2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« とんび 第10話 最終回 | トップページ | 最高の離婚 #11 最終回 »

2013年3月20日 (水)

夜行観覧車 第9話

公式サイト

原作未読です。

母親に殺されかけた、と感じた彩花。
いっそう真弓に心を閉ざしてしまいます。
そして学校へ行けば、志保たちのいじめが待っている。
うう、見ているのがつらい。
ついにいじめはカバンを川に投げ捨て、取りに行けよ、というところまで行き着いてしまいます。

母の拒否され、居場所をなくしたと思い込んでいる彩花は、言われるままにふらふらと川の中に入っていきます。
そこへ真弓が通りがかり、必死で止める・・・
ここが遠藤家の沸騰点でした。

彩花が生きているだけで幸せなんだってことがわかった、と真弓。

小島の陰口だけでなく、高橋家に対する憶測まで言いたてる、元・取り巻きたち。
ひばりヶ丘も学校も同じ。
いじめのターゲットが変わっただけです。ふう・・・

取り巻き連中も小島に劣らず相当怖そうな人たちなんですが、もう止めにしませんか、と真弓は制します。
こういう陰口が今の高橋家、高橋家の子供たちを追い詰めていることがわかったから。
もう、黙って聞き逃せない。

立ち向かう真弓を窓から見る彩花。

さらに真弓は、高橋邸に貼られたポスターをはがしにかかります。
それが、今の自分にできること。
啓介も手伝い始めます。いわば専門家なので、力強いです。

そんな両親たちの姿もまた、窓から見詰める彩花。
そこへ行き場のなくなった良幸と比奈子が戻ってきます。

家から出てきた彩花に、八つ当たりをしたことを謝る比奈子。
何も言わずに走り去る彩花。
彩花・・・杉先花さんの、きっと足が早いんだろうな、っていう走りっぷりが印象に残りました。

彩花がしたこととは。
比奈子の学校へ行って、比奈子の友達を連れてくること。
比奈子を心配してくれる友だちがいて欲しい。
自分には、いないけれども・・・

二人。彩花の呼びかけに答えてくれました。
連絡をとらなかったのは、怖かったから・・・比奈子の陥った状況が想像を絶するため、かける言葉が見つからなかったから。

それはよくわかります。
そうかあ、声をかけていいものかどうか、迷った時は、拒絶されても、かける方がいいのかなぁ・・・

来てくれた友だちに抱きつく比奈子。
はじめて彩花が微笑みました。

こうして彩花たち遠藤家と高橋家の子供たち、そして比奈子の友人たちとで、高橋邸は綺麗になりました。
その様子を自宅の窓から伺う小島。

兄弟たちのために学校を辞める、という良幸を、結城は、自分のために生きろと、と止めますが、すでに何やら決意を固めたようです。

一方慎司は。

いつも向かいから聞こえてくる彩花の罵詈雑言をうらやましく思っていた。
自分もあんな風に思っていることを言えたら、と。

警察に行く時に彩花を見上げたのは、そういうことだったのね。

真弓からの差し入れ、カップ麺を見せられる淳子。
自分のことを本当の友達だと思っていてくれることを知って、泣き崩れます。

.

遠藤家は今回で何とか収まるようです。
結城曰く、自分のことはさておいても人のことに一生懸命になる真弓。
今までは自分の家族を顧みず、だったのですが、その一生懸命さが彩花を動かしました。
啓介にも、もう隠し事はないようです・・・あ、凶器隠匿があった(大汗)。
もう、叫んだり悩んだりしないのは、覚悟を決めているからなのでしょうか。

いじめをはじめとする中傷誹謗があっての今回のカタルシスなのは、よくわかりました。

でも、どこか釈然としないのは、枝葉の部分を思わせぶりに描きすぎていて、それに振り回されたからでしょう。
色々推測して、疲れちゃった(--;;
製作者の思うつぼですね。

結局真弓も啓介も、感情の行き違いはあれども、そのまんまの人だった、ていうか、遠藤家にはミステリーはなかった、ということで。
あと1話ありますが。
・・・もし大どんでん返しがあったら、ごめんなさい、です(´▽`*);;

あとは慎司と淳子が何を隠しているか、ということだけです。
それより、小島の過去と志保たちと彩花の方が気になったりしてます。

それと高橋家に残された子供たちの行く末も。
父が亡くなった今、比奈子は学費の高そうな私学に通うのは無理なんじゃないかな~。
良幸はせっかくの京大医学部だし、やめないで欲しいなあ。

.

.

01 02、03 04 05 06 07 08

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« とんび 第10話 最終回 | トップページ | 最高の離婚 #11 最終回 »

#ドラマ:2013年第1クール」カテゴリの記事

□夜行観覧車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜行観覧車 第9話:

» 夜行観覧車 (第9話・3/15) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBSテレビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の第9話『最終章~前編~事件の夜の家族の悲劇』の感想。 なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。 引き伸ばし感が半端ない… 前回、前々回と登場人物たちが...... [続きを読む]

» 【夜行観覧車】 第9話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
私、諦めてたんです。 大人になると難しいですよね。 私もこの年になって、もうお友達なんかできないだろうって思ってたんです。 でも、真弓さんに出会えた。 夜行観覧車 第9話    警察に出...... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『最終章〜前編〜事件の夜の家族の悲劇 内容 事件の7日後 良幸(安田章大)比奈子(宮崎香蓮)と警察へ出頭した慎司(中川大志)は、 結城(高橋克典)に告げる。 「母をかえしてください。ボクが父を殺しました」 母・淳子(石田ゆり子)と同じ証言をした慎司のことば...... [続きを読む]

« とんび 第10話 最終回 | トップページ | 最高の離婚 #11 最終回 »

作品一覧