2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第17話「ガチだぜ!キョウリュウグレー」 »

2013年6月 9日 (日)

八重の桜 第23回「会津を救え」 

公式サイト

1868(慶応4)年3月、会津討伐に乗り出した新政府軍が仙台に到着。参謀の世良修蔵(小沢仁志)らは同じ奥羽の仙台藩に早く会津を討つよう命を下す。しかし、理不尽さを感じずにはいられない仙台藩は米沢など奥羽の諸藩と結束し、会津救済の嘆願書を提出することに。その知らせを聞いた八重(綾瀬はるか)は、安堵(あんど)する。そして八重と尚之助(長谷川博己)は早速、米沢藩士らに銃の扱いを教える。
 しかし、会津救済の嘆願はあえなく世良によって破棄され、これに怒った仙台藩士らが世良を暗殺。新政府軍と会津・奥羽軍との間で戦いの火蓋が切られる。(公式サイトより)

.

「奥羽の賊徒は奥羽に撃たせる。」

憎々しげに奥羽諸藩を挑発する世良修蔵。

「何もかんも遅れた土地よ。」

うわっ、腹立つ・・・

世良については、彼が奥羽鎮撫軍の参謀でなければ、戦争は起きなかったかもしれず、世良のような人物を参謀にした新政府軍の不明を攻める説と、戦争を起こすための人選だったという言う説など色々あるようですが、横暴な振る舞いの数々で憎まれたことは確かなようです。

覚馬の消息不明の知らせを聞いてから、うちにこもりっきりになってしまったうらを、薙刀の道場に引っ張り出す八重。

「みねもそろそろ薙刀を始める頃だ。うちで手ほどきするのは姉様の役目だなし。それまでに腕を磨いておかねば。」

そこへ雪が現れます。
修理の喪はあけていないけれども。何もせずにいては、旦那様に申し訳なくて。
気丈に稽古に打ち込みます。

ここに至るまでの雪の心情は推し量るしかありません。
修理の死を受け止めつつも、別居生活が長かった故に、まだ実感がわかないのかもしれません・・・。

雪の姿を見て、率先して稽古を始めるうら。

「みねは旦那様からの大事な預りものだ。強え会津のおなごに育てねえと、後で旦那様に叱られっちまう。」

八重に、覚馬は生きている、また会える、と言われて。

「うんだなし。」
.

「幕府を潰した汚名とともに。」

江戸城を退去する慶喜。
しかし、徳川ご宗家は残った、と見送る勝。

「なあ、勝。そなた、これまで誰に仕えてきた?」

上様にございます、と答える勝に、

「そなたが仕えてきたのは、徳川幕府だ。わしではない。
わしに家臣はいたろうか。
会津のように君臣一体となる家臣が。

これで徳川は残り、江戸も戦火を免れた。
では、会津はどうなる。

・・・いや、よい。」

会津はどうなるって、あんたが言うな、と思わず突っ込み(汗)。

孤独な人であったことはわかります。
ともかく、こうして徳川家は逃げ抜けました。幕臣たち(旗本、御家人)は大変だったろうけれども。

.

奥羽では、会津討伐を命じられた仙台藩、米沢藩が、今年は凶作でもあるし、誰も戦などやりたくない、と、何とか戦争を避けようと会津藩を交えて協議していました。

梶原平馬は、容保が恭順第一の考えであることを伝えます。
ならば、その意思を形で示されよと諸藩。
慶喜が水戸に退いた今は、旧幕府勢力の筆頭は会津なのだから。

世良の要求は、鶴賀城の明け渡しと・・・容保の首。
理不尽な、それでは徳川ご宗家より重い処分だと、激昂する大蔵。
それは諸藩も同じ思いでした。

恭順の証として会津が提示したのは、容保が城を出て謹慎することと、領地の一部を返上。

「あめぇ。」

せめて鳥羽伏見の首謀者の首を三つばかり指す出すくらいでないと。
これを聞き入れてくれなければ、我らも会津討伐に討って出なければならない。

猛然と反発する平馬、と会津。

「されば、その時は全藩あげて、死を持って国を守るのみ。」

どうしても首がご入用なら、自分の首を鎮撫軍に差し出せ。

会津を追い詰めては、自分たちも巻き込まれてしまう・・・会津に罪はないことは我らもみな承知している、となだめる諸藩。

鎮撫軍総督へのとりなしを頼む秋月。
総督府の意のままになっては奥羽の地は踏みにじられる、これは決して会津一国のことだけではない、と訴える尚之助。
おお、このような重要な場に参加するようになっています。

「さよう、ことは奥羽全土さ関わる。」

仙台藩、米沢藩が呼びかけて諸藩が結束して嘆願すれば、あるいは何とかなるかもしれない。

「今こそ奥羽諸国の力が試される時かもしれん。」

奥羽諸藩の嘆願書に一縷の望みをかけつつ、主力部隊を国境にすすめる会津。

白河口は頼母と新選組。
越後口に官兵衛。
日光口には大蔵。

容保が土方に近藤が斬首されたことを尋ねるシーン、近藤と土方たちの別れには、思わず涙・・・
後日、本当にお墓を建ててくれた容保。
でも、その中には遺骨は入っていない。

負傷した土方に代わって組の指揮をとるのは「山口次郎」こと、斎藤一。
ともに戦った官兵衛が不審な顔。いや、こちらも不審(笑)。
土方は普通に斎藤、と呼んでるし。
公式プロフィールにもある通り、謎の人物、斎藤一。
そのうち、この大河なりに改名の理由をつけてくれるのでしょうか。

戦列を離れる土方は斎藤に「刀の時代は終わったな」と。

土方を見送た斎藤は、祠にお参りする時尾と出会います。

「どなたか、お身内か。」
「友だちの弟です。鳥羽伏見の戦で亡くなって、今日が月命日。
お城勤めだと、線香を手向けに参ることもできませぬので、こうして。」

三郎の月命日。

「一緒に供養させてもらえるか。俺にも弔いたい人がいるのだ。」

並んで手を合わせる二人。

.

奥羽二十五藩が会津救済の嘆願書に署名したことを八重に知らせる権八と尚之助。

「仙台の伊達様と米沢の上杉様が総督府にお届けになられ、和議に向けての協議をされるということです。」

それならば、会津が逆賊でないことが明らかになるのか、と言う八重に、なる、と権八。

「そもそも、そもそも、会津には、なんも、なんーも非はねえんだ。」

他藩が会津のために動いてくれることに感謝する八重。
そこへ米沢藩の人々が、銃のこと、射撃のことを学びに訪れます。
米沢藩の軍備は大分遅れているとのこと。
構えを指導する八重。

顔が近いわあ。そりゃドキドキするよね~(笑)。

久しぶりに賑わうかくば。

.

しかし。
嘆願書は世良に一蹴されてしまいます。
成り上がりものにコケにされる藩主たち。

江戸に残った広沢も嘆願をするため西郷に会おうと試みますが、捕らえられてしまいました。
一旦は会えると喜びつつ身繕いする広沢が哀れでした。

福島では。
傍若無人をつくす世良にじっと耐える諸藩の家臣たち。
世良が都の総督府に宛てた「奥羽みな敵とみて討つべし」という密書を手に入れて、ついに暴発、世良の首をはねてしまいました。

会津をなだめて穏便に事を進めようとしていた諸藩自ら、戦乱を招き寄せてしまったことに・・・

ああ、これこそ、西郷たちの思うつぼ(溜息)。
奥羽攻めの口実ができました。

知らせを聞いた会津。

参謀を切り殺したとあっては、もはや和議の余地はない、と内蔵助。
もはや、戦は避けられぬ、と容保。

「もはや、話し合いではすまなくなる。」

雨の中、急ぎ登城する権八と尚之助を呆然と見送る八重とうら。

世良の死によって
奥羽諸藩は、後戻りのできない全面戦争の道を進みはじめたのである。(ナレ)

.

白河口の戦い。
敵陣に届かぬ砲弾に愕然となる頼母。
自分は突貫する、みなは戻って城を守れ、と叫ぶ頼母を押しとどめる斎藤たち。

越後では、官兵衛が長岡藩の河井継之助に会っていました。
協力を要請するまでもなく、戦う気満々の河井継之助。

五月六日、三十一藩からなる奥羽越列藩同盟が成立。

白河口で故障した銃を修理する尚之助。
旧式な装備の数々・・・
修理を手伝って欲しいという尚之助に、八重は日新館に傷病者の看護に向かうと告げます。
うなずく尚之助。

「武器がこの有様では、負傷兵はさぞ・・・」
「あの白河が今は戦さ場に・・・」

尚之助の予想通り、日新館が大勢の負傷者で一杯でした。

「これも戦だ、怯んではなんねえ。やんべし。」

ユキとともに看護を始める八重。

.

京で幽閉中の覚馬。

「どこで間違ったんだ、会津は。いや、俺は。」

象山塾で、都で、長崎で。
世界を見ようとしてきた。
十年後、百年後に続く、豊かな道を探すはずだった。
それなのに。
会津は今、滅びの道を進んでいる。
俺には何にもできない・・・

いったん昏倒する覚馬でしたが。

「何だ、今、何と言った。」

<立ち上げれ!>

覚馬の耳に松陰の声が蘇ります。

<ただ、身一つでいい、立ち上げれ。>

立ち上げれ。

「そうか、まだある。俺に出来ることが。まだ、一つだけ。」

.

ラストは、日新館で働く八重。

「もうちっと、やらせてくなんしょ。出来ることを、もう少し。」

.

頑固な会津をさらに硬化させるように仕向けてきた新政府。
ついに罠に絡みとられた会津。
毎回、何とかならなかったものかと思ってしまうのですが。ふぅ・・・

権八と尚之助を見送る雨のシーン。短いカットでしたが、沈んだ風景と見送る八重とうらの表情も良く、彼女たちが急転する運命を迎えた時として、忘れられなくなるかも。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第17話「ガチだぜ!キョウリュウグレー」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57559169

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第23回「会津を救え」 :

» 八重の桜 第23回 会津を救え [レベル999のgoo部屋]
『会津を救え』 内容 慶応四年、会津へと新政府軍が迫っていた。 仙台へと入った新政府軍は、会津討伐を仙台藩に命じる。 そのころ、会津では。 ふさぎ込むうら(長谷川京子)を連れ、薙刀の稽古へと向かう八重(綾瀬はるか) そこに雪子(芦名星)が現れ、竹子(黒木...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第23回 [悠雅的生活]
会津を救え [続きを読む]

» 【八重の桜】第23回視聴率と感想「会津を救え」 [ショコラの日記帳・別館]
第23回の視聴率は6/10(月)追加予定】 「会津を救え」 新政府軍の参謀の世良 [続きを読む]

» 【八重の桜】第23回 「会津を救え」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
慶応4年(1868)3月、新政府軍が仙台に到着。参謀・世良修蔵(小沢仁志)らは、仙台藩に 会津討伐の命を下す。しかし、理不尽さを感じる仙台藩は、米沢など奥羽の他藩と結束し、 会津救済の嘆願書を提出す...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第23回「会津を救え」★怖すぎる世良修蔵(小沢仁志)、酒池肉林が命取り!? [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第23回「会津を救え」 仙台の奥羽鎮撫使宿舎。 説明しがたいワイルドな髪型でVシネマ顔の奥羽鎮撫参謀・世良修蔵(小沢仁志)がクソ偉そうにしています。 世良(小沢仁志)が酒焼けした声で「奥羽の賊徒は奥羽に討たせる。それが総督のお考えじゃ。」 黒田節で出てきそうな三升の大杯に手ずから酒をじゃぶじゃぶ注ぐと桜の花びらが杯に落ちてきました。 杯に桜の花びらという風流な出来事ですが、ショッカーの大幹部でもチビリそうな悪人顔・世良(小沢仁志)だとゴミが落ちてきたような雰囲気... [続きを読む]

» 八重の桜「会津を救え」 [blog mr]
 当時の奥羽越って 25 藩もあったのか。あと、会津藩の位置がやっとわかった。いや、今の福島県全体じゃないことはわかってたんだけど、無精こいて調べてなかった。  桜を使って、何もかも遅れた土地、というのは表現方法としてうまいと思ったが、世良がほんっとにウザかった。  旧式鉄砲ばっかりっていう描写も地味だけど効果的だと思われる。  米沢から鉄砲を習いに来た侍たちがほほえましい。久しぶりにこの番組で笑った。  時尾と一緒に斉藤がお参りするシーンにグっときた。  河合継之助はちょっと前に「プレジデン... [続きを読む]

« ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第17話「ガチだぜ!キョウリュウグレー」 »

作品一覧