2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ゴーイング・マイ・ホーム 第2話 | トップページ | 結婚しない 03 »

2012年10月26日 (金)

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話 

公式サイト

演出: 石川淳一、植田泰史/脚本:橋部敦子/プロデューサー:成河広明、小林宙、江森浩子/音楽:海田庄吾
出演: 生田斗真、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇、木村文乃、柄本佑、国仲涼子、嶋田久作 、ミッキー・カーチス、矢柴俊博、田口淳之介、松重豊 他

思いついたまま、バラバラと感想主体で書きました。

昨日書いたのだけれども、アップする時間がとれませんでした。ふうー。
.

今期、プライムタイムでは最後にスタートした本作。
しっかした構成とテンポのいい編集で大変面白かったです。
そして落ち着いていて美しい映像。風景だけでなく、美しい俳優さんたちを美しく撮ってくれていました。

愛想がよくて如才がなく、男前でもあるので地元の老人たちに"まれびと"として迎え入れられる丈太郎。
そのまま客人としてしばしとどまる程度ならば気持ちよく過ごせたのでしょうが、住人になろうとすると人間関係が密な分、息苦しいことも多い・・・とストレスがたまりつつあったところで、隣家の老婦人、大村の死に立ち会うことになります。

ここは都会より人が身近です。それは人の死も身近ってことですから。

人が社会人として人間関係の輪の中に踏みとどまろうとするならば、どこであろうと息苦しさを感じることはあるのだけれども、都会なら個になれる時はある。
でも、ここは・・・ずっと都会で暮らしていたら、重い環境です。自分なら、とっとと逃げだします。でも丈太郎は踏みとどまりました。

これからこの町で、丈太郎はどのようにして気持ちのバランスをとっていくのでしょうか。
「僕らの価値って、何ですか。」というドラマのコピーとは少々外れた感想ですが、一番気になったことです。

そして研究者としての道を否定され、息苦しい故郷に帰郷した医師、かほり。臨床経験はほとんど、というか全くない。何でもこなさなければならない総合病院で悪戦苦闘しそうです。
看護師の彩に謝った時はちょっと可愛かったです。同時に、畑違いの職場に飛ばされた悲哀を感じました。

生田さんのちょっと頼りないけれども優しくて素直な丈太郎、真木さんのやさぐれたUターン医師、謎の切れ者ツンデレ美人看護師、彩役の香椎さん、それぞれがピッタリはまっていました。

桐谷さんの高知弁。龍馬伝の経験が生きてました~(^^)
柄本さん、木村さんは今回は顔出し、次回以降のお楽しみです。

松重さんの日下さんは、きっと逃げ出した人々は多かっただろうと思うのですが、それでも、新しい人をきちんと受け入れようとする姿勢は崩さない。
丈太郎を見守ってくれそうで頼もしいです。

火曜日のフジ、今期はレベルが高いです。
曜日だけでなく、クールも分散してくれたらいいのに、なんて無理なことを思ったりして(^^;;

もし不安要素があるとするなら、同じく橋部さんの「フリーター~」の初回とちょっと似た感じがしたことでしょうか。
「フリーター~」、初回を見た時は、これからいったいどうなるんだろう、とすごく期待したのですが、母親の病気や霊感商法などサイドテーマを取り入れすぎたため途中で、主人公が家を買う、というテーマが見えなくなっちゃったんです。(汗)

でも、今回は「群像劇」。メインキャラたちの背景もしっかりしていそうなので、大丈夫かも。

ということで感想を書く事は決定したけれども、「ゴーイング・マイ・ホーム」との兼ね合いが難しいです。

時間帯ではなく、スタート順で、こちらを後にしようかな~。
どちらにしても時間の都合で、感想のみになると思います。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ゴーイング・マイ・ホーム 第2話 | トップページ | 結婚しない 03 »

#ドラマ:2012年第4クール」カテゴリの記事

◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話 :

» 遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『30歳目前。オレの人生やり直せますか?』 内容 正社員を目指していた派遣社員の小平丈太郎(生田斗真)は、 登用される目前に、課長から、解雇を言い渡されてしまう。 事情を知った恋人・紗江子(大塚千弘)は、別れを告げ去って行く。 そのころ、大学病院で研究を...... [続きを読む]

» 【遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~】第1話 初回感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
この先にはいったい何があるのだろう。 俺にしか行けない場所はきっとある。 俺だけが見られる景色が広がっている。 あのころはそう信じていた。 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ ...... [続きを読む]

» 《遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~》#01 [まぁ、お茶でも]
今週は、とても時間がないので、感想だけにします。詳しいレビューをお望みの方、申し訳ありません。 平成24年度、文化庁芸術参加作品 だそうです。 突然出てくる子供がカヌーで川の先へ移動していく。この先自分しか見られない景色があると信じていたが、今は派遣社員。デスクの間を台車で移動して行く仕事だ。 課長は正社員にと言ってくれたが決定権がないのでと言ってなんと首を切られた ... [続きを読む]

» 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ [のほほん便り]
文化庁芸術祭参加作品として放送されるだけあって、とても丁寧なツクリのドラマがはじまりましたね。 「30歳目前。オレの人生やり直せますか?」 四万十のロケーション共々目の保養でもある、生田斗真が演じる青年ぶりもヨカッタし(改めて、彼の美しさを再確認)、周囲のキャスティングも魅力的。桐谷健太が役者力で、真木よう子と香椎由宇が存在感で、イイ味だしてました。 だけど、珍しく朝ドラ「梅ちゃん先生」で退場が無かった(祖父母役は、かなり高い確率で物語途中、故人になるケースが多くありません?)... [続きを読む]

« ゴーイング・マイ・ホーム 第2話 | トップページ | 結婚しない 03 »

作品一覧