2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第3話「あれるぜ! ざんげきのブレイブ」 »

2013年3月 3日 (日)

八重の桜 第9回「八月の動乱」

公式サイト

京都で警備に当たる秋月(北村有起哉)と覚馬(西島秀俊)のもとへ薩摩から密使が送られ、倒幕をたくらむ長州を都から排除する企てに協力するよう求められる。その話を聞いた容保(綾野剛)は、長州の暴挙を見過ごすわけにはいかないと兵を挙げる。孝明天皇(市川染五郎)もこの動きに応じ、容保へ長州および三条実美(篠井英介)ら排除の勅書を送り、1863(文久3)年、八月十八日の政変が起こる。
 そのころ、会津では照姫(稲森いずみ)の右筆選びが行われていた。薙刀の師である黒河内(六平直政)も八重(綾瀬はるか)を推薦し、八重の名が最有力候補として挙げられるが…。(公式サイトより)

八月の政変前後から、あくる元治元年三月まで。
あくまで会津藩を中心に、ささっとわかりやすく描いていました。
長州側の動きはさらっと。新選組にもまだ芹沢鴨がいたんですが、描き出すときりがないですからね。

孝明天皇の、会津藩を頼りにする気持ちに懸命に応える容保。
長州嫌いだったと言われる孝明天皇が存命だったならば、会津の運命も変わったかもしれません。いや、徳川家の運命も。だから毒殺説まで出るんでしょう。

御製はともかく、御宸翰って難しい字です。勉強になりました。

覚馬は、会津藩士以外の受講者も受け入れる洋学所の設立を、殿直々に許可されました。
派手な政治運動はお話としては面白いけれども。
こういう確実で地道な活動が次の時代を切り開くのでしょう。

一方、会津に戻った照姫は右筆を選ぼうと、道場を訪れ、八重に目を留めます。
そのことを聞いた八重や友人、家族たちはすっかりその気になってはりきりますが、尚之助は不安そう。

蟄居を命じられた頼母の妻、千恵へ思いやりをみせる照姫は、皆からの尊敬に値する女性。右筆として仕えたくなる人です。
千恵の思いつめた表情も印象に残りました。

しかし、選ばれたのは時尾でした。
紋付を羽織ろうとして固まった権八。(笑)

また父上をがっかりさせてしまった。
でもよく考えてみれば、時尾さんみたいに慎ましくて気が利いて、優しいおなごでなければお城では務まらない。私はふさわしくないと落ち込む八重を、八重がお城に上がらなくて、ほっとしているいる、と慰める尚之助。

八重がお城に上がってしまったら、ここで一緒に銃を作ってくれる人はいなくなる。
新式銃を作るには八重の助けがいる。
私一人の力では、どうにもならない。

「八重さんの代わりはいない。これはあなたしかできぬ仕事です。」
「尚之助様・・・」

兄の留守の間、うちとかくばを守らねばならないことを思い出す八重。

「だけど、代わりはいないと言われると、わたし、嬉しくて。」

代わりはいないって言われたら、嬉しいでしょうね。
女子としては規格外であることを自覚しているだけに。

尚之助の八重への思いは友人の妹以上っぽい?
もしその気はなくても、こんな優しい言葉をかけられたら、誤解しちゃうかも。
でも、そっち方面にはとんと疎い八重。

二人が結ばれるには、もう少し時間がかかりそうです。

.

始まってから二ヶ月が経ちました。

冒頭、初めは生意気な口を聞いていた子供たち。
八重の銃の扱い方、腕前を目の当たりにして、すぐさま態度を改め、敬語を使う様子が描かれてました。

今後の展開に繋がるシーンです。

ここまで。
一般人であるヒロインの描き方としては丁度いいように思います。
もっとヒロインを中心とする描き方もあるでしょうけれども、それだと時代劇になってしまうかな、と。

大河だからこそ描ける歴史のうねりと、豪華なキャスティングを楽しんでします。

.

01 02 03 04、05 06 07 08

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第3話「あれるぜ! ざんげきのブレイブ」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第9回「八月の動乱」:

» 八重の桜 第9回 八月の動乱 [レベル999のgoo部屋]
『八月の動乱』 内容 文久3年、長州派公家・三条実美(篠井英介)たちによる、 会津藩の排除は孝明帝(市川染五郎)の配慮により、回避された。 馬揃えも無事に終わり安堵する容保(綾野剛) そして8月。。。 秋月(北村有起哉)覚馬(西島秀俊)のもとに薩摩の密使が...... [続きを読む]

» 『八重の桜』 第9話 「八月の動乱」 [英の放電日記]
ほのかな恋心か? 「会津を思い、殿を思い、己が家を思う気持ちが同じなら、たとえ諍いがあっても、それは…一刻のこと。 皆、会津の女子なのですから。 優しく、勇ましく、ありましょうぞ」  この照姫の言葉に、皆、感動。  八重もじ〜んと.  とは言うものの、 「薙...... [続きを読む]

» 【八重の桜】第9回 「八月の動乱」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
文久3(1863)年、京都で警備にあたる覚馬(西島秀俊)たちのもとへ薩摩から密使が 送られ、倒幕をたくらむ長州を都から排除する企てに協力するように求められる。 孝明天皇(市川染五郎)も、この動きに...... [続きを読む]

» 八重の桜 第9回「八月の動乱」 [D☆エディション]
倒幕をたくらむ長州を都から排除する八月の政変。 幕末ものではよく見るイベントですが、詳細はよく知らなかったり(笑) 会津藩視点のこの物語で、どういったことだったか理解で ... [続きを読む]

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第9回「八月の動乱」★容保(綾野剛)、宸翰・御製に感涙 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第9回「八月の動乱」 秋月悌次郎(北村有起哉)のもとを訪ねた覚馬(西島秀俊)が洋学所設置を語ったうえで「誰もが学び、世界を見る目を養ってこそ、10年後、100年後、この国はもっとよくなる。」 日本を発展させたい前向きな心意気が伝わってきます。 『教育は国家百年の計』であります。 長期的視野と国家像を抱いて人々のために力を尽くそうとする覚馬(西島秀俊)さんの意気込みが素敵です。 あと、西島秀俊の伸びやかでキレの良い”発声”が気持ちいい。 −◆− 二人が会話を交... [続きを読む]

» 八月の動乱 [西徂庵]
八重の桜 #9 [続きを読む]

» 【八重の桜】第9回感想と視聴率「八月の動乱」 [ショコラの日記帳・別館]
「八月の動乱」 第9回の視聴率は、前回の15.6%より下がって、15.1%でした [続きを読む]

» 八重の桜「八月の動乱」 [blog mr]
 おぉ、須賀っちがかっけぇ。  容保って真面目な人なのねぇ。  八重サイドでは、お城に上がれるかどうか、という辺り。ひょっとして八重を推した頼母は続けて失点、ってことにならないのだろうか。蟄居の身で推薦できたかどうかはわからないけどね。  まぁ、「おっさんばっかり」という印象に変化はなし。 ... [続きを読む]

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第3話「あれるぜ! ざんげきのブレイブ」 »

作品一覧