2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #41「魔法使いは運命」 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #02 »

2013年7月 2日 (火)

2013年6月のまとめ<2013年春クールのドラマ・まとめ>

今期は、レギュラー感想がニ本のみ、というかつてないことになってしまいました。

「中間報告その1」にも書きましたが、初回を見て、書こうかどうか迷っているうちに周回遅れになってしまって。
それでも書きたい、という気力が湧いてこなかったのです。

ドラマの感想を書かなかった分、録り溜めしていた映画をいつもよりは、観れたと思います。
まだ、大量に未見の映画がありますので、しばらくレンタルを封印して、録画作品を観ることに専念するつもりです。

.

※ミラー&トラックバック専用として「昼寝の時間@R」を運営しています。
.

以下は初回から最終回まで感想を書いていて、今期で終わったドラマです。 
各作品のタイトルは最終回の感想、もしくはまとめ記事にリンクしています。

.

<連続ドラマ>

※終了した順番です。

小暮写眞館
幽やかな彼女

<継続中>

恐竜戦隊キョウリュウジャー
仮面ライダーウィザード 
八重の桜

<単発ドラマ>

「リッチマン・プアウーマン」「GTO」SP ひとこと感想
スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」超簡単感想
純と愛スペシャル「富士子のかれいな一日」ひとこと感想
世にも奇妙な物語 '13 春の特別編 ひとこと感想メモ
味いちもんめ
土曜ワイド劇場特別企画 「スペシャリスト」
ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 簡単感想
怪物
鬼女

<鑑賞した映画・DVD・演劇>

おのれナポレオン
舟を編む
モネ・ゲーム
おとうと(1960年)
カルテット!人生のオペラハウス
はじまりのみち
お買いもの中毒な私!
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ
五月のミル
リアル 完全なる首長竜の日
噂のモーガン夫妻
秋刀魚の味(1962年)
ナチュラル

.

感想は書いていませんでしたが、最初から最後まで見たドラマは「ガリレオ」「鴨、京都へ行く。」「家族ゲーム」「潜入探偵トカゲ」「お天気お姉さん」です。

※なお、初回の感想や中間の感想へのリンクは一番下に貼ってあります。

.

以下、あくまで個人的な、まとめを兼ねた好きな作品順の寸評です。
レギュラーで感想を書いていた作品については短く、書いていなかった作品は多少長く書きました。
.

「家族ゲーム」
原作未読です。

”吉本”を良い人に終わらせなかったのが、良かったです。
というより、あれ以外の終わり方は、このドラマのテーストから言って、考えられないでしょう。

”吉本”と慎一の対決、そして「ありがとうございましたっ」と頭を下げる、慎一の姿が心に残りました。

ラスト、”吉本”いや、”田子”?が「いいねぇ」と言った後、慎一は「やっぱり。」と言ってそう。
慎一は家庭教師が何者なのか、もう関係なくなっていたと思います。
家庭を壊し、再生への道を示唆してくれた人物、ということだけでいい、と。
それでも怒りをぶつけずにはおられなかった。そして、自分にそういう感情を戻してくれたことに、感謝した。
慎一が殴りたかった相手は、過去の自分自身なのかもしれない、とも。

なんてね、すっかり慎一目線で見てしまってました(^^;;

沼田家は今後も何かとあるだろうし、子供たちもいずれ巣立って、やがてはバラバラになるかもしれません。
しかし、大人たちはともかく、茂之は本当の強さ、慎一は本当の優しさをいうものを実感として捉えることができたことは、とっても大きい・・・書き出すと止まらなくなるので、このへんにしておきます。←だったらレギュラー感想を書いておけば良かったのに、ということなんすが(汗)。

当初はイジメのシーンがキツかったので腰が引けていたのですが、尻上がりに面白くなっていった作品でした。

キャスティングも良かったです。
悪い櫻井さんは言うまでもなく、沼田一家の人々や沙良(これも本名かどうか謎ですが)を演じた忽那汐里さん。
特に、家庭に無関心な父親から、劇的なシフトチェンジをすることなく、ぬらっと家庭を立て直そうとする父親になった板尾さんの、捉えどころのなさが印象に残りました。

神木君に関しては、はまり役だったと。
神木さんが慎一だったから、櫻井さんも新境地を開けたように思います。

今期一番面白かったドラマでした。

.

「お天気お姉さん」
中間感想でも書いていますが、ミステリーとしては何ともぬる~い作品だったけれども、この枠ならではの味わいがあって楽しめました。

三雲、青木、蜜代のおとぼけキャラにほのぼの、意地悪キャラかと思ったアナウンサー、茜も意外と良い人だったりと、後味が良かったです。
晴子の過去をドロドロと引きずらなかったことや、ヒロイン、晴子がだんだん可愛いキャラに見えてきたのも好印象でした。

続編、待ってます。

.

ここから先は、どの作品も一長一短、というところでしょうか。
録画に失敗しなかったから、という理由だけで見続けたドラマもあったりしました。(汗)

.

「小暮写眞館」
最後にバタバタっとしてしまったのが、残念でした。
雰囲気は良かったのに。

「幽やかな彼女」
とても真面目な学園モノでした。
良いセリフも一杯ありましたし。
個人的には、もう少し幽霊さんたちが活躍してくれる話かな、と思っていたので、その点で、最後までしっくりこなかったかも。好みですね。

「鴨、京都へ行く。」
予想よりは面白かったです。
特に豆腐屋のエピは印象に残りました。暖簾は下ろしても、味や技は引き継がれる、ということ。

古都の老舗旅館を受け継ごうとするには、ヒロインがあまりにも不勉強なこと、不勉強なことに疑問を持っていなかったことが、最初はしんどかったのですが、その高い鼻がへし折られていくごとに見やすくなりました。

でもねぇ、やっぱり基本は持っていないとねぇ、バイエルも弾けない人間がいきなりソナタは弾けませんて、と、そういうドラマだと知りつつ、突っ込みつつ見てました。

あと、上羽屋がどうしても二百年(だっけ)の歴史を持つ老舗旅館には見えなかったこと。
着ぐるみ、何かと重宝に使っていましたが、絶対、ありえないです。
一泊ウン万円の旅館ですよ。とほほ。
.

「ガリレオ」
原作未読です。
最終回の前に内海のSPを流したのは失敗だったのでは・・・。

最終回の結末には、今シリーズで一番大きな「?」が浮かびました。
前後編だったのに、不妊ではなく避妊していたとか・・・犯人についてわからないことが多すぎる。
あと、夫の自殺した恋人についてはほったらかしなの?とか。

天才・変人型の探偵って感情移入できないから、助手スタンスのキャラが視聴者との媒介者となる。
また、助手キャラが振り回されることで、より、探偵のカリスマ性が高まる。
今シーズン、確かに振り回されてましたけれども、媒介となっていたかどうかは疑問です。

そして物理的トリックってある種絵空事なので、映像化する場合は、犯人の肉付けがしっかりしていないと、トリックだけが浮いてしまって、ドラマとしては納得にしくい。
犯人は探偵の鏡でもあるのです。

ですので、動機には興味がない湯川に、犯人の方からぐいぐい近づいていくお話、「演技る」「攪乱す」は、面白かったです。
特に「攪乱す」は、生瀬さん、渡辺いっけいさんの絡みに「珍山荘ホテル」を思い出して、楽しめました。

雰囲気は好きなので、次シリーズ、もしあれば、良い形で戻ってきて欲しいです。

「潜入探偵トカゲ」
「お天気お姉さん」と真反対。トカゲの過去をずっと引きずっていました。
ひたすら重かったです。
最後のほうは潜入すらしていませんでしたし。
潜入探偵としてのそのものより、仕事過去の事件の真相を暴くのがメインテーマだったようで、それならば、特に大きくは破綻していなかったとは思います。
「潜入探偵」というタイトルから、もっと軽い話を想像してしまったのが、失敗だったかも。

.

番外として「まほろ駅前番外地」
原作未読です。テレ東系は見れないので、BSにて一期遅れて見ました。
面白かった~。
面白かったので、簡単な感想を別項で書く事にします。
.

別枠で「あまちゃん」 

先週(6/29)まで見ました。
東京編に入ってどうなるかな~っと思っていたら、どんどんヒートアップしてきました。
1話1話に山場があって、目が離せません。
クドカンさんて、昼ドラの時もそうだったけれども、こういうペースで書くのが合っているのかもしれない、と思いつつ。
ただ、やはり不安なのは震災です。
でも、どう描かれようと、今、繰り広げられているドラマの楽しさ、面白さの記憶は残る、そんな気持ちで観ています。

.

○印象に残った女優さん
今回は該当者なし、ということで。

○印象に残った男優さん
「小暮写眞館」もあった神木隆之介さんです。

以上、あくまで、好みです。お許しくださいませ。

.

2013年4月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2
2013年4月のまとめ~春クールドラマの中間報告その1
2013年春クールドラマ 初回の感想その4「TAKE FIVE」「家族ゲーム」「ガリレオ」
2013年春クールドラマ 初回の感想その3「お天気お姉さん」「35歳の高校生」「間違われちゃった男」
2013年春クールドラマ 初回の感想その2「ラスト・シンデレラ」 
2013年春クールドラマ 初回の感想その1「でたらめヒーロー」「鴨、京都へいく。」
2013年春のドラマ:視聴予定

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #41「魔法使いは運命」 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #02 »

#ドラマ:2013年第2クール」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~♪
春ドラマもあっと言う間に終わっちゃいましたね。
「家族ゲーム」確かに神木君だったからこそ櫻井さんも新しい顔が見られたのかも・・って思います。
これ、曲も良かったですよね。あのラスト近くになるとかかる。
やっぱりいいドラマは挿入曲も大事ですよね。
「ガリレオ」は4回目ぐらいで見るのやめちゃったかな・・
私は変人が好きなんだけど、シーズン2の湯川先生は普通になってつまらなくなっちゃった・・・
なんか優しくて物分りのいい湯川はつまらんわ~
「まほろ駅前」おもしろかったでしょ~!((´艸`*))
私、BS放送分は全部ダビングしていますよん。
瑛太さんと松田さんのほどよい距離間とテンション、にやりとする笑いのセンス、エンディングの「まともがわからない」すべてが好きでした。
この時間帯は今は『みんな!エスパーだよ!』やってるけど、自分的には相性がいい感じです。
「あまちゃん」は震災に向かって行ってるのがわかるから、北三陸のみんなはどうなるのか、考えたくないわ~
でも、クドカンがどう描くのかにすごく興味があります。
とりあえず、今は鈴鹿ひろ美と春子の関係だわね~( ̄▽ ̄)
親子2代のシャドウなのか・・・それとも・・毎日仕事終わってみるのが楽しみだよ~

お疲れ様でした~。

私ゃ自分の総括に「小暮写真館」と「真夜中のパン屋さん」入れるの忘れちゃった( 〃▽〃)
ここで気づきました。

BSドラマはとにかく美術面で素晴らしいですね。
映像も美しいし、セットが細かくて金掛かってる~って感じがします~。

「家族ゲーム」は本当に面白かったですね~。
色々と気付きがありましたよ。
私は自分の家族と一緒にこのドラマを見るのが辛かったです。
演出がとにく素晴らしくてゾクゾクしましたわ。

>神木君に関しては、はまり役だったと。
神木さんが慎一だったから、櫻井さんも新境地を開けたように思います。

ですね~。触発されてってこともありますよね。
みなさん、素晴らしかったです。

「お天気お姉さん」に触れていただけて嬉しい~!
世の中的にはあまり高評価された感じはしませんでしたもんね。
でも、楽しかったです。彼らにまた会いたいです^^

「ガリレオ」はホント…SPは全部終わってからが良かったんじゃない?と思いました^^;
もう内海が恋しくて恋しくて…。

私は岸谷が嫌いだ…と思い知らされてしまいましたもん^^;

>そして物理的トリックってある種絵空事なので、映像化する場合は、犯人の肉付けがしっかりしていないと、トリックだけが浮いてしまって、ドラマとしては納得にしくい。

第1シーズンではあんなにウキウキして見ていた数式が第2シーズンでは
茶番にしか見えず、要らないんじゃ…って感じでしたね^^;

この期に「まほろ」を見れた事は羨ましいです。
あれは良いドラマでした。

今期はそれでも色々と楽しんで見ていた方かなぁ…
私は夏の方がやっぱり不安^^;

夏もどうぞよろしくお願いします!

きこりさん こんにちわ。

櫻井さんは企画次第でこれからも飛躍しそうですね。
今回のような冒険的作品にチェレンジして欲しいです。
でも、アイドルってくくりが多いから、大変だろうなあ。

>やっぱりいいドラマは挿入曲も大事ですよね。
ええ、いい挿入歌だと、コンビニなどで耳にしただけで、映像が蘇ってきて・・・挙動不審に見られているかも(^^;;

「ガリレオ」は確かに変人っぷりが際立ってませんでしたね。何かともったないシリーズでした。

>「まほろ駅前」おもしろかったでしょ~!((´艸`*))
面白かったです!
最初はつかみ所がなかったのですが、回を重ねるごとに、じわじわきました。
こちらも挿入歌が良かったです。
「エスパー」は来週からBS。
感想は書かない思いますが、見ます(^^

「あまちゃん」は、クドカンさんの手のひらで踊らされながら見ているって感じです。
今後、どうなろうと、見守り続けます。

また、遊びにうかがいます。
よろしくお願いいたします♪

くうさん こんにちわ。

「家族ゲーム」は感想を書かなかったことを後悔してます~(^^;;
映像の質感も含めて、素晴らしかったです。

「お天気お姉さん」、面白かったですよね。
「トカゲ探偵」もこの枠で作ったら、もっと面白くなったんじゃないかな、と思ったりしました。
松田翔太さん、ナイト枠に出てくれないかな~。

「ガリレオ」、岸谷のキャラをどうしてあのような・・・って、くうさんと同じく、何度も感じました。
東大卒エリートっていう設定も全く生かされていませんでしたし。
うう、突っ込み出すときりがありません。
こちらは感想を書かなくて正解だったかも(汗)。

>今期はそれでも色々と楽しんで見ていた方かなぁ…
今期は、自分に合わないドラマを早めに判断できたので、時間に余裕がある分、じっくり見れたかもしれません。←なら、もっとレギュラー感想を書けよって話ですが(_ _);;
それになんてったって毎朝「あまちゃん」がありますから\(^O^)/

夏は、思い入れがある作品がある分、不安も大きいですね・・・

こちらこそ、夏もよろしくお願いいたします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57710630

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月のまとめ<2013年春クールのドラマ・まとめ>:

» 【2013年(平成25年)4月期 春クールドラマ総評 】独断と偏見のベストドラマ賞とランキング [ドラマ@見取り八段・実0段]
毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の4月期クールドラマ総評です。 お断りしておきますが、あくまでも個人ブログの雑感であり、世間の声とは 何の関係もありません。 あくまでも個人の好みで書いております...... [続きを読む]

« 仮面ライダーウィザード #41「魔法使いは運命」 | トップページ | 激流~わたしを憶えていますか?~ #02 »

作品一覧