2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #34「白河院の伝言」 | トップページ | 薄桜記 第8回「両成敗」簡単感想 »

2012年9月 5日 (水)

GTO  10話 簡単感想

公式サイト

原作:藤沢とおる「GTO」(少年マガジンコミックス)

原作未読です。ドラマ前作も見ていません。

明修学苑の校長として赴任してきた大門美鈴(西田尚美)は、徹底的な管理体制のもとで学苑を一流校にしようと考えていた。そんな大門に、鬼塚英吉(AKIRA)の排除をアドバイスする菊地善人(高田翔)。菊地は大門の息子だった。 (公式サイトより)

徹底的な管理体制を考え出したのは理事長だった。
その管理体制の下、点数を稼ごうとした教師によって4組の悲劇がおこり、考えを改めた理事長。
一方菊地の母、大門は、理事長の考えた管理体制の完成にのめり込み、ついに家庭は崩壊してしまった。
母を理事長に奪われたと思った菊地は、理事長に復讐しようと思い立った。
その復讐とは理事長から学校を取り上げること。・・・で、いいのでしょうか?

大門は悪役として割り切って見れても、理事長と菊地の心の動きがよくわかりませんでした。
菊地の復讐の方法のベクトルが何だか変なのは、雅が担任を追い出すと言っておきながら、もっぱらクラスメイトいじめばかりしていたのと同じパターンなので、慣れていたというか、そういうドラマなのね、と思えましたが。

理事長がね・・・管理体制が元で生徒を死なせてしまったことを知って後悔。
しかし学校に管理体制をしくことを辞めただけで、鬼塚が現れるまでなんら具体的な方策をとっていなかったように見えることに、誠意を感じられないというか。
売店のおばちゃんしかしてなかったんですよね。
ヘタレなキャラだったなら、それでもいいんですが。
好意的にみれば、壁にぶち当たっていた時に鬼塚が現れたってことなのでしょうけれども。
キャラと序盤の言動と、ドラマ内のスタンスが一致していない気がしました。
でも、そういうドラマなのね。

そうそう。教師のプライベートも監視されているんだったら、勅使河原のストーカー行為がばれるんじゃないのかな?
それとも、もう、止めたのかな・・・この設定は回収されないような気がする。見ている方もなんかどうでも良くなっちゃったし。(微苦笑)

で、大門のもう一人の息子?はいいとして。

うわ、突然の病気ネタですよ(_ _);;

原作がそうだったらごめんなさい、ですが、これ以外に締めくくりのアイデアが思いつかなかったのかなぁ、と思っちゃいました。
突然の病気ネタって、どうしても安易な印象を受けちゃうし、そんなことは製作者の皆さんが一番よくわかっていると思うのですが。

うーん・・・スカっと終わってくれるのでしょうか。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #34「白河院の伝言」 | トップページ | 薄桜記 第8回「両成敗」簡単感想 »

#ドラマ:2012年第3クール」カテゴリの記事

□GTO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GTO  10話 簡単感想:

» GTO 第10話 [ドラマハンティングP2G]
第10話「新校長の陰謀学苑と生徒を守れ!」2012年9月4日放送 「学苑に近づけば、2年4組の生徒たちを全員退学処分にする」新校長・大門から生徒への関与を禁じられた英吉は、助けを求める草野の力になってやれず… これまでの鬼塚英吉(AKIRA)の破天荒な行いが何者かの…... [続きを読む]

» GTO (第10話・9/4) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ系ドラマ『GTO』(公式)の第10話『新校長の陰謀学苑と生徒を守れ!』の感想。なお、原作の藤沢とおる氏の漫画『GTO』は未読、反町隆史主演ドラマ『GTO(1998年)』と映画版『GTO(1999年)』は視聴済み...... [続きを読む]

» GTO 第10話 [レベル999のgoo部屋]
『新校長の陰謀学苑と生徒を守れ!』 内容 学苑を去った鬼塚(AKIRA) そんななか、学苑に校長として大門美鈴(西田尚美)が赴任してくる。 かつて桜井(黒木瞳)から指導を受け、絶対的管理教育で 学校再建のエキスパートと呼ばれる美鈴。 菊地(高田翔)は、そん...... [続きを読む]

» GTO #10〜担任・大門(西田尚美)が草野(鈴木伸之・劇団EXILE)を停学処分‥ [世事熟視〜コソダチP]
GTO 第10話 「新校長の陰謀 学苑と生徒を守れ!」 初回から9話目の”雅エピソード”に至る『2年4組物語』とは別物の『GTO:大門校長編(前後編)』になっちゃったから、麗美(本田翼)と雅(川口春奈)の出番が少なくて淋しいわ〜〜。 とはいえ、大門校長(西田尚美)と菊地(高田翔・ジャニーズJr.)という”もののけの血”(『平清盛』的表現)が流れていそうな母子の、デフォルメされた不快感が半端なくて、それなりに面白かった。 菊地=高田翔のメガネの奥の粘着質の目つきにイラッとくるもの・... [続きを読む]

« 平清盛 #34「白河院の伝言」 | トップページ | 薄桜記 第8回「両成敗」簡単感想 »

作品一覧