2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #42「指輪の小説家」 | トップページ | スターマン~この星の恋~ #01 »

2013年7月 9日 (火)

半沢直樹 第1話

公式サイト

原作:池井戸潤「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」(文春文庫)
脚本:八津弘幸/脚本協力:坪田 文/演出:福澤克雄/プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝/音楽:服部隆之
出演:堺 雅人、上戸 彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、笑福亭鶴瓶、香川照之、北大路欣也
中島裕翔、宮川一朗太、森田順平、須田邦裕、モロ師岡、緋田康人、宇梶剛士、壇蜜、赤井英和、山崎直子、石黒英雄、永岡佑、岡あゆみ、石丸幹二、ラサール石井、岡田浩暉

バブル期、都市銀行の数は全部で13行。銀行に入ったら一生安泰と言われていた時代で、銀行員はエリートの代名詞でもあった。そんな日本経済が熱狂していた時代に入行したのが、いわゆる「バブル入行組」。この物語は、そんなバブル期に東京中央銀行に入行したバンカー・半沢直樹が、銀行の内外に現れる「敵」と戦い、組織と格闘していく様子を中心に描いていきます。(公式サイトより)

.

原作未読です。
タイトルを「半沢直樹」にした人、えらい。

不安ばかり書いていましたが、予想を裏切って、面白かったです。良かった(^^;;
予想値がかなり低かったので・・・

日曜日は目一杯なので、少し遅れての簡単感想なら書き続けられそう。

一番不安だったのは、夏のドラマ予想の時にも書きましたが、過去のTBSの企業ドラマが頭をよぎったことでした。
しかし、本作を見て、かえってそれらのドラマがいまいちだった理由が、はっきりしました。
.

お仕事ドラマの場合、仕事の内容を理解してもらうため、説明のナレーションが過剰になりがちなのですが、本作はナレーションを押さえ、映像とキャストたちの会話で表現していること。←説明、ではない。

例えば、国税局統括官がどんなポジションで、どんな仕事をしているのかよくわからなくっても、オネエ・黒崎(笑)の存在感だけで、もう充分でした。

それから筋にふりまわされていないこと。
原作がある場合、あれもこれも、と欲張ってしまい勝ちなのですが、半沢直樹の視線で見れるように、すっきりと整理されていたこと。
その一方で、半沢直樹がまだ知らないことを、視聴者に少し見せている。

主人公より視聴者の方が半歩先を知っていることで、よりサンスペンスが増す、というお手本のような展開でした。

そして、今までのお仕事ドラマは、キャラたちが筋に当てはまるように動かされているように感じたのが、今回は、感じない。

つまり、人間がちゃんと描けていること。
一番大事なことです。

原作もそうなのかどうか、知らないのですが、半沢直樹を剣道の名手にしたのも、うまい設定だと思いました。
剣道を特技にしたことで、武士の世界がすこし重なったというか。←堺さんだから、ということもありますが(^^)

和を図ろうとする中野渡頭取が殿なら、腹にイチモツありそうな大和田常務は家老、黒崎は好きあらば藩を潰そうとしている幕府のエリートってところでしょうか。
今回は片岡さんが抜群の存在感を示していましたが、黒そうな香川さんも楽しみです。

あと、渡真利が最後まで半沢直樹の味方でいるかどうかもあやしい・・・だってミッチーですから(^^

パワハラを受ける近藤は、見てて辛かったです。またイジメか、とも思いました(_ _);;

彼の思い、そして父の思いを受け継いだ半沢直樹は、負けるわけにはいかない”

と、いうところで。
.

半沢直樹の過去を絡ませての、予想した通りの重い雰囲気は漂っていましたが、軽い内容のドラマだとは思っていなかったので、あまり気になりませんでした。
重苦しいのと重厚なのとは違う。
この塩梅をうまくとってくれれば、嬉しいです。

少し突っ込みを入れるとすれば。

キャストが色々重なっていることは、置いといて(汗)。

面接の時に、半沢直樹がついた嘘がばれなかったことが不思議でした。
まあ、犯罪を犯したわけでないし、融資を断った小さな町工場の人々がどうなろうが、大銀行の知ったことではない、ということなのでしょう。
今後、バッドタイミングでばれる可能性はある?

それから・・・花が、半沢直樹の妻に見えない(大汗)
娘、とまでは思わないけれども、アシスタント、もしくは年下の友人のように見えました。
それだけ若々しい、ということでもあるのですが、今後に期待です。

その花が苦労しそうな、副支店長の妻がいばる奥様会。
こっちの話は、少なめにして欲しいです。
.

半沢直樹を中心に、最後まで走り抜けて欲しいです。
期待しています(願)

.

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #42「指輪の小説家」 | トップページ | スターマン~この星の恋~ #01 »

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

□半沢直樹」カテゴリの記事

コメント

>剣道を特技にしたことで、武士の世界がすこし重なったというか。←堺さんだから、ということもありますが(^^)
そうそう!半沢の生き方にも通じるような・・
やっぱり、かまえると堺様違いますね~
>今回は片岡さんが抜群の存在感を示していましたが、黒そうな香川さんも楽しみです。
片岡さんのキャラって、原作でもあんな感じなのかな~?(笑
逆に怖いというかおもしろかったけど。
香川さん重くて黒いーー!
あの重厚感は北大路さんと向き合っても負けないですよ~(笑
半沢の父親の工場の融資担当、香川さんだったのか・・
それとも、北大路さんってことは・・・ないか・・・
これは半沢の物語だから、最終的には、浅野支店長グループをギャフンと言わせてくれるんだろうけど、どんなふうにやってくれるのかも楽しみですなぁ・・
>こっちの話は、少なめにして欲しいです。
私もです~
あんまり社宅のいざこざとか、いらないわ~

きこりさん おはようございます。

昨夜も暑かったですね~。
エアコンがないので、打ち水とアイス○ンでしのいでいますが、寝不足気味に(_ _)

>やっぱり、かまえると堺様違いますね~
ぴしっとね、空気も張りつめましたね!
>逆に怖いというかおもしろかったけど。
黒崎って、おいしいキャラをおいしく演じられてました(笑)
あまりテレビドラマに出演されない方なので、見慣れたキャスティングの中、新鮮でした。
>あの重厚感は北大路さんと向き合っても負けないですよ~(笑
善悪兼ね備えた存在感、さすがって感じでした。

半沢の父親の工場の融資・・・そうかあ、顔を映してなかったのは、その他大勢だからではなくって、そういうことなのかも!

>あんまり社宅のいざこざとか、いらないわ~
月曜ゴールデンみたいになっちゃいますもんね(^^;;

期待値が低かったこともあって面白かったのですが、感想は短めになると思います。
暑いし・・・(^^;;

>不安ばかり書いていましたが、予想を裏切って、面白かったです。良かった(^^;;
予想値がかなり低かったので・・・

あ~解ります~^^;
私も…あまり期待したくないと言うのもあって…。
失敗したら堺さんが気の毒だから~見守るつもりで見ました。
良かったです!初回の感触が良くて^^

>つまり、人間がちゃんと描けていること。
一番大事なことです。

初回からみんなキャラが立っていたしね。
それぞれが抱えている問題にも関心がいく作り、お見事でした。

妻…については、もうキャスティングの段階で色々とあきらめていたので、
差し引いて見る事が出来ました~^^;
半沢があの妻を愛しているようなので、まぁいいや…半沢が好きなら、まぁいいやって感じ^^;

初回は詰め詰めな2時間だったので、これが1時間になってどうなるか…。
次回からですね。
あまり期待しすぎずこれからも堺さんを見守ります~^^

くうさん こんばんわっ

>失敗したら堺さんが気の毒だから~見守るつもりで見ました。
なんてったって主役ですからね、失敗して欲しくないです。(^-^*;;
リーハイがなかったら、もっと気楽に見れたかもしれません。

>半沢があの妻を愛しているようなので、まぁいいや…半沢が好きなら、まぁいいやって感じ^^;
あははっ、そうですね、何であの人があの人と(以下自粛)・・・、って実際にもありますし~
私も、まぁ、いいかって、思うことにします。

>初回からみんなキャラが立っていたしね。
TBSは遊びは苦手だけど(汗)、王道なドラマは得意ですので、このまま丁寧に作っていって欲しいです(願)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半沢直樹 第1話:

» 半沢直樹 (第1話・7/7) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS・日曜劇場『半沢直樹』(公式) 第1話(初回2時間スペシャル)『やられたら倍返し!悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!5億を取り戻せるか?社宅での妻たちの戦い出世か?友情か?』の感想。...... [続きを読む]

» 「半沢直樹」 第1話 [トリ猫家族]
「私に責任の一端があることは謝罪いたします。 ですが、私一人に全ての責任を押し付けられることは納得いたしかねます。 あの稟議に関しては、全て上の指示に従ったまでのこと。 ... [続きを読む]

» 半沢直樹 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「やられたら倍返し!悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!5億を取り戻せるか?社宅での妻たちの戦い出世か?友情か?」 内容 1992年、半沢直樹(堺雅人)は、産業中央銀行に入行した。 2002年、合併により“メガバンク”東京中央銀行となった。 そして...... [続きを読む]

» 《半沢直樹-第一部》#01 [まぁ、お茶でも]
半沢はバブル期の1991年、産業中央銀行に入社した。入社式で近藤と一緒に来た半沢に声を掛けたのが渡真利忍。 しかしバブル崩壊後多額の不良債権を抱えた産業中央銀行は生き残りを懸け2002年に東京第一銀行との合併を実行した。その結果世界三位のメガバンク東京中央銀行が誕生した。関西地方の始点はおよそ50店舗あり中でもこの大阪西支店は大阪本店、難波店、船場店と並ぶ4大支店の一つである。その大阪西支店に半沢直樹が着任してから2年、今最大の窮地を迎えようとしていた。 5億融資事故の3か月前。町工場で、熟練工を... [続きを読む]

» 半沢直樹 第1話★机ドンドンおじさん・小木曽(緋田康人)にムカッ! [世事熟視〜コソダチP]
半沢直樹 第1話 無理筋で理不尽にも責任を被せられる様は会津藩も半沢直樹も似たようなものだけど、どうしてか『八重の桜』は淡白で、『半沢直樹』は濃いわぁ。 《部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任》 浅野支店長(石丸幹二)みたいに、平気で部下に責任を押し付けて自分は責任を免れようとする、あるいは手柄だけ持っていく上司と付き合ったことのある勤め人なら、『半沢直樹』に共感できちゃいますよねぇ。 職場での理不尽さが痛いほど身にしみる・・・。 −◆− 国税局の黒崎(片岡愛之... [続きを読む]

» ドラマ『半沢直樹』#1  [よくばりアンテナ]
公式サイトはコチラ ちなみに原作読んだ感想はコチラ 面白い〜〜〜(ノ∀`*) キャ♪ なんせ、原作読んでいて、ドラマを見て、 キャスティングのイメージがピッタリくるし、 演出もとってもいい!! こり...... [続きを読む]

« 仮面ライダーウィザード #42「指輪の小説家」 | トップページ | スターマン~この星の恋~ #01 »

作品一覧