2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« GTO  9話 簡単感想 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第7話 簡単感想 »

2012年8月30日 (木)

るろうに剣心

2012年製作 日本 134分 

公式サイト

原作:和月伸宏「るろうに剣心」(集英社)
監督:大友啓史/脚本:藤井清美、大友啓史/アクション監督:谷垣健治/音楽:佐藤直紀/撮影:石坂拓郎/美術:橋本創/エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦/プロデューサー:畠中達郎、茨木政彦、高橋誠、内藤修、喜多埜裕明/製作総指揮:ウィリアム・アイアトン(ワーナー) 
出演者:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、窪田正孝、田中偉登、須藤元気、奥田瑛二、江口洋介、香川照之 他

@TOHOシネマズ

原作は未読。知識は映画公式サイトで仕入れたくらいしか持ち合わせずに、観に行きました。

見たばかりなので、まだ自分の中で全くまとめきれていないのですが、早く書かないと他の方たちのブログを覗きにいけないので(汗)、ネタバレなしの感想を、思いついたまま書いておきます。
時間がたってから追記するかもしれません。

.

原作を知らないので、違いを気にすることなく気楽に観れました。
万が一コケていたらどうしよう、と、若干の不安を抱いていたのですが、予想していたよりもうんと面白くて、ほっとしました。

まさしく、そして正しい少年漫画の映画化だったと思います。
また、監督がこの映画について語っていた中にあった「殺陣ではなく、アクションである」という言葉にも納得しました。
無国籍風な風俗描写は賛否両論でしょうが、本格時代劇を目指した映画ではない、むしろ真っ向勝負を挑んだ映画だと思って観ていたので、これはこれでありでした。
海外市場も狙っているんだろうな、とも。売れたらいいのですが。

「龍馬伝」ぽい青いトーンでした。音楽も「龍馬伝」。武田観柳のテーマが好きになりました。ワルツが好きだからかもしれません。

ストーリーより瞬間瞬間のキャストたちの表情やアクションなど、映像が記憶に残りました。
深い話にしようとすれば、いくらでも深くできる題材でしょうが、あくまで少年漫画である、という矜持で描ききった作品だと思います。
日本映画にありがちな中だるみや、センチメンタルな部分があまりなかったのも好印象です。
個人的には、ラストの対決はちょっとたるんだような気がするのですが、これは好みでしょう。
うーん、ヒロインの見せ場も作らないとね、って感じちゃったんですわ、すみません。(汗)
.

長い長い原作の映画化ですので、各キャラの背景は、ほとんど描かれていません。
しかし、キャストの皆さんの佇まいで、原作を知らずともそれとなく推察できるように描かれているので、不満は感じませんでした。
逆に言うと、キャスティングによって深く感じるキャラとそうでないキャラの差はあったような気がします。

さすがだな、と感じたのは高荷恵役の蒼井優さん。一瞬の表情で、過去の重さを感じさせてくれました。
武田観柳役の香川照之さんは、漫画的世界から抜け出てきたような悪役を楽しそうに振り切って演じられていました。自分の役割をよく把握されているのは、さすがです。妙にシリアスだったら作品のトーンが迷走したでしょう。
相楽左之助役の青木崇高さんもまた同じく。スタンスをよく把握されていて、ガラがぴったりというか、気持ちのいい暴れっぷりでした。
外印役の綾野剛さんは、いい人キャラが増える前の綾野さん。(笑)
こういう役が実に良く似合います。

明神弥彦役の田中偉登さん、どこかで見たことがる、と思ったら、「13歳のハローワーク」のテッペイでした。
映画の中での役の大きさから見ると、他のキャストを差し置いて彼がポスターに登場するのはちょっと謎だったのですが、彼を載せることで少年漫画の映画化であることを強調したかったのかな、と。そう見ると、どこか懐かしい感じがするポスターでもあります。
原作では後々のキーマンになる人物、というのは、後で知りました。

その他、印象的だったのは、剣心に斬られる侍役の窪田正孝さんでした。剣心に人斬り稼業に対する疑念を抱かさせる人物として、わずかな登場シーンの中で説得力を放っていました。

.

主役の佐藤建さんについては。

アクションは、言うことはないもありません。格好いいし、凄かったです。宣伝に偽りなしです。
絡んだ人たちがまた、素晴らしかったです。

キャラについては。
少し良太郎的要素が入っていたように思いました。
ワンパターンという意味ではありません。

監督、俳優問わず、デビュー作には自分の中の特質がカオスであろうとも込められていると思うのです。
ですので佐藤さんが、俳優としての自覚を持って撮った初めての作品、と言う意味でのデビュー作である「電王」でのスタイルがルーツであることは、ある意味当然だと。
本作では、良太郎役ですでに表現されていた、明るさの中にひやっとする暗さを持った少し歪なキャラが、より進化していたと思います。
それこそが監督が求めたものだったでしょうし。

後、「龍馬伝」ではほとんど描かれなかった岡田以蔵の人斬りシーン、もし撮っていたら、こんな感じになったのかもしれない、とも思いました。

ビジュアル面では、「BECK」も美しかったですが、本作も美しかったです。アクション、プロフィル全てが。これは親心的に、とても嬉しい。(^^)

一番好きなシーンは、武田邸庭園での大乱闘を制し、いよいよ屋敷に乗り込む剣心と左之助のツーショットです。
最後の敵をすらっと倒す剣心、それを眺める左之助。
二人の間の空気感に嘘がないんです。
複数のカメラで同じシーンを同時に撮る方法だから撮れたシーンだったかも。
.

宣伝通りの作品です。
こういうジャンルの作品が好きな人、佐藤さんをはじめとする主要なキャストのファンの人にお薦めします。
自分はもう一度観に行くかもしれません。

そして。
この作品を京都の撮影所で撮ってくれたことに、感謝。

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« GTO  9話 簡単感想 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第7話 簡単感想 »

*DVD・映画・観劇 ら、わ行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第3クール」カテゴリの記事

コメント

きゃートラバが飛んでいてビックリしました@@;;
昨日、何回か飛ばさせていただいたのですが失敗ばかりだったので
飛ばないなと思ってあきらめていたのに~。
(seesaaはトラバが成功か失敗かが表示されるのです)

もしかしたら3つ4つ飛んでいたのでは…すいませんでしたー!

>ストーリーより瞬間瞬間のキャストたちの表情やアクションなど、映像が記憶に残りました。

ですよね。おかげで私は「龍馬伝」ばかり思い出してましたわ( ̄∇ ̄;)
まさしく正しく少年漫画の映画化でした。
これを見ながら、なぜか「スラムダンク」をもし実写化するならこのスタッフで…
と思ってました。

とにかく、NHKを抜けた大友監督がこの後もどんな活動されるのか
期待に胸が膨らみます。
「プラチナデータ」も絶対に行きます^^

くうさん こんにちわ。

飛んでましたよ~。
seesaaさんとココログさんは相性がいいので、嬉しいです(^^v

ココログもトラバの成否がわかるので、seesaaに飛ばした時、あ、これは失敗したかな、と思って確認すると無事載ってたりします。
私のところはトラバをすぐに反映しないシステムをとっているので確認できないですよね、お手数をおかけして申し訳ありません。
私の方はいくつ送っていただいても全く大丈夫なのですが、送られる方が大変。m(_ _)m

>ですよね。おかげで私は「龍馬伝」ばかり思い出してましたわ( ̄∇ ̄;)
「龍馬伝」の雰囲気が映画になったら、そう、こんな感じっていう映像でした。
ロケも多かったし、スケール感があって、それだけで満足ですわ(^^;;

「プラチナデータ」、面白そうですね。
どんな映像を見せてくれるのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: るろうに剣心:

» 【るろうに剣心】大河ドラマ「龍馬伝」ファン的オタク感想 [映画@見取り八段]
るろうに剣心      監督: 大友啓史    出演: 佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、奥田瑛二、江口洋介、香川照之、田中偉登、斎藤洋介、平田薫、永野芽郁、平山祐介、深水元基、本田大輔、岡本光太郎、山崎潤、矢柴俊博、阿南敦子、…... [続きを読む]

» 『るろうに剣心』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心」□監督 大友啓史 □原作 和月伸宏 (「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」)□脚本 藤井清美、大友啓史□キャスト 佐藤 健、武井 咲、吉川晃司、蒼井 優、江口洋介、青木崇高、香川照之■鑑賞日 8月25日(土)■劇場 TO...... [続きを読む]

» るろうに剣心 : きれきれの殺陣を堪能 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、食品衛生責任者の講習を受けてまいりました。実生活においても、役立つ知識が身に付く有意義な講習でした。では、本日紹介する作品は、有意義な時間を過ごせたこちらの [続きを読む]

» るろうに剣心(2012-111) [単館系]
るろうに剣心 MOVIX川口 幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた 剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人と なっていた。 流浪の旅の途中、剣心...... [続きを読む]

» るろうに剣心 [RISING STEEL]
るろうに剣心 2012年 日本映画 監督:大友啓史 アクション監督:谷垣健治 原作:和月伸宏 脚本:藤井清美  大友啓史 キャラクターデザイン:澤田石和寛 撮影:石坂拓郎 美術:橋本創 編集:今井剛 音楽:佐藤直紀 主題歌:ONE OK ROCK VFXスーパーバイザー:小坂一順 出演:佐藤健  武井咲...... [続きを読む]

« GTO  9話 簡単感想 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第7話 簡単感想 »

作品一覧