2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 機内鑑賞映画 その1: 「わが母の記」、「ホタルのヒカリ」、「リンカーン 秘密の書」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第37話 「黒と白の花嫁」 »

2012年11月 4日 (日)

平清盛 #43「忠と孝のはざまで」

公式サイト

生き残るために、風見鶏に徹してきた成親。
しかし、平家の台頭で仕組みが変わってしまい、いつの間にか平家の犬となってしまった。

皮肉です。かつては王家の犬、と言われていた平家の犬になるとは。

冷たい言い方ですが、成親に命を賭してまで平家に逆らう覚悟があったようには見えませんでした。
新興勢力、平家の犬となることを潔しと思わぬ気持ちに流されてしまったのでしょうか。
最期は無残でした。餓死させられる・・・
崇徳院の最期を思い出させました。
院の場合は強烈な意思がありましたが、成親はまるでぼろ布のように朽ち果てていきました。

合掌。

.

義兄の命乞いをした重盛は、餓死させた清盛の冷酷さに打ちのめされます。
そうまでして父上が目指す世の形がわからない、という重盛の言葉に思わず頷きました。

今、清盛が待ち望んでいるのは、今は娘、徳子が皇子を生むこと・・・天皇家を我が意のままにすること。
それが手段なのか目的なのかがわからない。

成親が陰謀に加担したこともあり、面目を失った重盛。病に倒れてしまいます。

清盛の中で何がどう変質したのか。
大輪田泊の改修、宋との貿易開始あたりまでは清盛の心の動きを描いていたのですが、ここ数回は暗闇に包まれています。

一方、伊豆の頼朝は、ついに政子と結婚。
最初は激怒した時政ですが、八重姫の時は源氏を捨てようと思ったが、今は政子とともに源氏の棟梁として源氏を再興し、東国の武士たちを束ねて、平家の圧政に対抗する、という頼朝の覚悟を聞いて、自らも覚悟を決めます。
源氏の復活、というより東国武士連合の礎が築かれました。

遮那王もまた、平家妥当の決意を固め、平泉の藤原王国を目指して京を旅立ちました。
それは争い事から無縁であって欲しいという、母、常盤の願いは潰えました。しかし、それは武士の、義朝の子の宿命なのかも・・・
旅の途中、父、義朝終焉の地、尾張で、烏帽子親もなく、自らの手で元服する遮那王に、名を授けました。

義経。

こうして平家の知らないところで、反平家勢力が徐々に形をなしていく。
平家と言えば、徳子懐妊の知らせに大喜び、大騒ぎでひたすら男子の誕生を祈願。
その甲斐あってか、男子が誕生し、言仁と名付けられ、すぐに立太子、皇子となりました。

念願の王家の外戚となった清盛は、その地位を万全とすべく、また陰謀を企むかもしれぬ後白河法皇を六波羅に招く・・・つまり監禁しようとします。

それを、病をおして思いとどまらせる重盛。

「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」
法皇を攻めるのならば、法皇の近臣として法王を守らねばならない。
どうしても攻めるというのならば、自分の首をはねてくれ、と。
必死の訴えに、一門も涙します。

法王の、まだ駒がある、というのは、重盛のことだったのですね。
二人の化け物に翻弄される重盛の悲痛さ。
化け物の一人が父ですからねぇ・・・(溜息)

清盛は重盛のことをどう思っているのでしょうか。
息子としてより、駒のひとつとしてしか見えなくなってきているように見えましたが・・・よくわからない。

もう少し清盛が変質していく過程を丁寧に描いてくれていたら、と思わないではないですが、清盛が化け物化することでお話はどんどん面白くなってはきています。

かつては新しい息吹の象徴だった清盛が、今は宮中の暗闇に潜む物の怪となっていく姿と、若芽のごとく台頭していく源氏との対比に、歴史の動きが感じられました。これこそ大河ドラマの醍醐味でしょう。

次回は重盛の最期?・・・
疲れ果てて息絶える息子に、清盛はどんな言葉をかけるのでしょうか。

病に伏していた乙前、とうとう最期か、と思ったのですが・・・まだ生きてるの?(汗)

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 42

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 機内鑑賞映画 その1: 「わが母の記」、「ホタルのヒカリ」、「リンカーン 秘密の書」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第37話 「黒と白の花嫁」 »

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/56043562

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #43「忠と孝のはざまで」:

» NHK大河ドラマ『平清盛』第43回「忠と考のはざまで」 [よくばりアンテナ]
おおお、重盛、痛々しい(ノ_<。)ビェェン 詳しくはコチラ もともと重盛はやりすぎな父・清盛に対して、なんでも鵜呑みにせずに 冷静に従ってましたし、 父の目指すところもわからないまま、嫡男で...... [続きを読む]

» 【平清盛】第43回 「忠と孝のはざまで」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
清盛(松山ケンイチ)は、鹿ヶ谷の首謀者・西光(加藤虎ノ介)を斬首とし、 成親(吉沢悠)を流罪とする。 成親は配流先で餓死し、そのことが義弟・重盛(窪田正孝)を追い詰める。 そんな重盛をよそに、...... [続きを読む]

» 平清盛 第43回「忠と孝のはざまで」★GANTZスーツの上に赤法衣の清盛vs号泣・重盛(窪田正孝) [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』 第43回「忠と孝のはざまで」 《鹿ヶ谷の陰謀》は未遂に終わり、首謀者・西光(加藤虎ノ介)は『洛中引き回しの上、朱雀大路にて斬首』で、息子の師経と師高も流罪の上、斬首。 同じく首謀者の一人である藤原成親(吉沢悠)も首筋が寒くなっていますが、成親の義理の弟にあたる”律儀な男・重盛(窪田正孝)”が平清盛(松山ケンイチ)に助命嘆願。 清盛は「まかりならぬ。二度も裏切った成親は。死を持ってしか、あがなえぬ。」と、とりつく島もありません。 しかし重盛は引き下がらず、保元の乱の... [続きを読む]

» 重盛、泣く ~平清盛・忠と孝とのはざまで感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
成親は西光の死を知り、落胆し、成上がった平家を怨む。 『愚管抄』によれば、成親は「何事ニカメシノ候ヘバ見参ハセン(何事か御召しがあったので参りました)」と公卿座にいた平重盛・頼盛に挨拶して奥に入...... [続きを読む]

» 平清盛 第43回 忠と孝のはざまで [レベル999のgoo部屋]
『忠と孝のはざまで』 内容 後白河法皇(松田翔太)たちの陰謀を耳にした清盛(松山ケンイチ)は、 西光(加藤虎ノ介)成親(吉沢悠)を捕縛して阻止。 西光を斬首。成親は重盛(窪田正孝)の助命嘆願により流罪となった。 だが一月後、職を与えられなかった成親は流罪...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第43話「忠と孝のはざまで」 [英の放電日記]
「あちらへ擦り寄り、こちらへ擦り寄り…決して落ちぶれぬ事が、私の生きることと思うておりました。  …されど、平家の世となり、秩序が乱され、気がつけば、院の近臣たる私や西光殿が、平家の犬と化しておりました。左様に一生を終える事は面白うないと思いました。  似...... [続きを読む]

» 【平清盛】第43回感想と視聴率「忠と孝のはざまで」 [ショコラの日記帳・別館]
「忠と孝のはざまで」 第43回の視聴率は、前回の8.9%より上がって、10.2% [続きを読む]

» 【平清盛】第43回感想と視聴率「忠と孝のは... [ショコラの日記帳]
「忠と孝のはざまで」第43回の視聴率は、前回の8.9%より上がって、10.2%でした。久々に10%台に乗りました♪(^^)前日、日本シリーズが終わって良かったです(^^)同日の『MONSTER... [続きを読む]

» 平清盛 #43 [義風捫虱堂]
  「忠と孝のはさまで」 (゚ー゚)久しぶりに大河ドラマの感想を書いたわ。。。 [続きを読む]

» 平清盛「忠と孝のはざまで」 [blog mr]
 可愛そうな重盛。泣いてるときの台詞の言い回しとか声とかすげぇよかった。  ふと、若い頃の彼が(まだ笑ってたであろう時期)どんな表情だったか見たくなったが、録画した奴なんか残ってない。ムックとか見るとあるかね。  東国では北条氏が頼朝につき、京から義経が出発する。このふたりの関係はどこまで描かれるんだろうな。ドラマは清盛が死んだところでおしまいだろうから、確執が生じるところは間に合わないか。平泉の安部キュンの再登場は? 木曽義仲って出る?  今回の常盤がえらくきれいで見とれてしまった。  あれ、... [続きを読む]

« 機内鑑賞映画 その1: 「わが母の記」、「ホタルのヒカリ」、「リンカーン 秘密の書」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第37話 「黒と白の花嫁」 »

作品一覧