2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #08 | トップページ | 悪夢ちゃん #09「皆夢」 »

2012年12月12日 (水)

ゴーイング・マイ・ホーム 第9話

公式サイト

今週はクーナ劇場から始まりませんでした。

多忙にて、リアルタイムで見た記憶を頼りに、気にとまったシーンと簡単な感想のみ書きます。
後日、別項で書くかもしれません。
文中のセリフは全て概略です。
別の帽子のことについては、公式粗筋をご覧下さい。

.

クーナのイベントが明日にせまって。
味噌蔵見学での親子三人、楽しそうでした。
味噌というのは、まわりの菌によって出来上がる。
目には見えない、どこにでもいる菌・・・目には見えないものの捉え方が紗江らしかったです。
紗江って、幼い頃には色々あったけれども、本当に健全な精神の持ち主だなぁ。
軸がぶれない、というか。
萌江のような繊細な子供だと、もう少し陰影の深い感情も理解して欲しい、と感じることもあるかもしれません。
でも、母の頼もしさは救いになるはず。

クーナ人形を返しにきた萌江は治とばったり。
栄輔の様子を尋ねる治に、もうすぐ死ぬかもしれない、という栄輔の言葉を伝えます。

人はいつか死ぬ。順番に、遅かれ早かれ。

死をたくさん見てきた治の言葉です。
うなずきもせずじっと治を見つめる萌江。少し間があって。

でも、早いとやっぱり、ちょっぴり悲しいかな。

うなだれる治。

イベントの用意をする菜穂を手伝いながら、クーナの右手が何を握っていたのか尋ねる良多。
菜穂曰く、色んな説があるそうで、クーナが亡くなった時に手向けるりんどうとか、四葉のクローバーとか。
良多は、目に見えないものを握っているんじゃないか、と。
栄輔の受け売り。そしてそれは菜穂の母、久実の受け売り・・・という言い方はあれだな、栄輔が忘れ難い、久実の言葉。

その晩、良多はクーナの夢を見ます。

今日は阿部クーナ一人だけ。なんだか寂しそうでした。
クーナにも、何を握っていたのかを尋ねる良多。
忘れた。
そこで良多は、何か目に見えないものを握っていたんじゃないのか、と確認。
よっぽどこの説が気に入ったのね。

目に見えないもの?と聞き返すクーナに、夢とか、希望とか・・・と喩えを挙げる良多。

ここでちょっとクーナの表情が変わりました。

「悪意とか失望とかな。」

目に見えないものの中には、恐いものものたくさんあると思う。

「ちゃんと恐がらなきゃな。」

当たり前のことなのですが、このドラマはそのようなものを描いてこなかったので、冷や水を浴びたような気がしました。
クーナが言うというのが、また、深い。

明けて。
クーナイベントの朝。
良多はクーナの夢を見ることを紗江と萌江にカミングアウトします。
大丈夫?という紗江と、にっこり笑う萌江。

ちょっと頼りないけれどもロマンチストな父とたくましい母。いいバランスなのね。

最初は同行を断っていたじゅんじゅんをアシスタントとして呼び寄せた紗江。
お味噌を作る菌の話を聞いて、今まで自分ひとりで料理を作っているような気になっていたけれども、じゅんじゅんやお母さん、萌江とか色んなものをもらっていたことに気がついた、と。

以前、自分の中にはお袋の味はない、と言っていた紗江が少し変わりました。

あの人は何菌なのか、と、森の中に入っていく良多を見送る紗江。

参加した人々は思い思いのやり方でクーナを捉えようとしています。
ベニテングダケに化ける駐在さん、梶と、着せ替え人形の服を並べる看護師さん、堤がいい感じでした。
くだらない~って、笑い方を忘れてしまった堤が笑っているのが何とも微笑ましかったです。
で、うっとうしいのが、クーナ研究家(笑)。
その罠はだめでしょう。音もさぁ・・・(_ _;;
とはいえ、良多と真田に連行されていく姿が妙に可笑しかったです。

治はやおらカップ焼きそばを食べ始めます。
良多たちに何で?と尋ねられて、思わず話してしまいました。
昔、栄輔と久実と三人で焼きそばを食べた時、クーナに会ったことを。
慌てて「クーナ風?」とかごまかしていましたが。

その話を聞いて、前夜試していたを仕掛けてみる良多。
ざるの中に石炭を入れて。

クーナ探し、楽しげだったのですが、先週の予告が気になって、気が気ではありませんでした。

そのころ、栄輔は。
大きな鼾をかいて寝ていました。
大きな鼾って結構危険だそうなので、ちょっとどきどきしました。

さて、クーナイベントはひと段落したようです。
紗江の作った美味しい料理を食べながらくつろぐ人々に、母から聞いたクーナのことを話し始めます

花の種を手向けていた。
死んだクーナの胸の上に。
りんどうの種。とうもろこしみたいな形した。

「だから、母と山を歩く時はりんどうの花を見つけると、クーナのお墓だから踏んだり摘んだりしちゃだめよ、って。」

ここでクーナ研究家が「初めて」(笑)、良いことを言いました。

彼らは森の主じゃない。
森に生かされていることを知っている。謙虚なんだ。

帰る間際に、良多は自分の仕掛けた罠から音がするのに気がつきます。

思わず緊張する、紗江と萌江、治と菜穂と大地、そして真田。

ざるを開けてみると・・・もぐら?なのか?

姿を見なかった良多は、何がいたとははっきり伝えませんでした。
もし、もぐらだったとしてもそんな偶然があるのかどうか?
結論はでませんねー。
良多も半信半疑。

広場に帰ろうとする一同ですが、急に靄ってきた森の中、道に迷ってしまいます。
何か思い出したように、先頭に立って歩き出す治。

たどり着いたのは、りんどうの花畑。

ここだ。
ここで、俺たちは昔・・・

随分死んだなぁ・・・
すまない。

泣き崩れる治。

かつて描かれた治の追憶の中の花畑はもっときらきらしていて、楽しげなざわめきもしていました。
今は薄暗く、静まり返っている。

増えてしまったりんどう・・・

それはダムのため。
森の恵を奪ってきた自分たちのせい。

呆然とする一同。

ここは人間が長くいていい場所じゃない、と治。

そして栄輔は。
夕飯に焼きそばを敏子にリクエストし、息子が作ったCMを見て、くだらない、と笑いつつ・・・
息を引き取りました。

.

予告を見て想像していた「事件」はもっと血生臭いものでした。例えば動物の死骸を見つけてしまうとか。
もしそうだったらこのドラマのテーストが壊れるかも?といらぬ心配をしていたのですが、そこはさすが。
悲しみのベクトルが違いました。

.

夫にピンとこないことを今更愚痴る多希子。
結婚する時にもっと反対してくれればって。(苦笑)
その愚痴を頭ごなしに退けない、娘の気持ちもわかったりする母、敏子。
多希子もそれで少しガスが抜ける。

微妙すぎて男性にはわからないかもしれませんが、この二人、本当に頭から健次を否定しているわけではないと思います。
母娘ならではの雰囲気が絶妙でした。

ま、ちょっとワガママではありますけれども。
そういうお年頃なのかもしれません。
にこにこしている健次さん、いい旦那さんだと思うけどなぁ。
でも、いい人だから満足、ということでもないんでしょう。

この夫婦はこうやって年を重ねていくのかもしれません。

あと、よほど仕事に嫌気がさしてきた様子の真田や、新しい住人のことなど、書ききれませんでした。

それでもこの長さ。(^^;;

今回、一番印象に残ったのはやはり、治・・・西田さんでした。
この、はっきり言ってつかみどころがないような、ほわっとしたストーリーを見事にドラマにしていました。

悔恨の涙を流す治。
このシーンだけが突出しているわけではない。
第1話からの、治の思いが繋がっていてこそ。

りんどうが本当にクーナたちの墓標に見えました。

良多の夢に出てきたクーナ一族もあそこに眠っているのでしょうか。

.

次回、最終回。

良多は、家族たちは栄輔をどのような気持ちで見送るのでしょう。
りんどうを見た萌江、大地、そして菜穂は、何を感じたのでしょうか。

是枝さんの世界を最後まで堪能したいと思います。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #08 | トップページ | 悪夢ちゃん #09「皆夢」 »

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

□ゴーイング・マイ・ホーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーイング・マイ・ホーム 第9話:

» ゴーイングマイホーム 第9話 [ドラマハンティングP2G]
「クーナの森で起きた美しく“青い”奇跡」2012/12/11 毎週火曜 22:00~22:54 クーナ探しイベントの前日。良多(阿部寛)は、沙江(山口智子)と一緒に参加者にふるまうおにぎり用の味噌を調達した後、本番に備えてクーナを捕まえるワナを作っていた。すると、以前、クー…... [続きを読む]

» 【ゴーイング マイ ホーム】第9話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
人間はいつか死ぬんだよ。 順番なんだ。 まあ…ちょっと早いか遅いかあるけれど。 だから、そんなに悲しいことじゃないんだよ。 …でも、早いとやっぱり、ちょっと悲しいかな。 ゴーイング マイ ホ...... [続きを読む]

» ゴーイング マイ ホーム (第9話・12/11) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(公式)の第9話『クーナの森で起きた美しく“青い”奇跡』の感想。 なお、出演者のファンや面白いと感じた方が読むと不愉快かも?ご了承の上… 9...... [続きを読む]

» ゴーイング・マイ・ホーム 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『クーナの森で起きた美しく“青い”奇跡 内容 クーナ探しイベントが明日に迫り、 沙江(山口智子)らはおにぎりの準備をしていた。 そんななか良多(阿部寛)は、見つけた小さな帽子のニオイが違うことに気づく。 研究家も、自分が作ったモノでは無いと断言したことで、 ...... [続きを読む]

» 「ゴーイング マイ ホーム」 第9話 [トリ猫家族]
 栄輔さん逝く・・・ でも、きっと、あのクーナの里に栄輔さんも居たんだよね。 それとも、栄輔さんが治たちをあの場所に導いてくれたのかな・・・  沙江(山口智子)は、良 ... [続きを読む]

» ゴーイングマイホーム 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
イベント前夜、拾った赤い帽子が本物のクーナのものかもしれないと思えることが。 クーナをおびき寄せるために研究者が撒いた帽子と拾った帽子とは、明らかにニオイが違ったのでした。 期待に胸膨らむ良...... [続きを読む]

» 《ゴーイング マイ ホーム》★09 [まぁ、お茶でも]
クーナ探しイベントの前日、参加者におにぎりをふるまう紗江について味噌の調達のため一緒に赴いた。味噌も大豆の漬物だから石を乗せると知って納得。1年物はまだ塩気が死んでいなくて、2年物以上がコクがあった。 萌江は、クーナ人形をこっそり事務局に帰した。 良多は、戻ってから森にクーナを捕まえる罠を考えていたが、そこで赤い帽子の1つが、獣臭がすることに気付いた。クーナ研究家に帽子を見せると、僕がまいた物じゃないと言われた。 明日僕が捕まえますよと、軽く言われた。 ... [続きを読む]

« PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~ #08 | トップページ | 悪夢ちゃん #09「皆夢」 »

作品一覧