2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年10月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第41話 「怪盗ピンクバスター!」 »

2012年12月 2日 (日)

平清盛 #47「宿命の敗北」

公式サイト

挙兵した頼朝の元に集まる源氏を含む武士たち。
それを阻止するのは
石橋山の合戦で敗走した頼朝たちを助けたのは梶原景時。

立て直しを図る頼朝たちの元へ上総広常が二千騎を率いてやってきます。
多勢を率いてやってきたため、えらそう。

「源氏の御曹司というだけで、所詮は都育ちの生白いお方であろう。場合によってはその首を取って、一族郎党、この広常の家来にしてらろうぞ。」

しかし、下馬もしないとは、愚か者のもののふ、と敗戦にも頼朝に一喝されて、すぐにあなた様こそ御大将の器、とあっさり認めます。
広常の態度やセリフは、大将として成長している頼朝を描くためのフリでしたが、「場合によっては」以降の言葉は当時の武士たち誰しも思っていたことではないでしょうか。
この大河の中で描かれるかどうかわかりませんが、頼朝が源氏の御曹司であると認めない人もいたのだし。

まだ不安定だった頼朝の地位。
富士川の合戦で勝利を収めるもすぐに都を目指さず、まず、地元東国を束ねる、という策は当然でしょう。

それにしても。
頼朝を救った景時、頼朝の元に集った三浦氏・・・頼朝の死後に滅ぼされていることを思うと、「武士は勝ち続けねばならない」という言葉が重いです。

そして頼朝、義経兄弟の、運命の初対面です。

清々しい表情の義経。
最初は見も知らぬ若者から兄上と呼ばれて戸惑うも、微笑みながら受けれる頼朝。

新興勢力として明るく元気な源氏サイドに、すでに悲劇の種が蒔かれつつあります。
でも、それはこの大河とは別の話。

こうして平家の息の根を止める、最強の刺客が参戦しました。

.

その平家は。

40話前後から描かれていた没落へ至る数々の仕込みが完全に熟成しました。

頼朝挙兵の報告を受けてもなお、福原遷都を完成させることこそが真の勝利だと、内裏建設を進める清盛。
重盛の遺児、維盛を頼朝討伐の総大将に命じます。

忠清の反対を押し切って、兵站を確保しないまま源氏討伐に出発した維盛は、傭兵たちの士気をまとめきぬまま、富士川で屈辱的な敗北を喫してしまいます。

公家として暮らしてきた、戦の経験のない若者が総大将。
つまりほとんどお飾りなので、補佐する人々がしっかりなければならない。
だから忠清の役目は重かったはず。進退を問われるのは当然なのですが。

ここはドラマの流れにのっとって。

武士とも思えぬ情けない負け戦に激怒する清盛を、命を賭して諌める忠清。
忠盛の元に駆けつけた、若き日の姿が思い出されます。
今や長老格です。

「戦というものをご存じなく、出陣には吉凶の日取りも選ばず、兵の進退も心得ず。
陣中に遊び女を入れ、水鳥の羽音に怯え、戦場から逃げる。
それこそが、まごうことなき平家のおのこの姿にございます。

保元、平治の乱を勝ちぬいて、武士の夢見て財をなげうち、公家や法王たちと渡り合い、一門を公卿の家柄まで引き揚げられました。」

続けて清盛が今まで成し遂げてきた業績をとうとうと述べます。

「横へ横へと広がる世を目指されたました。」

そして今や。

「ご息女を入内され、御孫君を帝とさなれました。」

何をわかりきったことを、と清盛。
ここで、渾身の力を込める忠清。

「殿、平家はもはや、武門ではござりませぬ。
殿ご自身が、もはや武士ではござりません。
殿が目指した武士の世は、武士のままでは作れぬものにござりました。

ご無礼を仕りました。」

逍遙として首を打たれようとする忠清。

皆が止めるのを振り切って、父祖伝来の剣を持って打とうとする清盛。
しかし、その刹那、剣の重さにバランスを崩して尻餅をついてしまいます。

「おのれにとって、生きるとはいかなることか。
それを見つけた時、心の軸ができる。
心の軸が体を支える。体の軸が心を支えるのだ。」

忠盛の言葉を思い出す清盛。
記憶は荒ぶれていた若き日からさらにさかのぼって幼き日へ。

「私もなりとうござります。父上のように立派な武士に。」
「ではその気持ちを心の軸にしろ。」

呆然とする清盛。
体の軸が・・・

盛国が清盛を止めなかったのは、もう、剣をふるえぬことを知っていたからでしょう。
自分の失敗でもないのに、清盛の怒りにひたすら怯える宗盛が印象に残りました。
.

すでに武士ではない。
皆が感じていたことではあるのですが・・・

目指していた世を、武士の世、武士のための世ではない、と否定されてしまった清盛。
出自に引け目を感じつつ、それがゆえに武士であろうと努力してきたのに。

何とも残酷な真実でした。

いつから軸がずれたはじめたのでしょうか。
そして苦心惨憺して敷いた道が、そのまま一族の滅亡に繋がっていくことを思うと・・・(_ _)

武士ではない、武士の世ではない、と否定された時の清盛・・・松山さんの目に浮かぶ涙が忘れられません。

.

もがき苦しむ主人公を描いて異色だった大河も、あと3話です。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 42 43 44 45 46

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年10月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第41話 「怪盗ピンクバスター!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #47「宿命の敗北」:

» NHK大河ドラマ『平清盛』第47回「宿命の敗北」 [よくばりアンテナ]
いやぁ~~~面白かった~~~ 平家と源氏がいよいよ武力では逆転してるってことを 清盛が思い知らされる回でした。 挙兵した頼朝の元へは続々と東国武士たちが集まってくる。 しかし、石橋山では追...... [続きを読む]

» 平清盛 第47回 宿命の敗北 [レベル999のgoo部屋]
『宿命の敗北』 内容 頼朝(岡田将生)の挙兵。その一報を知った清盛(松山ケンイチ)は、 高倉上皇(千葉雄大)の名の下、孫・維盛(井之脇海)を総大将に 頼朝追討を命じる。 一方、頼朝の挙兵で、平家に不満を抱く武士たちも蜂起。各地で戦いが発生する。 石橋山の...... [続きを読む]

» 【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟んで対じする。 しかし敵軍...... [続きを読む]

» 「平清盛」第47話。 [Flour of Life]
「平清盛」第47話の感想です。最終回まであともうちょっと…寂しいのう。 [続きを読む]

» 『平清盛』第47回「宿命の敗北」★伊藤忠清(藤本隆宏)の首を刎ねようと宋剣を・・・ [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 頼朝挙兵の知らせは奥州平泉で藤原秀衡(京本政樹)に匿われている義経(神木隆之介)の元へも届いた・・・。 『平清盛』の登場人物のデザインは基本的にリアルに見えるような衣装や化粧だけど、京本政樹だけは京本政樹の個性が優先されてる感じやねぇ・・・。 ”タカラヅカ”だとか”ゲーム世界”だとかの登場人物みたいな・・・ 兄・源頼朝(岡田将生)のもとへはせ参じたいと言う義経(神木隆之介)に反対する秀衡(京本政樹)は「いましばらく平泉にとどまり騒乱の成り行きを... [続きを読む]

» 平清盛 #47 [義風捫虱堂]
#「宿命の敗北」 [続きを読む]

» 平清盛「宿命の敗北」 [blog mr]
 終盤になって義朝が何度も出てくるのは、若い頃からずっと目指し続けてきたものの達成が近い(と思っている)ということと同時に、逆に清盛の老いを表現しているのではないか、という気がする。ぶっちゃけ言ってしまえば、ボケ始めている、というか。  忠清の諌言に唸った。平家、清盛自身がもはや武士でない。以前のエピソードで、刀の稽古より詩歌に熱中している様子に寂しい表情をしていたのを思い出す。  頼朝と義経の対面。妙に長かったのは、後の確執含み、ってことであろうが、描かれるのだろうか。 ... [続きを読む]

« 2012年10月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第41話 「怪盗ピンクバスター!」 »

作品一覧