2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 悪夢ちゃん #08「マイ夢」 | トップページ | お悔やみ »

2012年12月 4日 (火)

PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #07

公式サイト

15分拡大・・・心配だった間延び感がなく、二三男、彩矢、模合、この三人のキャラがバランス良く立っていて、最後まで面白く見れました。
.

師走・・・先生じゃないけれども、やっぱり忙しい12月。
粗筋を追いながら、ざっくり書きます。

新聞の記事に載ったおかげで売れ出した、究極の魔法瓶。

能見が予言していた通り、売れたら売れたで、また大変なことに。

元ミラクルの下請けとして魔法瓶の部品を作っていた町工場の人々と業務提携を結ぶ二三男。
ミラクルから切り捨てられた社長たちに向かって、俺は絶対に皆さんを見捨てたりしません、と言い切りました。

彩矢も、なるたけ効率よく20社前後の工程を組むことで、無駄を省き、価格を下げようと、張り切って作業分担プログラムを組みます。
一人、何もしてないように見える模合。
子供たちには相変わらず呼び捨てにされるし、いつも酒飲んでいる、と彩矢も冷たい。

爆発的に売れるのはいいのですが、あまりにも数が多いので、期日内の納品は無理、という工場が出てきます。
無理矢理ノルマを課そうとする彩矢をなだめる一方で、無理、といった相馬社長の愚痴やら本音を酒の席で聞く模合。
相馬だけでなく、こうやって他の工場間の微妙な齟齬などもきちんと把握しているんですね。
大人ですな。こういう人がいないと。

そのうち、とうとう相馬の会社の部品が遅れたために、期日内に納入できない事態が起こります。

二三男が相馬を切り捨てられないことを知っている彩矢は、幸福荘に社長たちを呼び集めます。
社長たちの意見で、そして相馬自身の意思として、抜けさせようという算段です。
しかし、相馬のことがきっかけで日頃の不満を言い出し、もめ出し、収拾がつかなくなる社長たち。
一人一人が一国一城の主ですから、そら、我も強いです。

そこへ、だったら、魔法瓶を作るのをやめます、と、二三男の鶴の一声。

二三男は40年前に作られた、ミラクル魔法瓶の第一号を皆に見せます。

これは皆さんが40年前に作ったもの。
すごい技術。
ミラクルで営業をやっていた時、ずっと皆さんが作った製品に助けられてきた。
ものがいいから、自信を持って売れた。

「だから今回、皆さんとこうして一緒に直接仕事ができて、俺、すげぇ光栄だなと、ずっと思っていたんです。」

俺の思う魔法瓶は金が儲かる魔法瓶じゃない。
皆さんと一緒に作る魔法瓶です。
一人でも欠けるんだったら、もうやめにします。

静まり返る社長たち。
去っていく相馬。

すぐに代わりの工場を探し始める彩矢に、二三男は。

切り捨てるのが一番簡単だけど。
「せっかく仲間になったんだから、皆でどうしていけばいいか考える方が、絶対楽しいだろう」と。

でも、それじゃ会社が潰れてしまう、と涙ぐむ彩矢。
彩矢の強い気持ちを知った二三男は、困ってしまいます。

今まで「あっ」という思いつきを有無を言わせず通してきた二三男が、初めて自分の思いを強く押すことに躊躇しました。

結局模合の根回しが効いて、再び持ち前の馬力を発揮し、何とか大量の注文を納品することに成功した二三男。

自分のやり方を通してしまう二三男と、そんな二三男をしっかりサポートできる模合。
でも、自分は二三男のやり方を否定してしまった・・・絶妙のコンビネーションで難局を乗り切る二人を見ていて、この会社に自分が必要かどうか、と落ち込む彩矢。
ついにアパートを、会社を出て行ってしまいました。

彩矢は決して間違っていないんです。
統一郎が予測したとおり、効率の悪い部門を切り捨てられない二三男は、通常の会社経営としては甘いんでしょう。
でも、それはそれでいい。
そう思えるくらい勢いがあって、面白かったです。

先週さんざん突っ込んだ、魔法瓶の値段についての企業努力も見られましたし、町工場の社長さんたちの佇まいが良かったです。

財前専務に言われるとおり二三男の動向を探る榎本、そのことをわかっている二三男、何故か二三男を放置する統一郎など、書ききれなかったエピもうまく絡んでいました。

恋バナの方もいい塩梅でした。
薄くもなく、濃くもなく。
何より、ヒロインに共感しながら見れるのが嬉しいです。

二三男が好きなんでしょう、と彩矢に再び問う遥子。
前に聞かれた時は色気より食い気だったのに、今回は動揺する彩矢。

遥子には自分の生き方を理解してもらおうとは思わない二三男ですが、彩矢にはわかって欲しいと思っている。
それは仲間だから。じゃなきゃ、雑魚寝なんてできませんもんね。

モテる男の無自覚さを演じる木村さんは久しぶり。
演じすぎると気障になるのですが、その辺はさすがです。

それにしても掛け布団はダメでしょう、近すぎるって。(^^

ここでも模合さん、いい仕事してました。(笑)

来週も拡大。
この調子なら、大丈夫そうです。

追記:新商品・・・携帯炊飯器、もったいないことしたなぁ。6万円前後の魔法瓶より売れると思う(^^;;

.

.

01 02 03 04 05 06

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 悪夢ちゃん #08「マイ夢」 | トップページ | お悔やみ »

□PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ 」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #07:

» PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ (第7話 15分拡大版・12/3) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(公式)の第7話 15分拡大版『大逆転!』の感想。 いろんな意味で“月9らしさ”が加速してきたぞ! これまで良い意味で、“月9らし...... [続きを読む]

» PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『大逆転!』 内容 金田一(木村拓哉)たちが開発した究極の魔法瓶は、200個全て返品。 部屋の中は、魔法瓶だらけになってしまう。 戸惑う模合(中井貴一)彩矢(香里奈)だったが、彩矢は気づく。 1つ足りない事に。 翌日、リサイクルショップに売り払うと決める...... [続きを読む]

» 【PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~】第7話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
俺の思う理想の魔法瓶は、金が儲かる魔法瓶じゃありません。 皆さんと一緒にみんなで作る魔法瓶です。 一人でも欠けるんだったらもう止めにします。 PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第7...... [続きを読む]

» 『PRICELESS』 第7話 [美容師は見た…]
値段じゃないのねぇ。流行りもの、限定もの、珍しいもの好き…高くても欲しいって人は少なくないかも。お金じゃないのねぇ。気持ちって通じるもの。人がついて来るってそう言うことなのかも。「つまらないものですけど」ってものは大抵お義理。「俺の思う理想の魔法瓶は、金が... [続きを読む]

» PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
金田一(木村拓哉)たちが作った魔法瓶は、返品の山を築くことになってしまいます。 リサイクル業者に売り払って、いくらかのお金にしようとしますが、全部で8万円って一体・・・w 確か1個6万円だった...... [続きを読む]

« 悪夢ちゃん #08「マイ夢」 | トップページ | お悔やみ »

作品一覧