2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第42話「突撃!メガゾードの中へ」、43話「決意のクリスマス」 »

2012年12月16日 (日)

平清盛 #49「双六が終わるとき」

公式サイト

ついに治承5年になってしまいました。

正月を寿ぐ平家一門。
この顔ぶれで正月を祝うことは二度とない。

東西南北・・・国のあちこちで平家に対する反乱が起きる一方、病に伏せっている高倉上皇の容態も芳しからず、悪化の一途を辿っている。
平家にとっては四面楚歌の状況になってきました。

病床で世の乱れを憂い、後に残された徳子の身の上を心配する高倉上皇は、王家よりも平家よりも、上皇様が大事という徳子に見守られて世を去ります。

そして、あの男が治天の君として帰ってきた。
世の乱れを清盛のせいであると皮肉たっぷり詰る後白河法皇。

「困ったことがあれば何でも申せ。わしは頂きに立つもの。いかなることでもしてやれるであろう。」

賽の目を投げます。

どうやら法王は幽閉されている間に、反平家運動を煽っていたようです。

徳子にも法皇の後宮に入って欲しいという願いをはねのけられる清盛。
まだ後宮政治にこだわっているんですね。
これが清盛の限界なのでしょう。

なんの、まだ別の打つ手を考える、という清盛に、
「もうよいではありませぬか」
と、まったり説く時子。
「気楽にまいりましょう。」
琵琶を奏で、久方ぶりに源氏物語が読みとうなりました、と。

「おかしな奴じゃ」

目を閉じて若き日を思い出す清盛。

後白河の異母兄弟、上西門院統子の邸の歌会で歌を披露する西行は、かつての愛人、待賢門院璋子の女御、堀河殿と再会します。

昔の恨み言を懐かしく語る堀河殿。

「恋の歌など詠み交わす世は、もう長くは続かぬかもしれぬなあ。
雅の花開いた平安の都はもはや・・・」
「では、今宵は存分に楽しみましょう。」
「この、生臭坊主。」

本当でござります。(笑)
夜通し歌合をしただけ、とのことですが。
まことか、と聞く清盛も、おかしい。

これだけ追い詰められても起死回生を狙っている、と西行に言われて。

「わしが諦めれば、まことの武士の世はできん。」

諦めてはいないのでしょうが、先ほどの時子とのシーンといい、油っけが抜けて、とぼけたおじいさん、みたくなってきました。

西行の言葉を借りて、頼朝が鎌倉に新しい都を建設していることが語られます。
自分たちの、福原の都を造る時の熱気を思い出す清盛。

若き頼朝が鎌倉で若い者たちと夢を語るシーンと、清盛の回想シーン、今の、寂しい清盛の周囲を並行して描いていたのが、この大河らしい演出でした。

「武士の世だ。」

何事かを悟ったような清盛。
夜更けて、後白河の元を訪れ、双六の勝負を挑みます。

あの時と同じように、負けた者は勝った者の願いを必ずひとつ、聞き届けるという約束で。

あの時・・・清盛が初めて後白河と会った日の双六勝負。
あの重盛はもう、いない。

ここで、ことあるごとく「武士は王家の犬である」と清盛を挑発する後白河と、彼の圧力をはねのけようとする清盛、この二人の葛藤の回想シーンが入りました。

夜が明けるまで、延々と双六を続ける老人、二人。

「合わせて七以上の目を出さねば、わしの勝ちが決まる。」

じっと目をつぶり、投げる清盛。
賽の目は一と・・・六。

「して、何が望みじゃ。」

「法皇様と平清盛の双六、本日をもって最後にしていただきとうござります。

我ら、武士は王家の犬と言われて生きてきました。
保元の戦も、平治の戦も、王家、朝廷の命により武士同士が戦わされてまいりました。

されど、もはや、平安の世は終わりを告げようとしておりまする。
これより先は、武士同士が覇を争う世となりましょう。

武士はもはや、王家の犬ではござりません。」

「さようか。もう、さようなところまでたどり着いておったか。」

礼をして立ち去る清盛をだまって見つめる後白河。
彼が愛した雅な世界、傍若無人にふるまうことが許された時代は、もう、滅び去ってしまった。
そして、清盛はもう勝負をしてくれない・・・一緒に遊んでくれない。
置いてけぼりを食らわされた子供のような、寂しげで悲しげな表情でした。

でも、この人、勝負を降りないんですね。
持続力があるというか、エネルギッシュというか。
今度は鎌倉相手に”遊び”を仕掛けます。
まぁ、頼朝だけは相手にしてくれなかったわけですが。

.

鎌倉の方では、頼朝が、都だけでなく着々と武士の世のシステムを作り上げていました。
梶原景時が御家人に。
仲睦まじげな頼朝、義経兄弟。

.

今回、松山さんの表情がまた変化しました。
同じ老人になってから、実に様々な表情を見せてくれて、飽きません。

と、感じ入って見てたのですが。

.

熱病を発した清盛。

西行のところへ生き霊を飛ばしているぞっ

.

実は水曜日発刊のTVガイド誌で最終回の粗筋をうっかり読んでしまい、読まなきゃ良かった、とマジで後悔してたんです。

でも、こんなにどうどうと伏線貼られたら・・・何と言っていいかわからない。
最後に清盛を登場させたいのはわかりますが・・・怨霊が跋扈する時代だから、それでもいいのかな。

ここまで見続けた視聴者を裏切らない程度にして欲しいとは思いますが、もう、何がおきても平気な気もする(^^;;

.

次回、いよいよ最終回。

予告に木曽義仲らしき人物が登場。そして弁慶が血まみれになっていました。
重大事件だけピックアップして「盛者必衰のことわりをあらはす」のでしょうか。

ともかく。
がっつり見させていただきます。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 42 43 44 45 46 47 48

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第42話「突撃!メガゾードの中へ」、43話「決意のクリスマス」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #49「双六が終わるとき」:

» 『平清盛』 第49話「双六が終わるとき」 [英の放電日記]
清盛と後白河法皇、清盛と頼朝   武士対公家(朝廷)、武士同士の争い  清盛は鎌倉の都造りの様子を聞き、自分が目指した国創り、福原の都造りと同じ武士の世を頼朝も目指している事を知る。  高倉上皇の崩御により復権した白河法皇に、武士同士が覇権を争う時代が来...... [続きを読む]

» 【平清盛】第49回 「双六が終わるとき」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
高倉上皇(千葉雄大)崩御の知らせに清盛(松山ケンイチ)は言葉を失う。 清盛は幼い安徳天皇の後ろ盾として、後白河法皇(松田翔太)を復権させるという 危険な賭に出る。 苦境に追い込まれる清盛を時子...... [続きを読む]

» 平清盛 第49回 双六が終わるとき [レベル999のgoo部屋]
『双六が終わるとき』 内容 清盛(松山ケンイチ)は、京へと環都を決める。 それでも、各地の反乱は収まらず、そんななか高倉上皇(千葉雄大)が崩御。 清盛は、頼みの綱を失ってしまう。 と同時に、後白河法皇(松田翔太)が、清盛の前に現れ、 その心の内を見透かすか...... [続きを読む]

» 『平清盛』第49回「双六が終わるとき」★清盛の生き霊が西行(藤木直人)に会いに行く [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 最終回の1話前なのに、異様に盛り上がらない内容・・・。 小生がうんざりしている「双六」と「回想」を重ねた観念的場面が退屈で退屈で・・・。 失敗作に終わった『大奥〜誕生[有功・家光篇]』の最終回でも「双六」が出てきたから、げんなりですぅ(トホホ)。 −◆− 重衡(辻本祐樹)が南都(現在の奈良)を焼き打ちにしたことにより、天下の人心はもはや平家から離れてしまい、民主党や小沢系の未来の党みたいな有様。 もし選挙したら、平家は50数議席で源氏系が3... [続きを読む]

» 「平清盛」第49話。 [Flour of Life]
みんな、清盛の視聴率よりも今回の総選挙の投票率の低さを気にしたほうがいいと思うの… [続きを読む]

» 平清盛 #49 [義風捫虱堂]
#「双六が終わるとき」 [続きを読む]

» 【平清盛】第49回視聴率と感想「双六が終わるとき」 [ショコラの日記帳・別館]
「双六が終わるとき」 次回は最終回です。 第49回の視聴率は、前回の10.4%よ [続きを読む]

» NHk大河ドラマ『平清盛』第49回「双六が終わるとき」 [よくばりアンテナ]
ちょっと週末バタバタしていて、 感想を書く気持ちにならなかったのでした(^_^;A ですが、もう来週は最終回じゃないですか〜!! 内容も清盛の生涯が終わっておしまいなのか、 その序章みたいな感じ。...... [続きを読む]

» 平清盛「双六が終わるとき」 [blog mr]
 双六で、後白河が負けた、みたいな描写になってるが、どうやら後白河は鎌倉幕府成立後も影響力を持ち続けたらしいじゃん。その辺はどうなってるのだろう。  清盛の福原と、頼朝の鎌倉、ふたつの街づくりを重ねて、主役交代間近の風情。  時子は、栄華を極めたのだからもういいだろう、とは言うが、権力の座についちゃうと、そこにそのままの状態でい続ける、ということはできないのよね。他を圧倒し続けるか、討ち取られるかしかない。それが来週の最終回、と。 ... [続きを読む]

« ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第42話「突撃!メガゾードの中へ」、43話「決意のクリスマス」 »

作品一覧