2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« とんび 第1話 | トップページ | 2013年冬クールドラマ 初回の感想その3 「カラマーゾフの兄弟」「ビブリア古書堂の事件手帖」 »

2013年1月17日 (木)

2013年冬クールドラマ 初回の感想その2 「信長のシェフ」「dinner」

忙しい・・・でもメモらないと忘れてしまうので、簡単に感想のみ書きます。

.

「信長のシェフ」

公式サイト

原作未読です。
展開が速くて、予想より面白かったです。
落ち武者狩り、ニンジャ・・・そこはかとなく漂うチープ感は、この枠ならでは。
でも、セットはほんまもんなので、安心して見れました。

信長、秀吉、光秀・・・ドラマへの登場回数が多すぎて、イメージが違う、なんていう思い入れはなくなっていますので、その点でも気軽に見れます。
原作を知らないためでしょうか、玉森さんの料理人ぶりも落ち着いていて、なかなか様になっていたように感じました。
志田さん、可愛い。(^^)

普段書いていることと違いますが、こういうのも嫌いじゃないです。
民放での時代劇の連続ドラ復活のためにも、本格派だけでなく、こういう肩肘はらないファンタジックな時代劇でも賑わってくれれば。
タイムスリップにきちんとした理由は求めませんです(^^;;
この枠らしく振り切ってくれたら面白くなりそう。

感想は書けないと思いますが、視聴は決定です。

.

「dinner」

公式サイト

主人公は
「腕は確かだが、その人柄に問題を抱えている人物。料理オタクであり、料理に関しては妥協を知らないため、周りの人間はその事で迷惑を被る事も多々ある。」(公式サイトより)

でもって群像劇・・・こういう設定ならばこうなるだろうな、と、普通に想像できる展開のドラマになりそう。
そういう王道のドラマもいいのですけれどもね。

今期は裏ドラマ重視ですので、こちらは流し見程度で。

.

2013年冬クールドラマ 初回の感想その1 「書店員ミチルの身の上話」「サキ」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« とんび 第1話 | トップページ | 2013年冬クールドラマ 初回の感想その3 「カラマーゾフの兄弟」「ビブリア古書堂の事件手帖」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« とんび 第1話 | トップページ | 2013年冬クールドラマ 初回の感想その3 「カラマーゾフの兄弟」「ビブリア古書堂の事件手帖」 »

作品一覧