2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年8月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第30話  「メサイア シャットダウン」 »

2012年9月16日 (日)

平清盛 #36「巨人の影」

公式サイト

まだ遮那王は自分の出生を知らなかったのね・・・加速スイッチ。これはネタ?(笑)

1169年清盛は福原(神戸)の別邸に後白河上皇(松田翔太)を招き、千僧供養をおこなった。
<中略>
清盛は大輪田泊の改修に本腰を入れるため、福原に移住。京の留守は任せたと、嫡男・重盛(窪田正孝)に平家の棟梁の座を譲り渡す。(公式サイトより)

簡単に感想を書きます。
粗筋は公式をご参照ください。

今回も「千僧供養」などわからない単語がありましたが、もう、調べないでわからないまま、書きます。

叡山延暦寺の明雲と清盛の親密な様子に警戒する後白河。
清盛が都を留守にすることにほくそ笑む摂関家。
清盛は、もっと広い世界を見ているのですが。
西光は清盛の思惑を見抜いているのですが、信西のアイデアを真似しているとしか受け取れられない。
滋子様は豪傑。
重盛にとってはその豪傑ぶりが清盛と同じく大きなプレッシャーになっているのでは。しかも自分とは血は繋がっていないのです。
後白河のお気に入り、成親はそんな重盛を安全パイとして擦り寄りつつも馬鹿にしています。

棟梁の座を譲られた重盛。

一族の、自分が棟梁として相応しいかどうかを見定める目付きが気になる様子。
清盛だって棟梁になった当時は、皆からあからさまに忠盛と比べられていたのです。超えねばならない道なのですが。

後白河の自らの力を誇示しようとする動きに牽制を入れるように求められますが。それは無理だよね・・・
経験が浅いこともありますし。
では経験を詰めば棟梁としての存在感を示すことができたのか。父亡き後、源氏の攻勢を食い止めることができたのでしょうか・・・それは永遠の謎です。

清盛の巨大な影。
清盛とは器が違う、というより性格、得意な分野が違うように感じました。
しかしそのことを認める、という発想は重盛にはない。
武士の棟梁の長子と生まれたからには棟梁になるのが当然。また、その地位を放すには、プライドが大きすぎるし、父の期待にも応えたい・・・
良いブレーンがいなさそうな気がするのも気になります。

清盛は、自分の経験値から、重盛が跡継ぎとしてのプレッシャーを乗り越えれるものだと信じているようです。
重盛の危機を救ったのも、かつて忠盛がしたことと同じなのですから。

再び叡山延暦寺の強訴をうけ緊張する都。
六波羅に集められるだけの兵を集めるが決して動くなと、重盛、頼盛に命じる清盛。
平家は何をするつもりなのか。集められた平家たちにも意図がわからない中、院と摂関家が六波羅の館を訪れ、重盛を問い詰めます。
答えられず、窮地に陥る重盛。

そこに福原にいるはずの清盛が現れます。
兵を集め訓練するのは日常のこと。
静かな迫力で威嚇行動を成功させました。

と、いうことで、清盛の大物ぶりが際立った今回。
港の地図を見る時の老眼を表す一瞬の仕草が、印象に残りました。

ここまで来るのに随分かかりました。
その、随分、という時の流れを感じることが、大河の醍醐味のひとつでしょう。

なんとか政の主導権を握ろうとする後白河。
院ではなく、帝の元に押しかける、したたかな明雲。
次第に意見が食い違っていく摂関家兄弟。
相変わらず宗盛を焚きつける時忠と、宗盛の不安定な表情も気になります。
そしてうまく宮廷を泳いでいた成親がついに失脚しました。恨みは深そう。
頼朝は相変わらず物の怪状態でした。

それぞれの思惑が静かな緊張感を紡いでいて、面白かったです。
大きな戦がなくても充分にドラマになっていました。

次回は殿下乗合事件。
色んな説のある事件です。このドラマではどう描かれるのか、楽しみです。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年8月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第30話  「メサイア シャットダウン」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

>武士の棟梁の長子と生まれたからには棟梁になるのが当然。また、その地位を放すには、プライドが大きすぎるし、父の期待にも応えたい・・・
良いブレーンがいなさそうな気がするのも気になります。

そうなんですよねぇ…
清盛くんは散々、誰の子じゃとか泣きわめいてましたが、それを受け止めてくれる
友達もライバルもいたわけですが、重盛くんはどうも孤独です。
あんなに兄弟はいるのに、ちっとも打ち解けられる人はいないし、
盛国みたいな右腕もいない。可哀想すぎます。
来週はますます心配…もう予告だけでこっちの胃が痛くなりそうでした (´・ω・`)

遮那王はスペック使ってる感じでしたよね^^;

くうさん こんばんわ。

>重盛くんはどうも孤独です。
ああ、そうですね、義朝も信西もいないんですよね。
たった一人の同母弟、基盛も亡くなってしまいましたし・・・
同じく母を同じくするたった一人の兄を失った頼盛は正妻の子で、大分あとまで母と同居してましたものね。
いっそのこと泣きわめくことができれば。でも、できない重盛に人間的な悲劇を、そして清盛の業の深さも感じました。
次回以降、ほんと、心配です。

>遮那王はスペック使ってる感じでしたよね^^;
あっSPEC。今頃思い出しました~
瞬間移動っていうとまず009を思い出しちゃって(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #36「巨人の影」:

» 『平清盛』 第36話「巨人の影」 [英の放電日記]
前半部分は面白かった それぞれの思惑  清盛……福原の港の整備を進めるが、重盛の清い心を思い案じる  後白河院……清盛の真意に気づき、対抗するため出家し法皇となる  重盛……平家の頭領を任されるが、現正妻の実子ではないことに負い目を感じる  滋子……平家と後白河院...... [続きを読む]

» 【平清盛】第36回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
福原に居をうつした清盛(松山ケンイチ)は、京を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せる。 後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。 しかし、院の近臣・成親(吉沢悠)を巡って起こった比叡山の強訴騒ぎに...... [続きを読む]

» 平清盛 第36回 巨人の影 [レベル999のgoo部屋]
『巨人の影』 内容 福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、 延暦寺の明雲(腹筋善之介)を招き、千僧供養を執り行った。 そして嫡男・重盛(窪田正孝)に家督を譲ってしまうのだった。 その供養には後白河上皇(松田翔太)も招かれ、清盛の画策を確信していた。 一...... [続きを読む]

» 平清盛 第36回「巨人の影」★カリスマが無い重盛(窪田正孝)が巨人の影で‥。 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第36回「巨人の影」 巨人はまた阪神に勝っちゃいました・・・「巨人の影」とは関係ない。 −◆− 遮那王(神木隆之介)は、母・常盤(武井咲)の言いつけを守り、熱心に修行を積んでいた・・・。 前回のラストに続いての神木隆之介君の顔見せ・・・。 −◆− 後白河上皇(松田翔太)の意を受けた藤原成親(吉沢悠)が、平家の内情を探るべく棟梁の座に就くこととなった重盛(窪田正孝)と酒を酌み交わします。 重盛「はたして自分に棟梁が務まるのか」 表向きはいい顔をして義理の弟・重盛を... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第36回「巨人の影」 [よくばりアンテナ]
1日遅れの感想となってしまいました・・・ 嘉応の強訴という事件のようです。 あらすじはコチラ なんというか、ゴッシーは政治家としてはダメダメですね。 出家して頭を丸めるんだけれど、妖怪っ...... [続きを読む]

» 平清盛「巨人の影」 [blog mr]
 まさにタイトルどおりのエピソード。  ちょっと重盛が気の毒になったり。  彼には義朝も盛国もいないからなぁ…。  雪で滑る坊さんを支える遮那王にニヤニヤ。  いや、俺には馴染みのある表現だが、大河のメインターゲットには違和感あるだろうなぁ。  飛ばされる成親の顔が迫力。 ... [続きを読む]

» ひとりの女医の軌跡 ~梅ちゃん先生・再会感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
梅ちゃんは出産もして、これからと言ったところだけど、 まさかとなりに総合病院が出来るとは・・・。 医者としての出発点のカギだったヒロシとも再会。 まさか製薬企業のMRになっていたのはね。 熱心な...... [続きを読む]

» 後白河法皇との対立 ~平清盛・巨人の影感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
遮那王を演じるのは神木隆之介。 義経に次ぐ二度目の義経役か。 雰囲気はまさしく義経だけど、タッキーより子供っぽさを感じる。 清盛は出家して以降、重盛に位を譲って福原に居を構えて院政もどきを楽し...... [続きを読む]

« 2012年8月の読書 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第30話  「メサイア シャットダウン」 »

作品一覧