2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Woman #03 | トップページ | 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー »

2013年7月19日 (金)

激流~わたしを憶えていますか?~ #04

公式サイト

大林(カンニング竹山)が、貴子(国仲涼子)とチェックインしたホテルで殺害された。ニュースでそのことを知り呆然とする貴子。そのときまた、はかったように謎のメールが届く。「困っているようね、助けてあげましょうか?冬葉」。貴子は衝撃のあまり入院してしまう。華から状況を聞いた圭子(田中麗奈)と美弥(ともさかりえ)が病院に駆けつけるが・・・。(公式サイトより)

.

原作未読です。
粗筋をざっくり書きます。

.

美弥が圭子を連れてお見舞いに来たことで、ホテルで見たことを圭子に話したと勘違いして怒る貴子。
しかし、それが誤解だとわかると、二人に大林のこと、貧乏に恐怖や嫌悪を抱いていることを打ち明けます。

中学を卒業してから父の事業の失敗で辛酸を舐めた貴子は、娘、華には、あんな思いをさせたくない、その一心で名門小学校に通わせ、父兄に気を使っていた。
何をするにもお金がいる。お金が足りない!
だから売春をした。
でも、今回のことが公になったら。
華のためにと思ってやったことが、すべて裏目に出る・・・

帰宅した美弥は東萩を呼び出し、友達として貴子を助けて欲しいと頼みます。
中学校の時はあんなに可愛かった貴子の変わりようにショックを受けたこと。
でも、貴子を信じていること。
そして自分が冤罪だったことを打ち明けます。

私は薬はやっていない。
榎が勝手に美弥の鞄に入れてただけ。
もちろん、持っていたことは罪だけれども、薬はやっていない。
でも、警察は信じてくれなかった。
取調べに疲れた美弥は、楽になりたくて、嘘の自供をしてしまったのです。

そして、今、美弥が恐れているのは、貴子が自分と同じことをしてしまうことでした。
誰にも信じてもらえない苦しさ、恐怖を泣きながら訴える美弥を抱きしめる東萩。

かといって、友だちとして、自分に何ができるか。
自問する東萩。

一方、留美と何とかして別れたい鯖島。
手切れ金を渡そうとしますが、そんな安い女じゃない、とつき返されます。←正確には頭からお札をぶちまけられます。
そして、そんな男、こっちから願い下げ、と去っていく留美。
が。
誰か好きな人ができた?と尋ねる留美の表情が・・・

貴子のことが気にかかる圭子は、鯖島を呼び出します。
鯖島のアパート近所の公園からの電話・・・いつの間にアパートを知ったのだろう、てことは置いといて。
近所から電話するって、会ってくれるのが前提ですよね。
うあわー、やっぱり圭子に意地悪だわ、自分。(^^;;

圭子の呼び出しにダッシュで駆けつける鯖島。わかりやすい(笑)。
貴子の事件のことは、さすがに話さなかった圭子。
代わりに中学時代の思い出で盛り上がります。

楽しそうに夜の公園でブランコに乗る二人・・・を木陰から見ている留美。
ぞぞっ。やっぱりー。

美弥と圭子は「なぜか」突然毛利に呼び出されます。
そして、これから蓼科に行くと。いつかあなたたちも連れてってあげます、と一方的に宣言して去っていきました。
圭子も美弥も、名前も忘れるほど、全く親しくなかった音楽教師。
それどころか、美弥は毛利に嫌われていたという。
何が何だかわからない毛利の行動を訝りながら、語り合う二人。
ここで、過去に二人の間に起きた誤解が解けます。

圭子が、美弥の歌が好きだったこと。
かつて、釈放後、マスコミを賑わしていた時に圭子が美弥に原稿を依頼したのは、売れるから、ではなく、本当に美弥が書いた作品を良い、と思ったから。
編集者として、美弥の作品を扱ってみたかった。今でも、美弥には才能があると思っている。
圭子は良くも悪くも裏がない人。
美弥も心を開きました。

さて。退院した貴子は。
夫から、旅行に行こう、といきなり言われて驚きますが、それは妻の秘密を知った上での逃避行の提案でした。
温泉へ行く、と聞いて華は大喜び。
「夢だったんだ」どうやら一度も家族旅行をしたことがなかったようです。
旅行に行くお金も惜しんだのかな?

嬉しいのか、心配なのか。微妙な表情で旅支度を始める貴子。
でも、逡巡する時間はありませんでした。
ついに警察がやってきたのです。

ラスト、恐らく蓼科に出かけた毛利。
そこにいたのは、車イスに腰掛けた、虚ろな表情の旭村でした。
.

今回、メールを受け取ったのは冒頭、貴子だけでした。
なので冬葉の影が少し薄く感じました。
その代わりなのでしょうか、毛利が行動し始めています。

毛利って英国少年少女物語に規則の権化として良く登場する寮監、もしくは、厳格な家庭教師みたい。

美弥と東萩、圭子と鯖島。

圭子は、鯖島への思いが恋愛ではなく、過去の自分を懐かしんでるだけではないか、と思い込もうとしています。
鯖島も、圭子と会うことで、今の境遇を忘れようとしているのかもしれません。中学生の自分に戻れる時間。
美弥の方は、東萩に対して恋愛感情はないように見えます。
東萩は、最初は同級生ということを利用しようと美弥に近づいたのが、今は友情か仕事かで悩んでいます。

なんだか幸せになれそうにない4人です。少なくとも恋愛に関しては。
鯖島に関しては不幸の予感しかしないのですが・・・それも誰かが仕組んだことなのでしょうか?

折り返し地点です。
誰が何をしたのか、または何をしようとしているのかは、何がどう関係しているのか、まだわかりません。

でもまさしく「忍び寄る黒い影」。
徐々に、カタストロフィーに向かっていくことが感じられた回でした。

.

.

.

.

01 02 03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« Woman #03 | トップページ | 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー »

@山本さん」カテゴリの記事

□激流~わたしを憶えていますか?~」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激流~わたしを憶えていますか?~ #04:

» 激流〜私を憶えていますか?〜 TOP [ドラマハンティングP2G]
『激流〜私を憶えていますか?〜』(げきりゅう〜わたしをおぼえていますか?〜)というタイトルで2013年6月25日から8月13日まで、NHKのドラマ10(22:00~22:50)で放送中。全8回。主演は田中麗奈。 キャッチコピーは「青春の入口で私たちは何を失ったのだろう…」。 原作…... [続きを読む]

» NHKドラマ10『激流〜私を憶えていますか?〜』第4回 [レベル999のgoo部屋]
『忍び寄る黒い影』 内容 大林(カンニング竹山)が、貴子(国仲涼子)と一緒にいたホテルで 殺されて発見される。それをニュースで知った貴子は動揺する。 その直後、 “困っているようね。助けて上げましょうか?冬葉” というメールが貴子のもとに届く。。。。次々と。...... [続きを読む]

« Woman #03 | トップページ | 二回目のロンドン旅行。 その6:関空→ヒースロー »

作品一覧