2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 噂のモーガン夫妻 | トップページ | 秋刀魚の味(1962年) »

2013年6月19日 (水)

幽やかな彼女 #11 最終回

公式サイト

「ずっとそばにいてほしい」と暁(香取慎吾)に告白され、有頂天のアカネ(杏)。だが、急に顔を曇らせると、幽霊のアカネが生きている暁と一緒に暮らしてはいけないと言い出し…。

そんな中、暁を仰天させる知らせが入る。3年2組の生徒全員が千穂(前田敦子)を人質に取り、教室に立てこもったというのだ。その頃、小原南中では、我が子を心配して押しかけた保護者たちへの対応に和泉(真矢みき)ら教職員が追われていた。騒ぎを知った教育委員会の轟木(加藤虎ノ介)も現れ、校内は騒然となる。
教室の外から必死の説得を試みる岩名(髙嶋政宏)。まもなく、中にいる亮介(森本慎太郎)が電話で岩名に要求を伝えてきた。「俺らの要求は一つだよ。神山を学校に戻して、担任を続けてもらいたい」。続けて電話に出たりさ(山本舞香)も、父親の京塚(飯田基祐)に暁の転任を白紙にするよう伝えてほしいと懇願。暁を慕う生徒たちの真剣な訴えに、岩名は言葉をなくし…。 (公式サイトより)

.

今回もセリフをメモる時間がなかったので、ざっくりと書きます。
文中のセリフは全て概略です。

修学旅行前みたいに立てこもりを用意する生徒たち。
やることの是非はともかく、皆で徹夜で何かするって楽しいそう。

河合まで参加しちゃってます。良くも悪くも印象は「足」。もういっぺん使ってきました。

でも浮かれているばかりじゃない。
かえって暁の立場を悪くするんじゃないか、と気づきはじめます。

さて、大人たち。
駆けつける親たち、PTA内の権力者の言うがままに動く教育委員会。
彼らが強制撤去しようとするのを、教師たちは暁が生徒を説得することを支持します。

何かあった時は自分たちが責任をとる。

今まで語られてきたセリフの集大成でしたが、それぞれの教師の個性は出ていました。
中でも、自己反省する大原と、いままで何事も副校長まかせだった校長の、公園の遊具を教育に擬えた話は印象に残りました。
窪内は生徒一人一人を良く見ていた、良い先生、ということで。

教室で生徒たちを叱責する暁。

理由があれば、間違ったことをしていいなんて理屈は通らない。
これから理不尽なことなど山ほどある。そのたびにこんなことをするのか。
大人だって弱さを抱えて生きている。
自分を理解してくれと甘える前に、相手を理解する強さを持って欲しい。

みなさんはもう、大丈夫です。

文化祭で唄う予定の曲で、暁の卒業式を行う生徒たち。
タクトをふる暁。

唄い終わって感無量の暁と生徒たち。
そこへ教育委員会の人々がバリケードを壊して入ってこようとします。
倒れてきた机からりさを庇った暁は意識を失って・・・

意識だけが自分の部屋に戻った暁は、アカネと触れ合うことができました。

このまま死んでもいいや。いつか死ぬんだから。だったら一番良い時にみんなに惜しまれて死ぬのもいいかもしれない。

おいおい、生徒たちに言っていることと違うぞ・・・(^^;;

でも、教師だって人間だから、ということなのでしょう。
もういいやって思う時だってある。
このままだったら、ずっとアカネといられるしね。

しかし、ユーレイなのにポジティブ志向のアカネには、暁が何を言い出したか、最初は理解できません。
そういう発想はアカネにはないことだから。

猛然と説教をはじめます。

気軽に死ぬなんて言う人と一緒にいたくない。
20年以上の幽霊生活を舐めないで。
私がどんな思いでここでうやってきたと思っているのか。

・・・結構楽しんでたようです(笑)

暁と会えてよかった。いろんなものを取り戻せた。
正確に言うと、取り戻せたのは暁だけだけど。
私は取り戻せない。
死んでいるんだから取り戻す資格がない。

人は死んだら終わり。
生きている人の思い出にはなれても。死んだ本人が何かを積み重ねることはできない。

生きている、ということは、それだけで可能性なのだから。

死ぬまで精一杯生きてください。
私は向うで待っています。

アカネが成仏しなかったのは、暁の思いのためだったんですね。
それを引きちぎるアカネ。

あなたに会えてよかった。

抱き合う二人・・・の魂。
やがて光に包まれたアカネは消えていきました。
.

京塚が訴えを取り下げたので、暁は小原南中で教師を続けることができました。
ほんと、岩名の言うとおり、お騒がせな親父です。
河合と北山は良い感じになっているようで。
窪塚の方がお似合いなような気もするのですが(汗)

で、アカネは・・・幽霊というより背後霊?
暁は一生一人身ってことになるのかな。
幸せは人それぞれですから。それもOK、ということで。

お城の模型のネタはここで使ったのね。

.

まとめ感想を書きます。

立てこもりの顛末はまあまあ予想通りでした。
そういうベタな部分もありつつ、教師たちが皆、真っ当な人々だったのが気持ち良かったです。

生きている、ということはそれだけで可能性なのだから、というアカネの言葉も響きました。

特徴的だったのは、親子、家族の関係です。

親がどうの、なんて関係ない。自分が強くなればいい。

駆け落ち騒ぎの時に、暁が生徒に言う言葉です。
りさも両親と分かり合えたとは思えません。少なくともそういう描写はないままでした。

その他、何かあればクレームをつける親、ただおろおろする親、全く無関心な親。
(三話の、アイドルになりたい娘の気持ちを受け止める父親は、例外的存在でした。)

自分のことで精一杯な大人たちに守ってもらえない、子供たちの心細さが印象に残りました。
だからこそ、ずっと見守ってくれている暁を失いたくなかったのだなあ、と。
.
.

えっと、少しだけ突っ込みを書いておきます。

中盤で貼った伏線を、全てうまく寄りあわせていたとは、感じれなかったです。
その理由は、淳也、そして暁のかつての教え子、京塚の母、そして父など、重要なファクターの存在感が大きすぎたためです。
微妙にバランスが悪かった、と言うか。

特に淳也は、セリフひとつで片付けられちゃったみたいな気がする(涙)
できたら生きて絡ませて欲しかったなあ。
生きてこそ・・・アカネの言ったことを体現する人物として、ワンカットでもいいから。

幽霊という飛び道具をうまく取り入れていたとも思えなかったです。

真面目なメッセージが一杯つまった、ストレートな学園ドラマと、ユーレイというかファンタジックなパートが浮いていたように感じました。
アカネの過去が本格的に絡んでくるまでは、存在感も薄かったですし。

ラスト近くの吉岡さんには思わず噴出しちゃいました。
本当はこういうシーンがもっと見たかったのですが、これは好みですね。

なんだかんだ書きましたが(汗)、後味の良いドラマでした。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 噂のモーガン夫妻 | トップページ | 秋刀魚の味(1962年) »

#ドラマ:2013年第2クール」カテゴリの記事

□幽やかな彼女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57624165

この記事へのトラックバック一覧です: 幽やかな彼女 #11 最終回:

» 幽かな彼女 (第11話 最終回・6/18) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『幽かな彼女』(公式)の最終回『さよなら、先生』の感想。 最終回の学園パートは、思ったより普通で… まずは、最終回の学園パート。強い権力への子供の抵抗として、先週から...... [続きを読む]

» 幽かな彼女 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『さよなら、先生』 内容 暁(香取慎吾)から告白されて、浮かれ気味のアカネ(杏) だが、アカネは、ダメが気がすると言い始めるのだった。 そんな折、林(北山宏光)から連絡が入る。 千穂(前田敦子)と人質にとって、 3年2組の生徒たちが教室に立てこもっている...... [続きを読む]

» 【幽かな彼女(かすかなかのじょ)】第11話 最終回 統括感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
相手に求める前に自分が動けってことです。 自分のことを理解してほしいって甘える前に、相手のことを理解する強さを 持つってことです。 今日学校出る前に言っただろ? 皆さんはもう大丈夫です。 ク...... [続きを読む]

» 幽かな彼女 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
暁(香取慎吾)の告白されたアカネ(杏)は有頂天になりますが、生きている人間と幽霊の間には細くて長~い川があるがごとく大変ですよね・・・ まず、触れ合うことは出来ないし、料理を作ってあげたりも出...... [続きを読む]

» 幽かな彼女 第11話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
第11話 2013年6月18日 「ずっとそばにいてほしい」と暁(香取慎吾)に告白され、有頂天のアカネ(杏)。だが、急に顔を曇らせると、幽霊のアカネが生きている暁と一緒に暮らしてはいけないと言い出し…。 そんな中、暁を仰天させる知らせが入る。3年2組の生徒全員が千穂…... [続きを読む]

» 【幽かな彼女】最終回(第11話)視聴率と感想「さよなら、先生」 [ショコラの日記帳・別館]
「さよなら、先生」 最終回(第11話)の視聴率は、14.1%で、このドラマの最高 [続きを読む]

» 幽霊と共に! [笑う社会人の生活]
ドラマ「幽かな彼女」を見ました。 フジにて 火曜 10時にやってました 幽霊が見える中学教師が教師だった地縛霊により感化され 生徒の問題を解決していく いわいる、学園モノながら 幽霊が関わっていくのが新鮮かな! 1話完結というか、毎回 キーとなる生徒と問題が...... [続きを読む]

« 噂のモーガン夫妻 | トップページ | 秋刀魚の味(1962年) »

作品一覧