2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ダブルフェイス「潜入捜査編」「偽装警察編」 | トップページ | ATARU スペシャル~ニューヨークからの挑戦状!!? 簡単感想 »

2013年1月10日 (木)

ラッキーセブン 新春スペシャル 簡単感想

公式サイト

新ドラマが始まりましたが、お正月に見たドラマの感想を忘れないうちに簡単にメモっておきます。

ものすごく突っ込んでいますので、ご注意下さい。

.

.

.

脚本が変わってもこんな感じなんだ・・・
少し期待したんですが・・・

今回もスケジュールが作用しているのでしょうか。
売れっ子ばかりだから仕方がないとは言え。
中抜けするレギュラーが多くて、お正月ドラマとしての賑やかさ、豪華さが感じられませんでした。

今回のSPはギミックもの。
その過程が粗いのね~。

偽の会社の立ち上げ方。その気になればすぐに見破られそうですが、あ、そうか、その気にならなかったわけだー。
一夜漬けで廃墟を改装するのはまだ良いとして、レストランには必要不可欠な料理がうやむやだったのには、がっくり・・・チームの中に料理上手、という設定の人、いたっけ。
本当に美味しかったの?天野さん。(苦笑)

いっそのこと石原さんを大悪女にすれば、面白かったかもしれません。結局いい子で終わっちゃったです。

チームものじゃなくて駿太郎メイン、と割り切って見ればいいのでしょうが、それにしては「ラッキー探偵社」の絆を前面に押し出してくるので、中途半端なのは相変わらず。
連ドラの時もチーム感が希薄だったので、ラストの社長の「全員揃った」(概略です)というセリフには思わず苦笑い。
誰が欠けてもいけないって。欠けてばっかりやん、てね・・・ごめんなさい。

駿太郎という縦糸とラッキー探偵社という横糸がうまく紡がれていないので、目もまばらな布が出来上がってしまった、という感じです。

.

駿太郎と新田のアクションはそれぞれの個性が出ていて格好良く、見応えがありました。
これだけのシーンを撮るのは大変だったろうと思います。

だからこそ、余計にレギュラーキャラの絡ませ方及びストーリー構成の甘さが気になりました。
もったいなかったです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 最終回

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ダブルフェイス「潜入捜査編」「偽装警察編」 | トップページ | ATARU スペシャル~ニューヨークからの挑戦状!!? 簡単感想 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

□ラッキーセブン」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーセブン 新春スペシャル 簡単感想:

« ダブルフェイス「潜入捜査編」「偽装警察編」 | トップページ | ATARU スペシャル~ニューヨークからの挑戦状!!? 簡単感想 »

作品一覧