすっかり黒星男(達也)(福士蒼汰)に馴染んでおります。 で、達也は朝も早から子供達と野球の練習に連れ出しましたョ〜。 球を怖がって獲ることができない秀( ... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
星男(福士蒼汰)は、記憶が戻って以来、身体の中の「何か」が頻繁に暴れ出すようになっていました。 大(大西流星)たちを連れて、野球の練習にも出掛けていて、俊(五十嵐陽向)が危なくなると俊足で助け...... [続きを読む]

« 半沢直樹 第5話 | トップページ | Woman #07 »

作品一覧