2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 幽やかな彼女 #06 | トップページ | 舟を編む »

2013年5月16日 (木)

おのれナポレオン:舞台

2013年 観劇

作・演出:三谷幸喜
出演:野田秀樹、山本耕史、浅利陽介、今井朋彦、内野聖陽、宮沢りえ

@東京芸術劇場

Photo .

年一、二作ほどしか観劇しない「観劇ビギナー」です。

予約開始が始まってすぐに、抽選に応募しました。
地方に住んでいるので何度も見にいく時間もお金もなく、1日限定でしたので、マチネ(昼公演)とソワレ(夜公演)両方に申し込みました。そしたら両方当たっちゃった。
それが5月11日。
ですので、天海さんのステージは見れずじまいでした。

ステージは、観に行かれた皆さんが書かれている通り、縦長の長方形、とかなり変わった
形で、マチネはステージ脇の特別シートでした。
いわばステージ袖から観ているような感じで、客席に向かってセリフを言っている時の表情は見れない代わり、正面からでは決して観れない表情が観れました。
何より、ステージが、キャストが近い!
なので無駄に緊張してしまいました(汗)。

ソワレは普通の席でしたので、いつもの観客気分に戻れたこともあって余裕ができて、終始クスクス笑いながら観れました。

結果的にですが、両面から観れて、とてもラッキー。
脇から観るのと、前から観るのと、印象が変わるのも興味深かったです。

ソワレはマチネに比べると、チェスの説明を短くしたりと、テンポアップしていたように感じました。

野田さん、内野さんのステージは初めてだったので、ただただ圧倒されました。
他の4人のキャストの皆さんを含めて、観客を楽しませよう、というエネルギーがストレートに伝わるステージでした。

山本さんについて。
ストレートプレイは久しぶり、というか、これほどの巧者たちとがっつり組んだステージは恐らく初めてで、それだけで充分楽しめました。
このメンツでこれほど出番が多いとも思っていませんでしたし・・・
どなたかが書かれていましたが、三谷さんが山本さんをこき使っているステージで(笑)、山本さんウォッチャーとしては嬉しい限りでした。

ステージ外で色々ありましたが、一観客としては、一期一会のライブを楽しめた、それが全てだと思います。

天海さんの一日も早いご回復を心からお祈りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 幽やかな彼女 #06 | トップページ | 舟を編む »

*DVD・映画・観劇 あ行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第2クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おのれナポレオン:舞台:

« 幽やかな彼女 #06 | トップページ | 舟を編む »

作品一覧