2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 秋クールドラマ 初回の感想その4「MONSTERS」 | トップページ | 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話  »

2012年10月24日 (水)

ゴーイング・マイ・ホーム 第2話

公式サイト

夏物、冬服の入替をしていたら、うっかり禁断の箱というかガラクタ箱を開けてしまい、予定外の大掃除に発展。(_ _)
なので「遅咲きのひまわり」を見る時間がなくなってしまいました。
今晩視聴します。

.

今回もまったりとした時間が流れていました。

しかし、まったりとした中にもほの苦さも。

自分のCM企画案が採用され上機嫌だった良多は、上司の陽(伊藤洋三郎)から、今後の進行は部下の真田(新井浩文)に任せるからと、さりげなく有給休暇を取るよう勧められる。(公式サイトより)

採用されたCMは、ださい、と部下たちには不評なのに加えて、真田が新しいクライアント、例の洋菓子メーカーの社長に気に入られたのは自分のアドバイスのおかげなのに。
外されちゃった良多。

でも、上司は、(クライアントの意向ばかり気にしている良多のようにではなく)面白い作品が作りたいという真田に、だんだんそうはいかなくなるんだよ、と少し遠い目で諭していていました。
真田の今後も気になります。

さて、新人にチャンスを与えないと、父の看病もあるし丁度良かった、と上司にも沙江にも強がる良多。
沙江の仕事の方は順調で、監督、山中健太郎直々の依頼で映画の仕事も入ります。
地方ロケで1週間。
良多にとっては相手が山中ということが、仕事を外されたことより気になるようです。「映研みたいだ」などと悪態をつき、悪夢まで見てしまいました。(笑)
山口さん、水着になっても全然大丈夫。

良多と山中も古くからの知り合いのようです。仕事上ではなくて学生時代からなのでしょうか。
良多は陸上部だった。とすると、沙江と山中は同じ大学の映研仲間だったとか。
DVDを見た後、「へっ(ふっ、だったかな)」と言った時の微妙な表情が印象的でした。ジェラシーだけではわざわざ見返さないと思うのです。

沙江の出張中、丁度いい感じで(^^;;)、学校でお弁当のおかずを売ったことで一週間の謹慎処分を受けてしまった萌江を連れて、父を見舞いに長野にでかける良多。

クーナのことは、自分にしか見えない少年、フロドから聞いていた萌江。
お見舞いもそこそこに、クーナ研究所に行きます。
研究所、といってもそこは鳥居の歯科医院。
鳥居の娘、菜穂が子供たちを集めてクーナの伝説を語っていました。

明くる日、菜穂に誘われて、12月のクーナ伝説のイベントの下見に菜穂の息子、大地とともに、山へでかける良多親子。

そこで良多たちは見つけたものは・・・。

.

わ、見えるかもしれないけれども~、なんていうぼんやりした存在にはしないのね!
どうなるんだろう、面白すぎる(^^)

.

粗筋は大体こんな感じでしたが、書ききれない行間、というか空気感が絶妙でした。

いきなり1週間の有給をとった夫を怪しむも追い詰めない沙江と、いじられて何だか喜ぶ良多。(笑)
良多は本当に沙江が好きなのね。
予告を見ると、町の人々に菜穂と関係を疑われるみたいだけれども、こちらの方面ではごちゃこちゃして欲しくないです。

なんで母の作ったお弁当を売ったのかを聞かれて「流れで」と答える萌江。
反論できない良多。しかも、お父さんの知らない私もいる、とまで言われてしまいます。
大人びた娘ですが、一方で妖精を見たりもする微妙な感じが、静かなカメラワークもあって、伝わりました。

虫が苦手な良多。そりゃ、不審者に見えますわ(爆)。
お店で買っていたのはシール式の虫除け。萌江がペタペタ張微笑ましかったです。
なんだかんだ言っても、パパとは仲良しなんだ。

クーナ研究会での子供たち。
おおよそのアウトラインだけを決めて、間やセリフなどはおまかせだったような気がします。
だとしたらですが、宮崎さんの緊張した表情が、萌江の、クーナのことを信じてもらいたいけれども、押し付けてはいけない、と言葉を注意深く選ぶ様子とうまく重なっていたように感じました。

そのほか、意識不明の父に、先にクーナを見つけてやる、悔しいだろう、と声をかけたり。
看護師との会話も印象的でした。
足をもむ・・・ちょっと父親の時のことを思い出しちゃいました。

.

萌江と良多の父とは単なるクーナ研究会仲間だった、ということで、ほっとする良多と母、敏子。
でも、なにかまだありそうです。

見えない少年がフロドっていうのに気がつきました。
隠れるのが上手いホビットかぁ。なるほど。

とにかく、次回が楽しみですっ

.

01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 秋クールドラマ 初回の感想その4「MONSTERS」 | トップページ | 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話  »

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

□ゴーイング・マイ・ホーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーイング・マイ・ホーム 第2話:

» 「ゴーイング マイ ホーム」 第2話 [トリ猫家族]
 あからさまに毒きのこじゃん!っと思ったけど、クーナの帽子・・・・?!w( ̄▽ ̄;)w フェルト素材な雰囲気がかわいいぞっ。 娘に付き合わされて、時間つぶしに参加したクーナ探 ... [続きを読む]

» ゴーイングマイホーム 第2話 [ドラマハンティングP2G]
「妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?」2012/10/23 毎週火曜 22:00~22:54 倒れた父・栄輔(夏八木勲)が、故郷の長野でクーナという伝説の生き物を探していたと知り、妻の沙江は「ロマンチックじゃないの」と肯定するが、良多(阿部寛)は家族泣かせだった父ゆえに、どう…... [続きを読む]

» ゴーイング マイ ホーム (第2話・10/23) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(公式)の第2話『妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読...... [続きを読む]

» 【ゴーイング マイ ホーム】第2話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
いやね、最近思うんですよ。 自分が会社をクビになっていなくなったあと、会社がね、全く昨日と変わらずに… いや、むしろ昨日よりもスムーズに穏やかに和やかにみんなが仕事してる様子を。 怖いですよ。...... [続きを読む]

» ゴーイング・マイ・ホーム 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?』 内容 倒れた父・栄輔(夏八木勲)を見舞った際に出会った女を捜す良多(阿部寛) やがて鳥居治(西田敏行)と出会うことに。女は、鳥居の娘・菜穂(宮崎あおい) そこで父が“クーナ”なるものを追っていたと知る。 ロマンチックだと...... [続きを読む]

» 「ゴーイング マイ ホーム」第2話★雲をつかむような‥ [世事熟視〜コソダチP]
「ゴーイング マイ ホーム」第2話 会社で有給休暇を促され肩たたきされたような有様の良多(阿部寛)。 すれちがいざまに後輩社員がお別れみたいな雰囲気を漂わすと、良多は「おい、辞めないよ。」 社員「辞めないんですか」 家に帰っても、なかば強制された有給休暇なのに「オレが居ると、みんな頼っちゃってなかなか育たないから」と、取り繕ってる良多。 後半、警官が良多(阿部寛)について「身長2メートル弱、熊ではないです。」と無線報告。 良多「失敬な」 これらは阿部寛らしさの出... [続きを読む]

« 秋クールドラマ 初回の感想その4「MONSTERS」 | トップページ | 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話  »

作品一覧