2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 結婚しない 11 最終回 | トップページ | 平清盛 #50 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」 »

2012年12月22日 (土)

ホビット 思いがけない冒険 (感想を含むメモ)

2012年 米 170分 G 原題「The Hobbit: An Unexpected Journey」

Photo

原作:J・R・R・トールキン/訳:瀬田 貞二「ホビットの冒険」(岩波少年文庫)
監督:ピーター・ジャクソン/脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ギレルモ・デル・トロ、ピーター・ジャクソン/製作: ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、キャロリン・カニンガム、ゼイン・ワイナー/共同製作:フラン・ウォルシュ/音楽:ハワード・ショア/コンセプチュアル・デザイン:アラン・リー、ジョン・ハウ
出演:マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、イアン・マッケラン、アンディ・サーキス、ケイト・ブランシェット、イライジャ・ウッド、クリストファー・リー、エイダン・ターナー、ピーター・ハンブルトン

「ロード・オブ・ザ・リング」の前章となるJ・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第1部。「ロード・オブ・ザ・リング」より60年前の中つ国(ミドル・アース)を舞台に、指輪の前所有者であるホビット族のビルボ・バギンズが繰り広げる冒険を描く。ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、旅へ出ることになったビルボは、戦士トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフとともに、ゴブリン、オーク、巨大なクモなど危険が待ち受ける荒野を進む。やがて旅の途中でゴラムと出会ったビルボは、中つ国の運命と深く結びついた指輪を手に入れ……。若きビルボを演じるのは、英国の新鋭マーティン・フリーマン。ガンダルフ役のイアン・マッケラン、ゴラム役のアンディ・サーキスら「ロード・オブ・ザ・リング」でもおなじみのキャストが再登場。監督も「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソンが務める。(映画.comより)

@MOVIX

3Dは上映時間が合わなかったので2Dで観ました。

3時間弱の作品を映画館で観るのは、ほんとに久しぶり。
寒い時期でもあるので、鑑賞前の過ごし方を含めて、体調維持に気を使っちゃいました(^^;;
11月末からの、自分にとってはハイペースな映画館通いは、この映画を観るためのペーシ配分作りだった、と言っても過言ではないかも。

当初二部作の予定が三部作になったことを知ったのは観に行く直前でした。
観て納得。
原作を読んだのは大分前なので忘れているところもあるのですが、まだまだこれからだってことはわかりました。

.

以下、ネタばれなし、超・簡単感想です。感想以外の部分が長いです。

この話の後日談「指輪物語」は愛読書、「ロード・オブ・ザ・リング(以下LOTR)」三部作はDVDのスペシャル・エクステンデッド・エディション ・バージョンを持っています。

本作は瀬田さん訳の「ホビットの冒険」で読んでいます。

ですので、単独の映画作品としては、もう観れなくなっています。
LOTR三部作や原作を全く知らない人が観たらどう感じるのでしょうか。

LOTRを観ていないとわからない部分がありますし、第一部なのでお話も完結していないですし。

原作未読でLOTR第一部を観た時は、何も知らなくても第二部が観たくてたまらなくなったのですが、本作品はどうなんだろう。

「シャーロック」のワトソンを演じているマーティン・フリーマンのビルボは、イメージにぴったりで大満足だったのですけれども、通りすがりの観客にとって魅力的かどうかはわかりません。

原作についての本音を言っちゃうと、お話そのものは面白かったのですが、ビルボにも、ドワーフの山の下の王、トゥーリン・オーケンシールドにもあまり魅力を感じなかったんです。ちびっこな年寄りのイメージがね・・・主人公が男前であることを期待する時期に読んだためでしょう(汗)
なので、彼らより、ちょっぴり意地悪な闇の森のエルフ王、スランドゥイルの方が好きだったかもしれない。

映画ではトゥーリンの偉丈夫ぶりも良かったですが、ドワーフ一族の若者たちに目がいきました。特にキーリ。注目株かも。

まあ、そういうことも踏まえての全体のざっくりとした印象は。

アクションシーンを盛っているためか、原作よりかなり毒々しい感じはしました。
LOTRでは新しく感じた特殊メイクやCGにはもはや驚かなかったし、戦闘シーンには荒く感じた部分もありました。
橋を使ったシーンはLOTR第一作に似ていたかも。
荒野を歩くシーンも・・・でも、これは同じ世界観で作っているのだからOKでしょう。

※「中つ国」歴史地図 ― トールキン世界のすべて(評論社)
愛読書です。トールキンの作り上げた「中つ国」を目で楽しめる実に豪華な本です。

.

と、ここまでなるたけ客観的に書こうと思うあまり、突っ込みが多くなってしまいましたが・・・本当はこのチームで映画化されたことが嬉しい、の一言でして。(^^;;

まず、冒頭のドワーフの王国が素晴らしかったです。
ドワーフが古い歴史を持った誇り高き一族であること、トゥーリン・オーケンシールドが王国を取り戻そうと思う気持ちがひと目で理解できます。

何よりこんな映像が観れるなんて。「シルマリルの物語」に通じる壮大な画でした。

空撮シーンは前作に引き続き迫力があり、美しい自然とともに満喫できました。
懐かしいホビット庄、そして裂け谷の遠景も変わらず美しかったです。
小さい時からエルフに会いたかったビルボが惹かれるのもわかります。

ゴラムは・・・キモ可愛さと切なさが増してました。

有名ななぞなぞのシーンが観れて楽しかった・・・って、やっぱり原作やLOTR、「指輪物語」から離れられないです。(汗)

ちゃんとした感想は三部作が完結してから、それら全部を通して観てから、それからLOTRを観てから・・・になるかもしれません。ヽ(´Д`;)ノ

.

原作との違いをほんの少しだけ。

フロドや老いたビルボの登場はファンサービスとして。

トールキンの構築した「中つ国」の物語全般を通じてほとんど登場しない茶色の賢者、ラダカストが活躍しているのには、びっくり。今後も登場するのかな?

ガラドリエルも原作には登場しませんが、お会いできて嬉しかったです。

「指輪物語」追補編に書かれている、「ホビットの冒険」には書かれていないドワーフたちの歴史「ドゥリンの一族」の一部が脚色しつつ交えてありました。これも嬉しかったです。
・・・と、いうことは同じく「ホビット」には書かれていなかった、トゥーリンの父の消息、ドワーフ一族に伝わった「いとしいしと」の顛末も描かれるのでしょうか?

そうそう、ピーター・ジャクソンが大好きな大蜘蛛も早々と登場しました。(苦笑)

その他の原作との違いは、これから読み直して確認する予定です。
で、間に合えばもう一度観にいくかもしれません。
DVDもしくはブルーレイは今から買う気満々です。でも、買い焦らないようにしないとねっ(^^

原作ファンとしては、完結するまで1年、2年と待たされるのがもどかしくもあり、楽しみでもあり、というところです。

.
.

ちなみに、原書には言葉遊びが多く、その面白さを日本語に訳すのは難しいんだそうです。

映画館には外国の観客が目立ち、隣の席は恐らくアメリカ人留学生の、女の子二人と男の子一人の三人組でした。
彼らが、日本人たちがくすりともしないところでクスクス笑っていたのが印象的でした。
どうやら韻を踏まえた洒落で笑っていたようです。
字幕には全く反映されていなかったというか、訳しがたいユーモアだったんでしょう。

原書が読めれば、もっと面白さがわかるんだろうなぁ・・・

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 結婚しない 11 最終回 | トップページ | 平清盛 #50 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」 »

*DVD・映画・観劇 は行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホビット 思いがけない冒険 (感想を含むメモ):

» 【ホビット 思いがけない冒険】忠誠心・誇り・信念・勇気 [映画@見取り八段]
ホビット 思いがけない冒険~ THE HOBBIT:AN UNEXPECTED JOURNEY ~    監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、ジェームズ・ネスビット、ケン・スコット、シルベスター・マッコイ、バリー・ハ…... [続きを読む]

» 映画:ホビット 思いがけない冒険 [よしなしごと]
 ロード・オブ・ザ・リングシリーズも見ていない。見ていないというか、1作目見た時に寝てしまい、再度レンタルDVDでチャレンジしたけれど寝てしまった。と言うわけで本作も見なくても良いかなと思っていたのですが、予告編を何度も見るうちに、ネットでの評判を聞くうちに見たくなってきました。サントラだけは欲しいなとは思っていたのですが…。そんなわけでホビット 思いがけない冒険の記事です。... [続きを読む]

« 結婚しない 11 最終回 | トップページ | 平清盛 #50 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」 »

作品一覧