2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 半沢直樹 第4話 | トップページ | Woman #06 »

2013年8月 7日 (水)

スターマン~この星の恋~ #05

公式サイト

宇野家で目を覚ました星男(福士蒼汰)は、記憶を失う前の本来の姿を取り戻し、やさしかった星男とは似ても似つかない荒んだ男・達也に戻っていた。佐和子(広末涼子)に悪態をつく星男におびえ、ショックを受ける大(大西流星)ら息子たち。そんな星男の態度を見かねた美代(吉行和子)は東京に帰るよううながすが、星男は「どこにも行くとこなんかねぇんだよ!」と出て行こうとしない。(公式サイトより)

意識が戻ってからは、星男と達也が交互に出てきたけれども、結局、荒んだ達也に落ち着きました。

"星男”をでっち上げた佐和子はあやまりまくり。

混乱している達也。
最初は「何か嫌な感じの家、田舎だけど古いけど素敵でしょ、みたいな。」なんて憎まれ口を叩いていましたが、家族もなく、帰るところもない、ということで、佐和子んちにお世話になることになってからは、少し大人しくなりました。

気の弱さを隠すために凄んでいるだけ・・・と、全く動じない美代さん(^^
佐和子も、達也が行くところかないことを知って、強気になりました。

もっとコワイ人かと思っていたら、意外と素直だった達也。
特に女性には頭が上がらないみたいです。
ミチルの下には帰らないのね・・・死にたいと思ったほど、切り捨てたい過去にいる人だからかな。

「比べるな」
こっちの方が嫌な顔、なんて、みんなから言われてね。それは嫌でしょう。
しかし、全く別人格だった”自分”に興味があるようです。
自分に絶望しなければ、自殺をしようとは思わないだろうから・・・複雑。

だんだん達也が、年相応の、しかも寂しいツッパリ野郎であることがわかってきた佐和子。
過去など、心配はあるけれども、星男の時と同じように、さばっと受け入れることにしました。
もう、恋人じゃないのは寂しいけれども。

何が起きても楽しむ。ポジティブシンキングの佐和子。

最初は怖がっていた子供たちも、星男で免疫がついたのか、案外あっさり受け入れ、「黒星男」に決定。(笑)
さらに、野球で県大会優勝していることに大喜び。
白星男は身体能力は優れていても、野球は知らないだろうから、かえって良かったかも。斜に構えていた黒星男も、野球のことは話す時は誇らしげというか、嬉しそうです。
すんなり家事手伝いを始めました。

みんなが出かけた後、洗濯物を干しながら、死んでいく瞬間に何かが自分の中に入ってきた、と美代さんに話します。

それから意識を取り戻すまで、夢を見ていた。
夢とは星男として「嫌な感じの家」で佐和子たちと過ごした時間。
家族と過ごす。初めての経験。
佐和子のことも憶えていたみたいです。しちゃったことは憶えてなかったけれども(^^;;

この夢というか記憶が、ワルだったらしい達也を、すんなりと佐和子たちの下に留まらせたのでしょう。

でも、夢だから、長くは続かない気がする。
自分の中にいる何かが目覚めたら、今度こそ本当に死ぬ気がする・・・。

身寄りがなくて、県大会で優勝して、その後荒れて、自殺を図って。
どんな人生を歩んできたのでしょうか。

そんな達也を見守る美代さん。

.

と、しみじみと佐和子たちの話が進む一方。

相変わらずモールス信号発信に余念のない祥子。と、安藤君。
安藤君、あんた、バカすぎる(笑)
祥子もさ・・・ブーツ、必要なんだ(笑)

そして影の主役、重田さんは、星男が来たことが中間たちが迎えに来る予兆だと感じています。
なんで、いまさら。
地球にきて40年。家族も持った今、もう、帰れない、と涙を流す重田さん。
奥さんは重田さんの正体に気がついているのか、いないのか。

星男を重田さんをばっちりマークしている祥子。
重田さんの隙をついて、背後からデッキブラシでぶちのめす・・・

今回、最大の衝撃シーンでした(爆)

そうか、ここまでやっちゃうのね~。

で、予告にあった、これまた衝撃のキスシーンへ繋がって、続く。
.

もう、本当にどうなるかわかりません、このドラマ。

達也の中に入っている星男・・・宇宙人が目覚めたら、本当に達也の魂は死んでしまうのかどうかは、次回の展開を見ないとわからない。
もしそうなら。
もともと重田さんだった人は、どうなったのでしょう。宇宙人が乗っ取った、ということになるのかなぁ。
しかし、達也の場合は、星男が入らなければ、死んでいたのだから・・・ああ、わかんなーい(^^;;

とっても優しかった星男がいなくなって、寂しい佐和子。
哀愁漂う悪星男こと、達也も悪くないと思うのですが。

達也の方も最初こそドン引きしてましたが、まんざらでもなくはない?
普通ならありえないかもしれないけれども、星男の記憶があるからなー(^^

ただ、何もない田舎で、ずーっと主夫ができるタイプじゃないかも。
風来坊って感じです・・・元夫みたいな(汗)
でも、それは星男になっても同じなのかな。いつか宇宙に帰ってしまいそうですし。

なあんてことを考えている暇もなく。
もう、達也の命が危ない?!

今までの予告のパターンのままなら、このシーンは次回のラストになりそう(^^;;
.

.

01 02 03 04

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 半沢直樹 第4話 | トップページ | Woman #06 »

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

□スターマン~この星の恋~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターマン~この星の恋~ #05:

» スターマン・この星の恋 第5話 [ぷち丸くんの日常日記]
宇野家で目を覚ました星男(福士蒼汰)は、記憶を失う前の姿を取り戻して、優しかった星男はどこへ行ったのやら・・・ 町医者(モト冬樹)では、どうしようもなかったのですが、信三(國村隼)が星男の額に...... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 (第5話・8/6) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ・『スターマン・この星の恋』(公式) 第5話『星男の本性は凶暴新たな謎が』の感想。 宇野家の変化が楽しい。これが連ドラこその面白さ。 前回までは“ホームドラマ”と“宇宙人ドラマ”の...... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 第5話 [ドラマハンティングP2G]
第5話「星男の本性は凶暴新たな謎が」2013年8月6日 宇野家で目を覚ました星男(福士蒼汰)は、記憶を失う前の本来の姿を取り戻し、やさしかった星男とは似ても似つかない凶暴な男・達也に戻っていた。佐和子(広末涼子)に悪態をつく星男におびえ、ショックを受ける大(…... [続きを読む]

» スターマン・この星の恋 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『星男の本性は凶暴新たな謎が』 内容 スーパーで働く佐和子(広末涼子)の前に現れた星男(福士蒼汰) 突如、妙な動きを始めた。。。次の瞬間、倒れてしまう。 重田(國村隼)が抱きかかえてくれるが。。。。 その後、宇野家に運ばれた星男。 溝上先生(モト冬樹)に...... [続きを読む]

» 【スターマン・この星の恋】 第5話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
勇気がないんだよね、私は。 外の世界が怖いとかそういうんじゃなくて、外の世界に行ってそれでも何も 起こらなかったらここのせいにできないじゃん。 ここを出て行かないから私には何も起こらない。 そ...... [続きを読む]

» 「スターマン ・ この星の恋」 第5話 星男の本性は凶暴 新たな謎が [トリ猫家族]
 さて、ブラック星男降臨に驚いた佐和子(広末涼子)は取りあえず、子供達を節(小池栄子)の元に避難させました。 「佐和、めげるな。 もともとは拾った恋なんだから」節  意 ... [続きを読む]

« 半沢直樹 第4話 | トップページ | Woman #06 »

作品一覧