2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 泣くな、はらちゃん 第2話、第3話 簡単感想 | トップページ | 八重の桜 第6回「会津の決意」 »

2013年2月 9日 (土)

最高の離婚 #04、#05

公式サイト

感想メインで。
でも、長くなりました。
シーンひとつひとつに意味がありすぎて・・・感想を貯めたらいけないドラマナンバーワンかも((-_-;)

.

4話。

諒に婚姻届のことを問いただす光生。

普通はこんなややこしい事態、それも凄くプライベートな問題に首を突っ込んだりしないだろうけれども、光生なら・・・光生だからこそ聞いちゃうんだろうなあ。

本当はかなり無理な設定なんだけれども、キャラ設定が絶妙なので納得させられます。

そしてタイミングを逃しただけ、捨てといてください、としゃらしゃら答える諒。
そんな大事なことを黙っていて、浮気もして、なおかつ大事に思っていると。
典型的なダメ男なんだけれども、ダメなところがエキセントリックに見える。

離婚した男が結婚を薦めることに突っ込む、薦められた男。(笑)

なんだかんだとあって、円形脱毛症になってしまい、そのことを気にして余計に悪化させる光生。

結夏はそんな光生を軽くいなしながら効くよ、とアロエを渡します。

離婚の件を言うためにプロレス観戦の後、亜似子の家に寄る二人。
一人暮らしの亜似子の住まいは、それでもそこそこに思い出が漂っていて寂しさは感じませんでした。
でも、この部屋に亜似子と光生の二人しかいない、と想像すると、亜似子一人の時より寂しいだろうなぁ、と思ってしまいました。
結夏が離婚のことが言い出せないのはそのためかも。そしてそれは光生も自覚している。
結局二人は亜似子に離婚したことが言えませんでした。

淳之介んちになんだかんだと遊びに行く結夏。実家と雰囲気が似ているんでしょうね。居心地が良さそうです。
淳之介の妹の誕生日に得意料理のロールキャベツを作りに行きます。

一方、アロエのお礼にロールキャベツを作って結夏の帰りを待つ光生。

そこへご機嫌で帰ってくる結夏・・・恋人、夫婦でなくても、親子、家族を含む同居人ならば。
外の空気のまま帰ってきた人間には、待っている人間の不機嫌さの根拠がわからない。
待っていた方は、待っていることの不快感を理解してくれないことが余計に苛立たしい。
こういうシチュエーション、よくあるんですよね。特に食事が絡むと。

後はこの二人なら、こういう場合ならこうなるだろう、という予想通りの喧嘩が始まります。

光生のいいがかりに、離婚した直後には言わなかった結夏の不満が爆発、思いのたけをぶちまけます。
予想以上だったのは、セリフの多さと(汗)、結夏の光生への熱い思いでした。

光生と家族になることを望んでいた結夏。結夏の思う家族とは、実家のような、淳之介の家族のようなもの。
でも、光生にはそういう家族のありかたがわからない。
子供のことも・・・わかった、つくろう、って。
そりゃ、キレますわ。

コケも本もぶち倒す結夏。

あんたが好きなのは自分のことだけ!

二人の、家族及び人間関係に対する価値観の違いをはっきり描いた回でした。
どちらが正しいとか悪いとか、という問題じゃない。
光生が可哀想には見えましたけれども、実際こういう人間と夫婦になれるか、というと、うーん、ですもんねぇ。

さて、書ききれませんでしたが、諒の浮気相手に気づいてしまった灯里。
家を飛び出した結夏と出会い、紆余曲折を経て結夏の手に渡った、出されなかった婚姻届けを見てしまうことに。

エンドタイトルは諒フィーチャリングヴァージョンでした。
.

ええっとセリフを書かなくても、この長さ(汗)。
まだ半分なのねー。粗筋もすっ飛ばします。

.

5話は灯里の本音が爆発しました。

今度は肋骨を折ってしまう光生。
腰、指、円形脱毛症・・・ほとんど毎回何かしら故障してます。(笑)
1週間くらいは咳しただけでも響くんだけど・・・温泉に行っちゃうのね。

プロテクターを巻いてくれる結夏に「ありがとう」と言う光生。
少し変わった?いや、夫婦という枷がなくなったからでしょうか。「他人」になら言えるのかな、とも。

.

キチキチと神経質な光生と投げやりな生き方が掴みどころのなさにもなっている諒、あけっぴろげな結夏とあくまで本心を隠そうとする灯里たちの旅行、楽しかったです。

旅館にて。
こんな人間になりたくなかった、と言いつつ、白濁の温泉に潜る男、諒。
灯里に婚姻届の件を平謝り。
許す灯里が可愛かったです。
でもその可愛さは灯里のコンプレックスの裏返しでもあったわけで・・・

旅から帰って。
本気で灯里と結婚する気になった諒は千尋に別れ話を切り出します。
一旦は承知したと思わせる女たちですが・・・

石を投げて窓ガラスを割ったり、ライバルをわざと灯里に会わせたり、灯里に惨めな人、と宣戦布告したり。
怖い人です。女子大生に見えないなぁ。

紅茶をぶっかけて、あなたには人は愛せないって言ったのは明希っていうのね。
詩織といい、みんな同じ髪型なので違いがよくわからないですー(汗)
わざとなんでしょうか。

それでも、いつになく(恐らく;;)踏ん張った諒。

一方灯里は、八戸から遊びに来た妹に今まで隠してきた過去や気持ちを暴かれ、ズタズタになっていました。

出されなかった婚姻届を見た時は結夏の手前もあってか動揺を見せなかったけれども。
何より「取り乱す女」になりたくなかったのでしょう。

しかし、妹の言葉がきっかけとなって、諒に複数の女性の影を見るたびに傷ついていた気持ちがついに諒に向かって爆発します。八戸の訛りとともに。

悪いのはあなたじゃない、私。

諒に語った両親が仲が良かった、という話は全部嘘。
父親には何人もの愛人がいた。
そのことを悲しみ愚痴る母親を気持ち悪いと、惨めだと、思った。
母親が嫌いになってしまった娘。
父のことは嫌いにならなかったのに。

だから。
私は自分のことを嫌いになる。

なぜなら、本当の自分はお母さんと同じだから。

諒に捨てられないように、母と同じような人間にならないように。
今まで物わかりのいい女を演じてきた灯里。

切ない気持ちはよくわかります。
でも、冷たいようですが・・・いきなり自分の全く関係の無い子供時代の思い出を持ち出されてキレられたら、びっくりするというか、ちょっとうんざりするかも。
それまでに何の伏線も引いてないんでものねぇ。
灯里も不器用な人なのね。

家を飛び出した諒。
手の中にある二つの指輪を見つめて帰ろうとしますが、そこに紅茶をぶっかけた明希からの電話がかかってきます。

「今、どこ?」

ああ、ついに折れちゃった・・・
指輪を投げ捨てる瞬間の諒の目。ちょっと大げさだけれども、ぞっとしました。
灯里に甘える子犬のような目との落差が素晴らしかったです。

そうそう、あまり高そうな指輪じゃなかったなあ。
高くないから簡単に捨てれたようにも思いました。
結婚式とか、指輪とか。多少無理してでもお金をかけた方がいいのかも。(苦笑)

さて。
光生と結夏の方は。
光生には菜那が、結夏には淳之介がアプローチしてきました。

神経質で愚痴ばっかりいっている上に秘宝館にも興味津々な光生って、ドラマだと賑やかしキャラ、絶対モテないタイプなんだけど、そこは瑛太マジック。(笑)

結夏はまだ光生のことが男性として好きなのでしょうか。光生は未練たっぷりみたいですが。
亜似子はひょっとすると離婚のことを知っているのかも?

主役の4人に加えてアニメ声が微妙にいらっとする菜那と、純な淳之介。
キャスティングが全部ぴたっとはまっている感じです。

エンドタイトルは光生フューチャリングでした。

次回も楽しみです。

.

.

#01 #02 #03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 泣くな、はらちゃん 第2話、第3話 簡単感想 | トップページ | 八重の桜 第6回「会津の決意」 »

#ドラマ:2013年第1クール」カテゴリの記事

□最高の離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高の離婚 #04、#05:

» 【最高の離婚】 第5話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ホントの私は、お母さんと同じ人間だから。 嫉妬深くて感情的で、夫ば憎みながら、なじりながら、醜く泣くんだべなぁ。 この男は他の女ば抱いた。 あんたの顔見るたんびにそう思ってあんたを許さね。 ...... [続きを読む]

» 最高の離婚 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『出来るもんなら浮気したい! 内容 諒(綾野剛)が婚姻届を出していないと知った灯里(真木よう子)は、 家を飛び出してく。。。。すると結夏(尾野真千子)を見つけカラオケへ。 一方、結夏を探していた光生(瑛太)は、 カラオケの店の前で結夏たちがナンパされてい...... [続きを読む]

» 最高の離婚 第5話★真木よう子だべ!! [世事熟視〜コソダチP]
最高の離婚 第5話 「出来るもんなら浮気したい!」 なんか、勢いが増してきましたね。 大人向けの知的な会話劇、絶好調です。 −◆− 今回も結夏(尾野真千子)の”一人ラーメン”の場面から。 結夏は「・・・婚姻届出されてなかったっていう。”はあ?”的な。その奥さん「ぼう然自失?」的な感じな。『ミスト』って映画知ってます? その奥さん、その映画見終わった後みたいな顔してて。 で、私取りあえずここはカラオケしかないなと思って・・。」周りにお構いなしに勢いつけて喋りまくり。 オシャ... [続きを読む]

» 最高の離婚 第5話 [ぷち丸くんの日常日記]
諒(綾野剛)との婚姻届が出されていなかったことを知った灯里(真木よう子)は、呆然としながら結夏(尾野真千子)とカラオケに行ったようです。 始めは、結夏、灯里、諒の証言によって話が展開していまし...... [続きを読む]

» 最高の離婚 第5話 [ドラマハンティングP2G]
第5話「出来るもんなら浮気したい!」2月7日木曜 夜10時  同居中の元夫・濱崎光生(瑛太)とケンカをした結夏(尾野真千子)は、家を飛び出す。その際、結夏は、橋の上で思い詰めた表情をしている上原灯里(真木よう子)の姿に気づき、彼女を誘って一緒にラーメンを…... [続きを読む]

» 《最高の離婚》★05 [まぁ、お茶でも]
立ち食いそば屋の店員に、とにかくことの顛末を話したくて。 婚姻届、出てきて、受理されていなくて、その奥さん茫然自失。 悪のスパイラルか、離婚してからよくないことが続けて」起きていた。 カラオケで、散々歌って、延長を避けて、すぐに出たら、大学生にナンパされた ... [続きを読む]

« 泣くな、はらちゃん 第2話、第3話 簡単感想 | トップページ | 八重の桜 第6回「会津の決意」 »

作品一覧