2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« スターマン~この星の恋~ #01 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #03 »

2013年7月11日 (木)

Woman #02

公式サイト

ある日、仕事を終えた小春(満島ひかり)が帰宅すると、
望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。
近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている望海と陸を見つけ、
児童相談所に通報したのだった。
児童相談所の職員は虐待を疑い、小春に子供たちを誰かに預けることを勧める。
小春は、再婚し地方のログハウスで暮らす由季(臼田あさ美)のもとへ、
しばらく望海と陸を預けることにする。
小春と離れて暮らすことになっても元気そうな望海と陸。
しかし、次第に小春のもとへ帰りたいと思うようになった二人は、
東京を目指して駅へ向かう…。(公式サイト)

.

ざっくりと、感想メインで書きます。

由季は山梨のどこか、富士山の見える別荘地のような所に住んでいます。
もう、結婚したのかな?
パートナーは、どんな仕事をしているのかわかりませんが、ごく普通の穏やかな人のようです。
由季の子供たちと望海と陸、わけへだてなく接していました。
一度も顔を映さないのが気にはなりましたが。
重要なキャラではないからなのか、それとも何かの伏線なのか・・・
もし伏線だとしたら、あまりいいことではなさそうなので、前者であって欲しい。

ともかく、由季は今の生活にすっかり満足している様子。
小春のことを気遣って、子供たちを預かってあげる、と申し出てくれました。

昼夜働いている小春。
子供たちはそういう生活に馴れたというか、寂しさを押さえることができるようになったのですが、近所の人々から見たら、そうは見えない。

子供たちだけで夜を過ごしているのを見て見ぬをしなかった女性は一見とても親切だし、早速駆けつけた児童相談所の職員も、きちんと仕事をしている。
「母親にはスイッチはありません。」
マニュアル通りだとしても、小春を責めたりしない。

母親を休むことも大切、せめて夏休みの間だけでも、どこかに預ければ、とアドバイスします。
誤解されて腹立たしい小春は不貞腐れていますが、アドバイスではなく、そうしなければ、子供たちを保護する、という警告であることを知って、あわてます。
子供たちを由季に預けることにしました。

通報した近所の女性が、もし子供たちと身近に接していたら、虐待しているとは思わなかったと思います。
しかし、小春の、自分たちの生活に他人が介入してくるのを嫌がっているオーラは半端ないですから、誤解されても仕方がないかもしれません。
そこを無理してでも近づこうとする人なんて、都会であろうが田舎であろうが、少ないでしょう。

ですので、小春が、普段からもう少し近所づきあいをしていたら・・・と思ったのですが。
必要以上に他人と関わりあうのを避けるのは、夫、信の死に原因があることが、後半で見えてきました。

由季の下に預けられた子供たち。
由季も特別扱いすることもなく、ごくごく普通に子供たちに接してくれてます。
由季の子供たちも、男の子らしいがさつさはあるけれども、意地悪でもなんでもない。
しかも自然の中で。恵まれた環境です。

でも、寂しさは、どうすることもない。
花火をする、という約束を破ってしまった悲しさを必死で堪えるも、翌日、髪を切られてしまった時に、ついに堪えきれなくなってしまった望海。

男の子たちが帽子の中にガムを捨てちゃったのは決して悪意じゃない。
望海が被らなければ、兄弟のどちらかが同じ目にあったはず。
由季の髪の切り方はがさつでしたが。
でも、小さなことを気にしない人だから、自分の子供たちと望海たちを分け隔てなく扱えるのだとも思いました。

預かった子供がいなくなったら・・・
想像しただけで血の気が引きます。
取り乱した由季に共感しました。
そして、由季を責めなかった小春に、思わず涙。

今回は涙ポイントが多くて・・・

思い出で登場する信に、まずほろっときて。

髪を切られているお姉ちゃんを心配そうにじっと見守る陸にじわじわ。

とどめは、「ごめんさない」と謝る望海。そして望海をを抱きしめる小春。

満島さん・・・なんだろう、この表情。
女優の顔じゃない。母親以外の何者でもない。
凄いです、この人。

.

書ききれなかったことをまとめてメモっておきます。

まず、決して豊かではない生活をなんとかやりくりして、栞を芸大の予備校に通わせる紗千。
「娘はあなただけ」と、小春の存在を消し去ってしまいます。
紗子をこれほど頑なにさせるのは、小春に捨てられた、という想いなのでしょう。
どんなやりとりがあったのでしょうか。
7、8歳の子供に言われたことなのに、多分小春は忘れているようなことなのに、ここまで片意地になることとは。
あー、でも、娘だから許せないことがあるのかな。

信のスケッチを彼の事故の記事とともに隠していた栞。
"あの日以来"電車に乗れなかったのは・・・きっと事故に関係があるのでしょう。
「お姉ちゃん。」
敵意は持っていない、むしろ近づきたく思っている。
複雑な事情、感情があるようです。

仕事の忙しさを理由に家事育児をしない妻に苛立つ、生活保護担当員の砂川。
「母親のくせに。」
二度も言ってました。修復するつもりなら、言ってはならない言葉なのですが・・・
彼も疲れているのでしょう。
ワインを買おうとした小春とのやりとりが印象的でした。

そして、砂川の妻、藍子と、同僚、澤村。
小春の体の異変に気がつきます。
.

公衆電話をかける時の十円玉の使い方。
すごくベタなのに、前後の組み立て方がうまいので、すっかり引き込まれてしまったのが、悔しい(^^;;
携帯を持ったことがない子供が、留守番電話サービスを聞いて、かけ間違った、と思うのには、あ、そうか、と。
最後の1枚は、先週、教えてもらっていた植杉家にかけたのね。ふうう・・・

健太郎さん、寝てる場合じゃないですよっ

.

予告がとても長かったのは、裏に合わせるためなのでしょうね(汗)。

重い話なのですが、重たさは感じませんでした。
満島さんの小春を、重く感じないためでしょうか。
悲しいことを、頑張っていることを”演じている”ようには見えないのです。
泣きの”芝居”があれだけ続くと、もっとモタレるものなのですが。

通報した近所の人も含めて、悪意を持っている登場人物がいないこともあると思います。

しかし今後は、信の事故の真相を巡って、悪意のようなものが描かれるかもしれない・・・
どうなるのでしょう。

.

.

#01

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« スターマン~この星の恋~ #01 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #03 »

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

□Woman」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Woman #02:

» Woman 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『母が母であるための間違った選択?』 内容 再婚し、東京から離れた町で暮らす由季(臼田あさ美)たち家族を 訪ねた小春(満島ひかり)と子供たち。 笑顔を見せる子供たちに、ひと安心する小春。 その後、東京へ戻ると、小春達の、いつもの暮らしが始まる。 ある日、...... [続きを読む]

» 【Woman】 第2話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
母親にはスイッチがありません。 スイッチ? スイッチを入れたり切ったりができないんです。 一度母親になるとそれから先ず~っと母親として生きてしまう。 趣味も時間の使い方も変わり、それまでどん...... [続きを読む]

» Woman (第2話・7/10) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
日テレ『Woman』(公式) 第2話『母が母であるための間違った選択?』の感想。 前回の感想と変わらず… 第1話の感想をそのままコピペしても良かったのだが、一応書いてみる。良かったのは二つ。...... [続きを読む]

» Woman「母が母であるための間違った選択?」 [のほほん便り]
…き、気の毒すぎる… 大恋愛の末、結ばれたものの、夫に先立たれ、仕事を掛け持ちし、シングルで懸命に幼い子を育ててる奮闘ぶりと、それでも冷たい世間のリアルと子供の健気さが「これもか!」の描かれ、思わず、うるうる… だったけれど、 今度は、公からは虐待を疑われるわ、頼みの親友の子のジェラシーをかい、ささやかな悪戯にショックをうけて、逃げ出してしまい、迷子になるわ さらに、ヒロインは難病の予感。亡き夫に痴漢疑惑までとは… 主演の満島ひかりを筆頭に子役を含め、みんなして名演技。 ... [続きを読む]

» 満島ひかり「Woman」第2回★切ない激安ワインと偽トトロ 「ショムニ」は挫折 [世事熟視〜コソダチP]
満島ひかり「Woman」第2回 「母が母であるための間違った選択?」 チョー軽い『ショムニ』と超重い『Woman』の究極の対決(ともに15分延長)。 最初は本田翼が好きだから『ショムニ』を観てたんだけど、高価な壺が割れるドタバタの顛末あたりからアホらしくなってきて視聴中止。 森本レオを含む、旧作メンバーのカメオ出演もあってフジテレビが視聴率獲得に躍起な感じなんだけど、イマイチ引かれるものが無かったんです。 旧メンバー・リエ(高橋由美子)と新メンバー・麗子(安藤サクラ)が霊感対決... [続きを読む]

» Woman 第2話 [ドラマハンティングP2G]
第2話「母が母であるための間違った選択?」 2013年7月10日放送 ある日、仕事を終えた小春(満島ひかり)が帰宅すると、 望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。 近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている望海と陸を…... [続きを読む]

« スターマン~この星の恋~ #01 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #03 »

作品一覧