2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第27話  「暴走コンビで迷宮脱出!」 | トップページ | 薄桜記 第7回 「殿中刃傷」簡単感想 »

2012年8月27日 (月)

仮面ライダーフォーゼ #48 最終回「青・春・銀・河」

公式サイト

詳しい粗筋は公式をご参照下さい。

簡単に最終回の感想とシリーズ総括を書きます。

賢吾が残した手紙の概略は。

ユウキには、君がいなければフォーゼシステムもアストロスイッチも完成できなかった。
そして料理がつくれたことに安心したと。
これは微妙。密かなる告白なのかそれとも保護者スタンスなのでしょうか?

美羽様には、そのまま突き進んで欲しい、そして大文字先輩には、美羽様に相応しいのはあなたしかいない、と応援。
JKには、本心を隠すことで自分を守るところが僕に似ている、でも隠す必要がないほど強くなった。
友子には、君の直感に何度も助けられた。入部をきっかけに人との関わり方を知った。その生き方を大事にして欲しい、と。

流星には。君とはもっと話がしたかった・・・ですよね、ほとんど修学旅行以外、ほとんど普通の会話をしてなかった気がします。でも、流星の友を思う真直ぐな気持ちと行動力は認めていた、ということでした。

そして弦太朗には。
君は俺の親友だ。ただ一言、ありがとう、と。

この手紙の中で一番重要な部分は、我望に関することでした。
もし、僕が我望に消されても、彼を恨まないで欲しい。
恨まずに、ただ、彼を止めて欲しい。我望の絶望に光をあたえてくれ。君たちならきっとできる。

賢吾の言葉通り、弦太朗たちは我望と戦った後、我望とダチになります。
我望は、プレゼンターに会う望みを弦太朗たちに託して、消えました。
立神は校長と同じく、最後までが我望に忠誠をつくして散りました。校長と違うのは、格好良く散ったところでしょうか。(笑)

結局、歌星、江本、立神、校長と、全ての絆を自ら切り捨ててしまった我望は、最後の最後に弦太朗と新たな絆・・・ダチを作れた、ということなのでしょうか?
賢吾の言う、我望の絶望とは、プレゼンターに会えなくなってしまったこと?それとも絆を全て失ったことに気づいた時のことだったのでしょうか。よくわかりませんでした。

さて。天校は理事長、校長不在のまま、教師たちが力を合わせて守ることに。
佐竹先生も遙先生もいるのに・・・園ちゃんは復帰しなかったのね。

大文字先輩、美羽様を射止めるにはまだまだ苦労が続きそうです。ライダー部は卒業したのね。ドラマ中ではわかりませんでした。
流星はやっと昴星高へ帰っていきました。友子とはうまくいきそうです。

賢吾がいなくなったのに手紙を持っているのは辛い、と投げ捨てようとする弦太朗。
それを止めたのは、賢吾でした。

賢吾によると、我望が消え去る前にアクエリアス・ゾディアーツとなりコアスイッチを再生。そのおかげで賢吾の肉体も復活したようだ。しかも、頭痛もなくなっており、人間になっている可能性も…。(公式より)

ふーん。アクエリアスね。なるほど。

ラビットハッチはなくなったけれども、全快した蘭とハルを迎え、部旗も新たに、ライダー部の新たな歴史が始まる。

「次は宇宙人ともダチになるぜ!」

.

.

.

プレゼンターに会うために生徒たちをモルモットにして自分を進化させ、ダークネビュラのために地球が破壊されることを何とも思わない、我望。

手段は悪ですが、悪に身を任せるに至る我望の葛藤がわからないので、何とも感想に困ると言うか。(汗)
巨悪じゃないんですよね。だからダチになる、という平和的なラストを迎えることができたわけではありますが。
なんなんだろう、この気の抜けた感じ。(汗々)
我望、江本、歌星。この三人の関係もわかったようでよくわからなかったです。
特に歌星。
ま、じっくり脳内補填することにします。

そして。
結局主人公の弦太朗とは、何者だったのか。
フォーゼにはなるべくしてなったのではなく、単なるなりゆきだったのか。
それとも、弦太朗の、ダチを作る、という熱い思いが賢吾と引き合わせたのか。

多分後者だと思うのですが、だとしたら弦太朗が熱い思いを持っているからこそフォーゼに変身するのだ、ということを、賢吾を交えて、様々なエピの中で繰り返し描いても良かったのではないでしょうか。

でも、賢吾は途中で埋没しちゃったし、弦太朗のバックボーンもうやむやになっちゃったし。
前回の感想にも書きましたが、弦太朗はWの翔太郎的な存在でした。
賢吾はフィリップってことなんだろうけれども、それにしては途中、サブキャラすぎたような気がします。
それでも存在感を失わずにいれたのは、すなわち高橋さんの存在感の賜物でしょう。

東映公式に掲載されている、福士さんのコメント

「僕はもっと弦太朗のことが知りたいので」

もう、この言葉につきるといっていいのではないでしょうか。

これも何度か書いたことですが、流星の方が、彼に関係するストーリーが多かったため、存在感がありました。
それはそれで面白かったからいいんですけれども、弦太朗が不憫に思えて。
流星を演じられた吉沢さん、コミカルな演技から本格的なアクションまでこなしておられて、印象に残りました。
比べて弦太朗は陰影もなく、キャラそのものが書き込まれていなかったため、福士さんがお気の毒だったかなぁ、とも。

などなど、色々突っ込みましたが、「ダチになる」というテーマが貫かれていたこと、明るいトーンの学園モノだったこと、レギュラー陣も粒がそろっていたので、1話1話は安心して楽しめました。
この楽しさがあったからこそ、我望の改心、賢吾の復活もわりとすんなり受け入れることができたと思います。

ラスト、謎があまりにバタバタと展開したので、見ていて盛り上がる暇がなかったのは残念かなぁ。タメがなかったというか、すらっと終わっちゃった、みたいな。
でも、キバやらディケイドに比べれは、まとめようとする気力は伺えました。(滝汗)

設定が舌ったらずなのは毎度のことですし、今回のシリーズには大きなカタストロフィは期待していなかったので、最後まで楽しく突っ走ってくれただけで、満足です。

スタッフの皆さん、キャストの皆さん、1年間、楽しかったです。ありがとうございました。
今後の皆さんのご活躍を期待しております。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32  #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46,#47

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第27話  「暴走コンビで迷宮脱出!」 | トップページ | 薄桜記 第7回 「殿中刃傷」簡単感想 »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーフォーゼ #48 最終回「青・春・銀・河」:

» 仮面ライダーフォーゼ 第48話(最終回) 青・春・銀・河 [レベル999のgoo部屋]
『青・春・銀・河』 内容 サジタリウス我望(鶴見辰吾)によりコアスイッチが破壊された。 と同時に、賢吾(高橋龍輝)の体は消滅してしまう。 その直後、レオ立神(横山一敏)によりラビットハッチが破壊され、 弦太朗(福士蒼汰)たちは、全てを失ってしまうのだった。...... [続きを読む]

» フォーゼ最終話(48話) 青・春・銀・河 [ぎあ魂なblog]
【登場ライダー[ステイツ]】 ・フォーゼ[ベース/エレキ/ファイヤー/マグネット/コズミック/ロケット] ・メテオ[メテオ/メテオストーム] 【使用スイッチ】 ・フォーゼ ●:【1】ロケット/【10】エ...... [続きを読む]

» フォーゼ「青・春・銀・河」 [blog mr]
 卒業式のシーンを見てて、感覚が決定的に違うんだな、と思った。  前に、黒いユウキのエピソードで、ライダー部が袋叩きにしてるように見える、と書いたが、今回もそれと同じ。ぶっちゃけ、不快な図。  スープの件はなんか意味を読み取らなきゃいけないのだろうか。食ってるシーンについては、弦太朗らしい、という気はしたけど。  賢吾を助けたことと同じ、理事長なりの思いやりか。モルモットに思いやり…?  突然、恨むな、とかいうのが出てくるのも引っかかった。確かに、理事長は世界征服しようとしたわけではないんだけど... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ最終話「青・春・銀・河」 [OPUS MAGNUM]
今回は最終話「青・春・銀・河」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ最終話「青・春・銀・河」で! とうとう終わってしまいました。 仮面ライダーフォーゼ。 まず、今回の終わり方は良かったですね。 今までと違うというか。 まさか、最後にラスボスと握手をして仲良...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ 第48話「青・春・銀・河」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダーフォーゼの最終話を見ました。 第48話 青・春・銀・河 弦太朗は賢吾と友情のシルシをかわすと、メテオの光球に包まれながらラビットハッチへと向かい、窓からフォーゼドライバーで旅立...... [続きを読む]

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第27話  「暴走コンビで迷宮脱出!」 | トップページ | 薄桜記 第7回 「殿中刃傷」簡単感想 »

作品一覧