2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第22話「ま・さ・か! デーボスふっかつ」 »

2013年7月21日 (日)

八重の桜 第29回「鶴ヶ城開城」 

公式サイト

籠城からひと月近くが過ぎた9月15日。八重(綾瀬はるか)の心配を受けながら、権八(松重豊)は補給路を奪還するために出陣する。新政府軍は鶴ヶ城に一日に二千発を超える砲弾を撃ち込み、天守閣は無残な姿になりつつあった。
それでも最後まで会津の意地を貫こうと戦う家臣たちの姿を見た容保(綾野剛)は、ついに降伏を決意。使者として秋月(北村有起哉)を向かわせるが、降伏の嘆願が板垣(加藤雅也)ら新政府軍に受け入れられる前に、権八が敵弾によって倒れてしまう。(公式サイトより)

.

間断なく砲弾が降り注ぐ鶴ヶ城。

補給路再開のための決死隊に参加する権八は、八重に鉄砲隊を指揮して援護するよう、言います。
若い者を残す・・・決死隊は玄武隊で組織されたのでしょう。

新政府軍に降伏した米沢藩から、降伏勧告が届きました。
受け入れなければ、米沢藩も新政府軍の一員として攻めてくる、ということ。
動揺する家老たちの中で、大蔵は戦い続行を唱えます。

「冬まで持ち堪えれば、戦況は変わる。
この総攻撃、敵方が会津の冬を恐れている証拠。」

しかし。

「冬まで城が持つとは思えぬ。」

・・・瞑目する容保、平馬たち。かつて頼母が訴えたこと。
戦いというのは、いったん始めてしまったら、負けに負けなければ止められない。溜息。

登勢さん、セリフもなく、亡くなってしまわれました。
合掌。

冷たくなった妻の手を取る大蔵。
健次郎も駆けつけました。
しかし、健次郎が、攻撃が激しくて城外での戦いから引き上げてきた、と言うのを聞いて激昂する大蔵。

なぜ、討ち死にしなかった。女でさえ命を落としている。
「腹を斬れ」と詰め寄ります。
必死で二人を止める山川家の人々。

「もうよい、もう十分だ。これ以上死ぬことはねえ!」

健次郎を抱きしめて叫ぶ艶。
これ以上死ぬことはない・・・

容保が見ていたのは、この光景だった、と思っていいのでしょうか。少しわかりにくかったです。
秋月を呼びました。決意したようです。

その晩、尚之助に戦況を聞く八重。

「会津は討たれ強い。
私は、国とは、そこに住む人のことだと思っています。
会津は・・・八重さん、あなたは強い。」
「そんなら尚之助さんも、すっかり会津のお国の人だ。」
「そんだなし。」

夫婦として二人だけで語らうのは、これが最後になるのでしょうか。

その後、密命でそっと城を抜け出す秋月を援護する八重。
撃つ、撃つ・・・大昔の西部劇みたい。

庄内薩摩陣営にいる、西郷。
アームストロング砲に刀で向かってくる田舎侍、という味方陣営の侮りを聞いて、わいらも田舎侍だと一喝。
「こん犠牲に応えんなならん。新しかこの国は。」

・・・終戦後の彼の行動を思うと、複雑です。
西南戦争に至るまで。このドラマではどのように描かれるのでしょうか。

「わしが、愚かなばかりに。
何もかも、戦さで燃やしてしまった。代々築き上げてきた会津の誇りまでも汚した。
己が許せぬ。」

自分を責める容保を慰める照姫。
戦さのさなか、凧揚げをしていた子供たちを誇りらしく思う、と。

「また、会津の空に子供らの凧が上がるのを見とうございます。
ご立派なご決断と、存じあげまする。」

時尾は、負傷している斎藤一に出会います。
怖くないのか、と尋ねる斎藤に、時尾は会津のために戦ってくれることの礼を述べます。

「私は、春の会津が、一番好きでごぜいえやす。
ゆっくり春が来て。綺麗な桜が咲いて。」

その間も降り注ぐ砲弾。

「悔しいごぜえやす。」

涙する時尾をじっと見つめる斎藤。

.

土佐藩の陣地にたどり着くも、中々上に取り次いでもらえないどころか、なぶられる秋月。
米を運ぶ途中で討たれる権八。

城まで戸板で運ばれましたが、瀕死の状態です。
「ご苦労様でごぜえやした。」
権八を囲む山本家の人々。

「やっぱり鉄砲を教えたのは間違いだ・・。
八重。ぬしゃあ、わしの誇りだ。
皆を守れ。」

合掌。

秋月が戻ってきました。
降伏嘆願が受け入れられ、砲撃は止みました。

降伏の内容は、女性たちには、照姫が伝えます。

会津は恭順し、城を明け渡す。
容保と喜徳、そして照姫は謹慎所に向かう。
十五に満たない幼い者、六十を超す年寄り、それから女は、お構いなし。
藩士たちは猪苗代で謹慎。

悔し涙を流す女性たち。

藩士たちには、もちろん容保が伝えます・・・
あ、八重がいる。

「みな、会津の名に恥じぬ、見事な武者ぶりであった。
わしがいたらぬばかりに、皆に長きに渡り、塗炭の苦しみを味あわせて、あいすまぬ。」

頭を下げる容保に、おやめくだされ、と家臣たち。

「罪は、我が一身にある。この上は、この一命を持って、会津を、皆の行く末を、守る。
何があっても、生きのびよ。
最後の君命じゃ。生きよ!」

「おそれながら、お殿様は間違っておいでです。」

八重が発言します。

何があってもお殿様には生きていただけかねばならない。
なぜなら。

「私には何度考えてもわからない。
天子様のため、公方様のため尽くしてきた会津が、なぜ逆賊として呼ばれなければならないのか。
会津の者なら皆、信じる。
悔しくてたまんねえ。
死んだ皆様は会津の誇りを守るために命を使ったのです。
どうか、それを無駄にしないでください。

本当は日本中に言いてえ、会津は逆賊ではねえ。」

だけど、それを証明できるのは、殿様しかいない。

「だから、何があっても生きてくだせえまし。」

すすり泣きながら八重の言葉に賛同する人々。

「殿は、我らが命にかえてでも、守りますゆえ。」@大蔵

降参。

白旗にあの二葉ですら書くことができなかった言葉を、一気に書き上げる照姫。
今回の照姫はきりりとしていました。

官兵衛がいないと思ったら、別働隊で戦闘中だったのですね。

その夜。
城の壁に句を書く八重。
佐久は、八重が藩士たちと共に猪苗代へ行くことを察していました。
猪苗代に行けば、皆殺しにされるかもしれない。

「私はお前までなければならないのか。
立派な手柄立てても、いくら鉄砲がうまくても、お前は、私のたったひとりのめごい娘だ。」

二人の様子をそっと見つめる尚之助。

綺麗に掃除をして城を明け渡す女たち。
そこに土足で踏む込む新政府軍。

猪苗代へ連行するため、藩士たちが集められました。
官兵衛も加わりました。
八重もいてます。

まだ、こんなに残っていたのか、ほとんど死んでいるかと思った、など、嫌味を言う新政府軍。
揉め事を起こせば、殿に類が及ぶと、秋月。
敗軍の惨めさを噛み締める皆・・・
そこへ、どこからともなく、会津の唄が湧き上がります。(題名を調べる時間はありませんでした;;)
政府軍の制止も効きません。
手拍子で踊りだす藩士たち。

「懐かしいなあ。祝言の日。」

尚之助の隣で呟く八重。

移動する直前に、尚之助が叫びます。

「女だ!女が紛れているぞ!」

兵士として戦った、人を撃ったことを言い立てるも、八重はつまみ出されてしまいました。

「尚之助様、なじょして!」

これが長の別れになるのでしょうか。

ひとり、誰もいない砦に戻った八重。

「消えた。何もかも。」

城を見上げて。

「そんでも、空は、変わらねえのか。」

.

一ヶ月に渡る攻防戦が終わりました。
もう少し兵糧のやりくりに苦労する人々の描写が欲しかったです。

権八が亡くなるシーンはあっさりしてました。
照明や撮り方をもう少し工夫すればいいのに。

戦い抜くことしか頭にない八重。
人を撃つことにも何も感じなくなってしまった。
撃たねば撃たれるのだから当然・・・当然なのが戦争。

その八重なのですが。

藩士に混じることは、誰も止めなかったのでしょうか。
八重の働きが認められたってことでいいのかな?
史実を知らないので・・・

加えて。
家老たちを差し置いて、容保に生きてください、と言うのはヒロイン特権としても、立ち上がるのはやりすぎのような気がしました。
相手が藩主でなくても、上の人には頭を下げながらの奏上だと思うのですが。
藩士ではないので、お構いなし、ということなのでしょうか。

うーん、容保の自害の覚悟を思いとどまらせたであろう、大事なシーンだったのですが、覚めちゃいました(_ _);;

大河のヒロインって目立たせ方の塩梅が難しいです。

後、尚之助が八重を女だと叫んだシーン。確かに劇的な演出ではあったのですが。

新政府軍を、秋月をいたぶったり、投降した藩士たちを嘲ったりする無頼の輩として描いていたので(実際もそうだったかも)、雪のこともあるし、危ないのでは?と思ってしまいました。
妻を礼儀知らずの敵軍に引き渡すのはいかがなものかな、と。

でも、ここに至るまでに八重を説得しようとしなかった尚之助の気持ちは、わからないでもないです。
複雑な人物を、ほとんど表情と佇まいだけで表現していた長谷川さん、お疲れ様です。

.

さて、次回、1年後に飛びます。
予告の八重の表情が一変していました。戦闘モードがすっかり解除されたようです。

萱野、土方・・・
悲劇はまだ終わりません。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第22話「ま・さ・か! デーボスふっかつ」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57839234

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第29回「鶴ヶ城開城」 :

» 八重の桜 第29回 鶴ヶ城開城 [レベル999のgoo部屋]
『鶴ヶ城開城』 内容 籠城から1ヶ月近く経過し、鶴ヶ城は兵糧がつき始めていた。 そんななか権八(松重豊)らが補給路確保のため出陣する。 補給路を確保し、新政府軍による砲撃を冬まで耐えれば、活路が開ける。。。と 重臣達が一縷の望みにかけるなか、 容保(綾野剛...... [続きを読む]

» 【八重の桜】第29回 「鶴ヶ城開城」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
籠城から、ひと月近くがたった9月15日。 八重(綾瀬はるか)たちが心配するなか、権八(松重豊)が、補給路を奪還するために出陣した。 新政府軍は1日に2000発を超える砲撃を加え、天守閣は無残な姿になり...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第29回 [悠雅的生活]
鶴ヶ城開城 [続きを読む]

» 『八重の桜』第29回「鶴ヶ城開城」★土足の板垣退助(加藤雅也) イメージ悪っ! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第29回「鶴ヶ城開城」 山川大蔵の妻・登勢(白羽ゆり)が、砲弾の爆発を阻止しようとして吹き飛ばされて、そのまま臨終。 そこに、城下に出撃するも激しい砲撃に晒されて敗走してきた健次郎(勝地涼)が駆けつけます。 大蔵(玉山鉄二)はそんな健次郎を殴り飛ばし「なぜ討ち死にしなかった。なじょして帰ってきた! 女でさえ命を落どしてる!!」 妻を失った怒りや悲しみ、不利な籠城戦での焦燥感が、彼岸獅子舞わせながら入城するという離れ業を演じた頭脳派・大蔵の心をかき乱しているのか・・... [続きを読む]

» 【八重の桜】第29回感想と視聴率「鶴ヶ城開城」 [ショコラの日記帳・別館]
「鶴ヶ城開城」 参院選の開票速報のため、『八重の桜』は夜7:10~7:55に前倒 [続きを読む]

» 八重の桜「鶴ヶ城開城」 [blog mr]
 権八さん、終戦直前の不幸。みんな忠義の人たちだし、もつと早く開城を決断してくれれば、ということは誰も思わなかったのかもしれないなぁ。  開城の決断を容保が知らせる場に、八重が当然のようにいたことにについてひっかっかってる向きがあるようだが、あれは、それなりの実績があった、っていうことと、もう一つ、それだけ人がいなくなってる、ってことだと思う。もはや猫の手も借りたい非常事態中の非常事態。  あれが冤罪であることの一部始終を知っているのは容保だけ。まさにその通り。やっぱり目元がウルウルと。  政府... [続きを読む]

« 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第22話「ま・さ・か! デーボスふっかつ」 »

作品一覧