2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 夜行観覧車 第10話 最終回 | トップページ | 2012年1月の読書 その2 »

2013年3月28日 (木)

ひと息。

今期のドラマのほとんどが終了しました。

こちらでは「コドモ警視」が今晩、最終回ですが、あまり書くことがない(^^;;

その後の時間帯に放映されているアニメ、「絶園のテンペスト」の方をがっつり見てました。
原作は読んでいません。
時間移動をファンタジーではなく、理屈で描いているのが興味深かったです。
登場人物たちが感情ではなく、理屈で動こうとしている。理屈を打破するのも、また理屈。
SF的に怖い怖い話なのですが、それぞれが真剣に理屈をこねる姿に、とぼけたユーモアを感じました。

・・・ということで「純と愛」が終われば、今期のまとめを書けそうです。

「純と愛」。
見てました。
途中で何度も挫折しそうになったし、あまりに辛いシーンは早送りにしちゃったりしましたが(汗)。

ホテル・クラッシャー、純はどうなるのでしょうか。
ホテルは再生するだろうけれども、愛は可能性を秘めたまま、ジ・エンド、になりそうな気がします。どうなんだろう。

さあ、年度末も大詰め。
頑張ってやっつけなければ。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 夜行観覧車 第10話 最終回 | トップページ | 2012年1月の読書 その2 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと息。:

« 夜行観覧車 第10話 最終回 | トップページ | 2012年1月の読書 その2 »

作品一覧