2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2013年冬クールドラマ 初回の感想その4 「ラストホープ」「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 »

2013年1月19日 (土)

最高の離婚 #02

公式サイト

4人の関係が構築されていく独特の雰囲気が面白かったです。

離婚の原因を全く考えない光生。
結夏が何を考えているかさえ考えたことがないのかも。

バランスボールに八つ当たりしている光生の姿を見ると、亜似子さんの心配もわかります(苦笑)。
猫は二匹とも結夏が飼っていたんですね。

「何を言ってもあなたは変わらない。変わって欲しいとも思わない。」

がさつなようで、結夏は光生のことを理解しているのに。
結婚というのは家族同士の繋がりであることもちゃんとわかっている。
食べ物屋で大声でう○この話をしたり、焼きそばの食べ方はきちゃなかったりするけれども(笑)、他人とちゃんと話ができる人。
(あーでも、人柄以前に話はともかく所作が気になる人はいるでしょう。光生はそういうところは愚痴ってはいませんでした。)

それなのに光生は離婚より、灯里が気になるようで。
だから諒も気になる。

諒・・・この人も何か欠落しているようです。
その場しのぎの優しさ。NOということで起きる軋轢を避けているのでしょうか。
いや、そんな葛藤もなさそうです。
かつてはあったかもしれないけれども、少なくとも今は。

寂しいのはわかるけれども、自宅に押しかけてまでのご注進はどうでしょうか、光生さん。
余計なお節介って灯里の顔に書いてあるのが全く読めないのねー。

灯里はそのことをわからすために、いかにして諒に恋に落ちたかを滔々と語りだします。
地図・・・描く手にも見惚れたんじゃないでしょうか。

それでもなお昔の思い出を美化しまくって言い募る光生にクールにキレた灯里は。

死ねばいいのにって。

うあわ。キッツー。
言われちゃった・・・うん、よく言った、とも(^^;;

全く気持ちのない相手からゴリ押しされるってものすごく鬱陶しいでしょうし、ビシっと言っとかないと。
けれども、それならなぜ部屋に入れたりしたのでしょうか。
この言葉を言うチャンスが欲しかったのか、それとも女性の性(さが)?

光生はこの言葉をどう受け止めるのでしょう。
ま、自分を省みることはないとは思いますけれども。(苦笑)

一方。
光生を好きになろうと努力したり、明らかに不実な諒に恋に落ちたりする灯里はダメンズ(古い;;)好き?

最終的に妻として喪主になればいい。

そう夢想することで独占欲を満足させているのか、それとも本当にそれが彼女の理想の愛の形なのでしょうか。

いずれにしても、喪主が夢ならば正式に結婚しているのかどうかは大問題です。

.

光生と灯里、諒の座る位置と、光生と結夏と結夏の元カレの座る位置。
波岡さん演じる元カレが全く悪びれず、かえって光生の言い分に同意したりするのが可笑しかったです。
この二人の高校時代が想像できる(笑)。

この家族あっての結夏っていうのにも。
この一族大集合の時だけ、光生に同情しちゃいました。

.

エンドタイトル。
結夏のカットが多く、灯里のカットが少なかったかもしれない。

次回も楽しみです。

.

#01

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2013年冬クールドラマ 初回の感想その4 「ラストホープ」「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高の離婚 #02:

» 最高の離婚 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『あなたなんて死ねばいいのに 内容 いきなり妻・結夏(尾野真千子)から離婚届を出してきたと言われた光生(瑛太) 望んでいたこととは言え、戸惑いを隠せなかった。 そのうえ、結夏は、荷造りを終えると、すぐに実家へと帰ってしまう。 そんななか、光生は、灯里(真...... [続きを読む]

» 最高の離婚 第2話★面白い!! 瑛太、尾野真千子、真木よう子 Nice! [世事熟視〜コソダチP]
最高の離婚 第2話 「あんたなんて死ねばいいのに」 あまり期待せずに見た初回が結構面白かったけど、今回は本格的に面白かった!! かなり良い!! −◆− 前回のラストからの続きの場面・・・。 離婚届を出してスッキリした結夏(尾野真千子)がラーメン屋で大きな声で独りごちながら呑んだくれてる。 どのくらいスッキリしたかについて「私ね2週間大きいのが出ないことがあってね。まあ2週間目に出たんだけど。そん時の達成感・・・山岡が究極のメニュー生みだしたぐらいの。ガッツがグリフィス倒しちゃ... [続きを読む]

» 最高の離婚 第2話 [ドラマハンティングP2G]
第2話 1月17日木曜 夜10時  濱崎光生(瑛太)は、妻の結夏(尾野真千子)が本当に離婚届を提出してしまったことに困惑する。光生は、結夏と話し合うために早めに帰宅した。だが、結夏には話し合う気などまったくなく、今夜の新幹線で富士宮の実家に帰ることを光生に…... [続きを読む]

» 『最高の離婚』瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛 主題歌 桑田佳祐「Yin Yang」 [ゆったりと・・]
『最高の離婚』 木曜22 時 フジ なんとなく見る気力が湧かなくて放置していたけど 2話まとめて観た。 [続きを読む]

» 『最高の離婚』第2話 [悠雅的生活]
あなたなんて死ねばいいのに [続きを読む]

» 最高の離婚 (第2話・1/17) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『最高の離婚』(公式)の第2話『あなたなんて死ねばいいのに』の感想。 キャッチーな台詞を並べただけでは会話の立体感は生まれない… 前半はともかく、序盤から先週の心配事が...... [続きを読む]

« 2013年冬クールドラマ 初回の感想その4 「ラストホープ」「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 »

作品一覧