2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #35「空の向こう側」 | トップページ | 幽やかな彼女 #06 »

2013年5月14日 (火)

2013年4月のまとめ~春クールドラマの中間報告その1

天候不順な春です。というか、春はどこへ?
その上、今年の夏は猛暑になるとか。しっかり体調管理をしないと。

さて、ドラマですが。
何と言うことでしょう、モチベーションがブログをはじめてから過去最低だった昨年(2012年)の夏より下がってしまってます(_ _);;

その結果、今クール、感想を書き続けているドラマは 「小暮写眞館」が終わってしまったので、火曜10時「幽やかな彼女」の1本のみとなってしまいました。

書こうと思いつつ、スタートダッシュが遅れたため、視聴のみになってしまったドラマもあります。
周回遅れでもいいからぜひ書きたい、と思わしてくれる作品がなかったとも言えます・・・

体調がすぐれなかったこと、そして視聴のみを含めて、過去最多だった前クールの反動もあって、ちょっと疲れちゃったのかもしれません。

クール外では「仮面ライダーウィザード」「恐竜戦隊キョウリュウジャー」「八重の桜」の3本です。
.

※上記の各感想には左のカテゴリーからアクセスできます。

まず、初回は見たけれどもリタイアした作品から。

「ダブルス」
「トカゲ」を録画にして、こちらをリアルタイムで見る予定だったのですが、うっかり3話を見逃してしまい、そのままとなってしまいました。

「ラスト・シンデレラ」
ラブコメ、好きなんです。だから笑えないラブコメを見るのが苦痛なんです。
「現代女性の姿を赤裸々に描いた作品」(公式サイトより)ではなくって下品になっているのも期待していた内容ではなかったな。
下品なドラマは嫌いなわけではありません。下品を描くって、テクニックやエネルギーがいると思っています。
このドラマからはそれが感じられません。
なので、4話までは頑張って見たのですけれども、無理して見るのはやめようと。
見事なプリンセスを演じている三浦さんは見ていたいのですが・・・。

「35歳の高校生」
2話まで見ましたが、凄くストレスが溜まって、後はどうしても見る気になれず、録画が溜まる一方となったので、潔くリタイアすることにしました。
きっと生徒たちの生き方は変わるのでしょう。それまで待てませんでした。
コメディを期待した方が悪いんですね、きっと。

「間違われちゃった男」「でたらめヒーロー」
録画を失敗しちゃいました。ごめんなさい。

以上です。
.

以下、毎回視聴しているけれども、感想を書いていないドラマについて簡単に。

「ガリレオ」
原作未読です。
動機など、原作だと多分納得できるのでしょう。
例えば4話「曲球る」。柳沢の奥さんが旦那に黙って台湾リーグにコネをつけるのが理解し難くって・・・
デティールを気にしなければ面白いです。
草薙や内海、城ノ内などがいなくなったので、湯川の独断場です。
レギュラーの減少によって、湯川の奥深い孤独感を具体的に現しているように感じました。

「鴨、京都へ行く。」
昼ドラ?という感想が多い本作品。
それなりに楽しんでいます。

しきたりには、一見無駄に見えても守らねばならない理由がある。その一方で新しい試みもしていかねばならない。
老舗旅館の娘として育ったわりに・・・いや、だからこそでしょうか、外国人なみの感性の持ち主のヒロインがしきたりを学びつつ、いかに新風を取り入れるか。定番のお話ですが、定番だけあって安定感はあります。

仲居頭の塩見のイケズっぷりは素敵。さすがです。
衣川は上羽やが好きすぎるのでしょうね~。梅垣やの女将とともにこれからどう動くか。
エリートを振りかざすツンツンヒロインに好感は持てないままなのですが(5話では少し進展)、最後には何かしら学んでいく、というストーリーにはあまりストレスを感じないので、最後まで見ると思います。

「家族ゲーム」
原作未読、ドラマ未見です。
沼田家の人々、そして彼らを追い詰めていく吉本。
櫻井さんはじめ、キャスティングが良く、面白いドラマだと思います・・・が、茂之目線で見てしまうためでしょう、痛々しくって、積極的に見ようという気に中々ならなかったのです。
4話で茂之が少し変わったので、最後まで見れると思います。
・・・あの女の子も吉本の仕込みのような気がする。

「潜入探偵トカゲ」
やっぱりこの枠のドラマだな、ということで。
もっちゃり感を楽しむか否か。
私はどの部分を楽しめば良いのか、よくわからないままなんです。なので、ボーダーライン上です。

「TAKE FIVE」
義賊という漫画的な設定なのに、なぜこんなに重くするのだろう・・・何度も書いていますが(汗)。
多少の齟齬はいいんです。スピード感があれば。
ダブり気味の企画といい、TBSさん、大丈夫?

「お天気お姉さん」
気象と事件がうまく結びついているとは思えない、というのは皆さんのご指摘通り。
事件そのものもねえ・・・ツメが甘いと言うか、ともかくゆるいです。
先週は車で轢いた理由がわかりませんでした。ぼやっと見ていたためでしょう(汗)

しかし、4話の野球選手の話で気象うんぬんより切なさを感じ、このドラマはこういうところを見ればいいんだ、と思った次第です。

何より、青木の普通の青年の佇まいに癒されますし(能力がトカゲと被っているのは残念ですが、こちらは天然さん)、変人だけど晴子と青木のフォローをする三雲の存在が大きいです。
もっとイビるキャラかと思っていた茜も、秘密は抱えていても意外にちゃんとした社会人だったり。
青木の上司や先輩もガミガミとは言うけれども、ごく普通の人たちですし、受け止める青木が素直なのでストレスが溜まりません。

と、よく見れば、レギュラーの中にあからさまに嫌なキャラがいないんですね、このドラマ。
だから、推理やトリックはゆるくても後味がいいんです。

晴子と蜜代、そして三雲の間にはどういう繋がりがあるのでしょうか。
茜のストーカー話はちょっと煩いので早めに解決して欲しいかも。
5話では青木が茜を女性として見るようになしました。青木の想いが報われるようには全く思えませんが(^^;;

なにはともあれ、この枠ならではのテーストをまったりと楽しんでいます。

「あまちゃん」
最初は80年代の懐古テレビシーンがちょっと寒く感じたりしたのですが、三週目あたりからどんどん面白くなってきました。
アイドルがテーマだからこれでいいんだなってことで。
(80年代はほとんどテレビを観れなかった時期なので、郷愁を感じないってこともありますが。)

やっぱり生きていたじいちゃん。
7週目の先週は、荒川さん筆頭に、クドカン劇場が炸裂。
”本当に笑える”、”元気が出る”朝ドラって久しぶり。

今後気になるのは、やはり震災をどう描くのか、ということ。

思い出すのはオバカなお話から急転直下、震災を絡ませた「11人もいる!」です。
でも一家の明るさ、能天気さは変わらぬままで、かつ、それまでのエピとのずれもなく、そうか、これが描きたかったんだな、と納得させられました。

このドラマではどう描かれるのでしょうか。

かつて1クール30分の昼ドラを手がけたことがあるので、ペース配分は大丈夫だと思います。

期待しています。

後、こちらではBSで放映していた「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」をやっと見終わり、今は「まほろ駅前番外地」をぼちぼち鑑賞しています。
「クロユリ団地~序章~」は夜、見れないので、消化できていません。(^^;;

.

.

2013年春クールドラマ 初回の感想その4「TAKE FIVE」「家族ゲーム」「ガリレオ」
2013年春クールドラマ 初回の感想その3「お天気お姉さん」「35歳の高校生」「間違われちゃった男」
2013年春クールドラマ 初回の感想その2「ラスト・シンデレラ」 
2013年春クールドラマ 初回の感想その1「でたらめヒーロー」「鴨、京都へいく。」
2013年春のドラマ:視聴予定

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #35「空の向こう側」 | トップページ | 幽やかな彼女 #06 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第2クール」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
いや~変な気候で体がついていけませんよね~(´∀`;)
てか、私も年のせいなのか、いまだかつてないほど気力の衰えを感じています。
「あまちゃん」は1週間まとめてだと、記事が異常に長くなっちゃうんで毎日更新にしたんだけど、すでにアップアップ・・・(笑
「ラストシンデレラ」は一回目見たんですが、ちょっと耐えられなかった。
>下品を描くって、テクニックやエネルギーがいると思っています。
ホント、そう思います。役者さんたちは達者な方ばかりだと思うので脚本と演出なのかな~(;-ω-)ゞ
春馬くんはハマってると思います。
「家族ゲーム」はなんとな~く次が気になって見ています。
なんで記事書いてるのか、自分でもよくわからない(笑
今季「あまちゃん」以外で楽しんでるのは「みんな!エスパーだよ!」かな。ほとんど記事書いてる人がいなくて「湯けむりスナイパー」状態で寂しいです(笑
ま、お互いマイペースでやっていきましょう♪

きこりさん こんにちわ~

近年変な天候が多いとは言え、この春はほんとに大変ですね。
私も天候のせいか、年のせいか、体力及び免疫力がだだ落ちです。
ずっと風邪のようなものを引いている状態で・・・記事をまとめる気力がでてきません(_ _)

>すでにアップアップ・・・(笑
わかります!「あまちゃん」の毎日更新は大変!
15分とはいえ、見所満載だし、クドカンさんだし。
大変なのはわかっていても思わず書きたくなる、それだけ楽しい、ということ。
私は1週間まとめ記事すら脱落しちゃいましたが(汗)、すっごく楽しんでいます。
ほんと、この春クール、「あまちゃん」があって良かったです。

「ラストシンデレラ」はねぇ・・・オバカな男子の話は少々粗くても見れるのですが、オバカな女子の話は難しいんですよね。そこんところの覚悟がね、見えないんです。

>なんで記事書いてるのか、自分でもよくわからない(笑
あはは。何となくわかります。次が気になるっていうのも。
実は私も「幽やかな彼女」、なんで書いているかよくわからないんですわ(笑)

「みんな!エスパーだよ!」、きこりさんの記事を拝見していると、面白そう(^^
来期にはBSで放映されると思うので、必ず見ます。

>ま、お互いマイペースでやっていきましょう♪
ですね~。無理はしないで、ぼちぼちといきましょう。
きこりさんもお体に気をつけてくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年4月のまとめ~春クールドラマの中間報告その1:

« 仮面ライダーウィザード #35「空の向こう側」 | トップページ | 幽やかな彼女 #06 »

作品一覧