2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年7月の読書 その2 | トップページ | 仮面ライダーウィザード #01「指輪の魔法使い」 »

2012年9月 4日 (火)

特命戦隊ゴーバスターズ 第28話  「ニワトリに注意せよ!」

公式サイト

週末バタバタしていたので、簡単に書きます。

オープニングが一新、エンディングもリニューアルされてました。
エンディングは、今まで通りエンジニアさんたちも参加させて欲しかったかな・・・

先週、エンターさんが生体プログラム研究所で失敗したことが、効果があったらしく、メサィアも新たな段階に入ったそうで、エンターさんはご満悦。これで自在に育てることができる。
逆にエスケイプさんがメサィアと繋がらなくなって、ご立腹。

定番でありながら、少し変則的な入替モノでした。
ブルーさんがエンターさんに、なんていうファン心をくすぐる心憎い演出もあって、面白かったです。メタロイドは自分の知っている限りの人間(体)に塗ったのね。
レッドさんも頑張っていました。トラウマ・・・(笑)
最後のロボ戦も含めてJのボケっぷりが炸裂、ペンキが水性ってのも馬鹿馬鹿しくって良かったです。

今までのコミカルテーストな話はどれも今ひとつ真面目すぎた気がしたのですが、今回は
テンポも良く、画そのものが弾けていました。こういう話は大好物です。今までで一番笑ってしまったかも。

でも、そこは小林さん。
楽しいだけでは終わらない。

ゴグとマゴク・・・レッドさんのお母さんが大事にしていた犬の置物を同じ名前、なんていう伏線を投入。
ここでびっくりしているうちに、ラストは亜空間にあるセンパイのエネトロンが全部ヴァグラスなのか、メサィアなのかに持っていかれたという大暗転で続く・・・。
あのお馬鹿なメタロイド騒動そのものが陽動作戦だったとは。やられました。
リカさんが絵本で賞をとる、というおめでたい話から、スプラスティックな映像になって、最後はシリアスで終わる。
グレードの高いお話でした。

次回はいよいよ亜空間の謎の一端が明らかになり、突入するのでしょうか。
気になります!

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #24 #25 #26 #27

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年7月の読書 その2 | トップページ | 仮面ライダーウィザード #01「指輪の魔法使い」 »

△特撮:特命戦隊ゴーバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ 第28話  「ニワトリに注意せよ!」:

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission28 ニワトリに注意せよ! [レベル999のgoo部屋]
『ニワトリに注意せよ!』 内容 ヒロム(鈴木勝大)の姉・リカ(吉木りさ)が、挿絵を描いた絵本で賞を取った。 受賞会場に向かう途中、メタロイドの出現を確認。 ヒロムとニックは、メタロイド“スプレーロイド”のもとへと向かうのだった。 が。。。そのスプレーロイド...... [続きを読む]

» ゴーバスターズ「ニワトリに注意せよ!」 [blog mr]
 塗りかえられちゃった面々の芝居が楽しいが、特にヨーコになってしまったヒロムがおかしい。表情なんかいつものヒロムと全然、違う。ヒロムになってしまったニックも、変身しようとしてるときにその気になってるのがおかしい。何する気だったんだ。  ヒロムヨーコに蹴飛ばされるエンターリュウジが気の毒。  Jの乱暴さが、等身大戦でも巨大戦でも貫かれてるのもおかしい。あぶねぇやつだな。  それにしてもゴクとマゴクがそんなところでつながってくるとは思わなかった。無駄がないなあ。 ... [続きを読む]

« 2012年7月の読書 その2 | トップページ | 仮面ライダーウィザード #01「指輪の魔法使い」 »

作品一覧