2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #48「幻の都」 | トップページ | ゴーイング・マイ・ホーム 第9話 »

2012年12月11日 (火)

PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #08

公式サイト

感想のみ簡単に書きます。

彩矢が出て行って戻ってくるまで。
お約束の展開でしたが、王道の安定感はありました。

最初に統一郎に、二三男との違いを述べよ、と言われて答えられなかった彩矢。
統一郎のトップダウンなやり方に接し、模合さんから先代の教えを聞いてからのち、はっきりと違いを言葉で表せるようになりました。

やりがいを感じれる場所とは。
それはミラクじゃない。
恋愛感情に左右されることは止めて、ハピネスに戻る彩矢。

二三男が彩矢のことを異性としてどう思っているかは、まだ謎。
嫌いなわけはないってことはわかってはいるんですが。
ここんところは月9として楽しませてもらっています。

もったいなかったのは、彩矢がいなくなったことで二三男と模合が困ってしまうエピがなかったこと。
いなくなって寂しい・・・だけなように見えました。

無理に遥子を貶める必要はないのですけれども、彩矢だったらこうしただろうな、という部分があったら・・・例えば予約の件ですが、これは単なる遥子個人のうっかりミスで、彩矢なら?という比較になっておらず、少し物足りなかったです。

何をしでかすかわからない二三男についていくことが多かったので、同じくついていくしかない遥子との違いを出すのが難しかったのかもしれません。
違いと言えば・・・めんと向かって二三男に文句を言うところでしょうか。

遥子は普通のいい子でした。
お嬢さまだけれども仕事も普通にできます。
二三男の気持ちを察して身まで引いちゃった。
その分、爽やかではありました。

彩矢にも去られて、ついに切れた統一郎。
次はどう出る?

財前専務がだんだんメフィストフェレスみたいになってきました。

「絶対金田一さんだ」と囁く榎本と、シンさん・・・川平さんの「ムム」は可笑しかったです。

・・・炊き出しって、一般人が食べてもいいのかな?その分寄付すればいいのかな?
前にもこういうシーンがあったけれども、よくわからないです。(汗)

.

.

01 02 03 04 05 06 07

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #48「幻の都」 | トップページ | ゴーイング・マイ・ホーム 第9話 »

□PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ 」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

コメント

>・・・炊き出しって、一般人が食べてもいいのかな?その分寄付すればいいのかな?

「どうしても食べさせたい人がいるんだ」とか言って頼み込んでた感じ?
一般人には食べさせないですよね、たぶん普通は。
とにかく誰にでも好かれて人徳があるっていうことを表す1エピソードなのかなぁ…。

上手く行きすぎな感じはしますが、こういう上司だといいな、とも思える作りは上手いのかなぁ。
大絶賛はしないけど、夢は見れるドラマだと思って見てる感じ^^;

統一郎さんに救いのある展開を望みたいです(-人-)

くうさん こんにちわ。

>とにかく誰にでも好かれて人徳があるっていうことを表す1エピソードなのかなぁ…。
なるほど。
炊き出ししている人たちも受け取る人たちも、みんなウェルカムでしたものね。
普通の人なら、こうはいかない、ということで。

>大絶賛はしないけど、夢は見れるドラマだと思って見てる感じ^^;
こんなこと、ありわけないだろ、な、ストーリーではあるのですが(笑)、明るい方向なので楽しんで見れます。
彩矢が戻って、三人の絡みがまた増えそうなのが嬉しい・・・のですが、模合さん、大丈夫なんでしょうか・・・

>統一郎さんに救いのある展開を望みたいです(-人-)
一人ぼっちでねぇ・・・先代の言葉にも本当は何か含みがあった、と思いたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #08:

» 【PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~】第8話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ビジネスでは結果が全てっていうのも正しいのかもしれない。 でも、それじゃあ金田一さんは 満足しません。 あの人にとってはプロセスも重要なんです。 そこに関わる人とかその人の思いとかそういうこと...... [続きを読む]

» PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ (第8話 15分拡大SP・12/10) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(公式)の第8話 15分拡大SP『さよなら…そして、ありがとう』の感想。 彩矢と瑤子とシンさんの活躍の巻… 前回のラストで、てっき...... [続きを読む]

» PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第8話 [レベル999のgoo部屋]
『さよなら…そして、ありがとう 内容 ようやく、究極の魔法瓶が売れ始め、ハピネス魔法瓶もオフィスを構えるまでに。 大喜びする金田一(木村拓哉)だったのだが、模合(中井貴一)は呆れていた。 そんななか、 辻(志賀廣太郎)から魔法瓶作りに重要な機械が壊れたと言...... [続きを読む]

» PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
古い機械が壊れてしまい、魔法瓶の生産がストップしてしまう。 新しい機械の導入には、かなりの資金が必要となった金田一(木村拓哉)は、瑤子(蓮佛美沙子)の父・広瀬(草刈正雄)に資金援助を頼みます。...... [続きを読む]

« 平清盛 #48「幻の都」 | トップページ | ゴーイング・マイ・ホーム 第9話 »

作品一覧