2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #38「奪った希望」 | トップページ | 幽やかな彼女 #09 »

2013年6月 4日 (火)

2013年5月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2

ドラマ視聴のモチベーションが上がらぬまま、春クールも最終月を迎えてしまいました。
その分、録画したまま未見だった映画を観たりと、まったりとはしています(^^;;

.

今クール、火曜10時「幽やかな彼女」の1本です。

クール外では「仮面ライダーウィザード」「恐竜戦隊キョウリュウジャー」「八重の桜」の3本です。
.

※上記の各感想には左のカテゴリーからアクセスできます。

リタイアしたのは「TAKE FIVE」。録画に失敗しちゃったので。

以下、毎回視聴しているけれども、感想を書いていないドラマについて簡単に。

.

「ガリレオ」
原作未読です。
今週はまだ見ていません。
トリック重視のストーリーって思い入れを持ちにくいかな。
手品の種を明かされているみたいで・・・手品なんて言うと湯川先生に怒られるかもしれませんが。(^^;;
気楽に見ています。

「鴨、京都へ行く。」
鴨の上から目線なキャラが従業員に「はいはい、しょうがないお嬢様やわ」と受け入れられてから、見やすくなりました。鴨も自分の短所に向かい合うようになってきましたし。
梅垣屋のおかみはやはり一筋縄ではいかない京女でした。
衣川がどうでるか。ドサクサにまぎれて大好きな上羽やを自分のものにしようとする・・・ってことはないでしょうね、恐らく。

1話の中にエピが同時進行する形式ですが、各エピの繋がりが雑に感じることもしばしば。
基本的設定にも突っ込みどころが満載なのですが、物凄く不快に感じることもないので、何となく見続けています。まさしく朝ドラテーストなドラマです。

「家族ゲーム」
原作未読、ドラマ未見です。
追い詰められて行く神木君の表情見たさに見ているかも(^^;;

慎一にターゲットが移ってから見やすくなりました。
"吉本”の過去も大分明かされましたし。
強くなった茂之。でも新たな試練が。
両親・・・大人は色んな邪念が入るから、中々真実を見ようとはしないでしょう。

沼田家が今後どうなるのか、マキは何者なのかといったことより、茂之が心配です。
そして、吉本を「良い人」にせずに、皆を煙に巻いたままで終わってくれるかどうか。
注目しています。

「潜入探偵トカゲ」
望月の件はこのドラマらしくもっちゃりとしてはいましたが、案外あっさり片付けちゃいました。なので、少しすっきりと軽くなりました。連佛さんのスタンスもわかりやすくなって、コミカルな動きが生きてきましたし。

重いままなのが槇村。重いのだけれども、あまり必要なキャラとは思えない。
それから寺島の重さ。特にトカゲとの絡みが、重い。
例えばですが、腐れ縁っぽい可笑味を漂わせてくれたら、お楽しみポイントがてきたのに。あくまで好みですが。

もうすこしスマートでテンポのいいな映像にならないもんかなぁ、もったいないなあ、と毎回呟きながら・・・最後まで見ると思います。

「お天気お姉さん」
後2話くらいで終わるのかな?
ミイラ事件を引っ張るとは思いませんでした。ラストは晴子の過去に関わる事件なのでしょう。

三雲と蜜代は夫婦だった。別れた原因は蜜代の浮気。浮気の相手は天川、とその他(笑)。
天川を蜜代の店に連れて行く三雲もヘンだけど、天川のことを全く覚えていない蜜代もヘン。これはネタなのか、それとも何かの伏線なのでしょうか。

7話、橋本のストーカーがメインで、殺人事件がつけたしになってしまったのにはびっくり。いきなり自首ですか。(苦笑)

と、推理ドラマとしては突っ込みどころがありすぎて困ってしまうのですが、雰囲気は好きなんです。
録画したのを違う曜日に見ると、曜日の感覚がおかしくなるくらい、まさしくザ・金曜深夜枠のドラマ。
どこがどう、と説明はできないのですけれども。

「あまちゃん」
先週末まで見ました。
クドカンワールド全開(笑)。

気が強くって友情にも熱いのだけれども、嫉妬もする、打算と信念がない交ぜになったユイは、人間って割り切れるものじゃない、というクドカンさんのキャラ造作の象徴のように思います。
朝ドラのヒロインはそんなにいじれないから、サブキャラに思いを込めたのかもしれません。
とはいえ、天然ボケからコロっと一転、暗い子に戻ったりするもアキも、充分にクドカン的キャラなのですが。
あと、あっけらかんとした先輩や、いきなりコソコソとつきあいだすヒロシとしおりとか。いかにもって感じです(笑)。
常連キャストに混じっての水口@松田龍平さん。ぬらっと馴染んでいるのが可笑しい。

多少お話の流れがまったりすると、引き伸ばし、とか言われるみたいです。
このドラマは小ネタも楽しまなくっちゃ、と、思うのですが、これは好みでしょうねえ。

春子と正宗が離婚話をしている時の、大吉の顔芸、「バスガス爆発」・・・笑わせてもらいました。

予告でしたっけ(はっきり覚えていない;;)、ちらっと写った太巻こと古田さんが怪しすぎる。(笑)

.

.

2013年4月のまとめ~春クールドラマの中間報告その1
2013年春クールドラマ 初回の感想その4「TAKE FIVE」「家族ゲーム」「ガリレオ」
2013年春クールドラマ 初回の感想その3「お天気お姉さん」「35歳の高校生」「間違われちゃった男」
2013年春クールドラマ 初回の感想その2「ラスト・シンデレラ」 
2013年春クールドラマ 初回の感想その1「でたらめヒーロー」「鴨、京都へいく。」
2013年春のドラマ:視聴予定

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #38「奪った希望」 | トップページ | 幽やかな彼女 #09 »

#ドラマ:2013年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57523700

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年5月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2:

« 仮面ライダーウィザード #38「奪った希望」 | トップページ | 幽やかな彼女 #09 »

作品一覧