2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 東野圭吾ミステリーシリーズ 第1話、4~7話 簡単感想 | トップページ | 平清盛 #33「清盛、五十の宴」 »

2012年8月25日 (土)

仮面ライダーフォーゼ #46「孤・高・射・手」、#47「親・友・別・離」

公式サイト

こちらでは2週間ぶり。視聴モチベーションが下がるのは予想通りというか例年通り。
ま、ぐずぐず言っていても仕方がないので、簡単に感想を。

まず46話から。

急展開でした。

江本が残したデータで全てを知った賢吾。
一方、ビスケスから最後のスイッチを奪ったサジタリウスは。

12個すべてのホロスコープス・スイッチをセット。ついに巨大なダークネビュラを作り出し、ワープゲートからプレゼンターのもとへと旅立とうとする。
何も出来ずにサジタリウスの、我望の野望を見届けるしかない弦太朗たち。
しかし、そこへ賢吾が現れた。
「サジタリウスがワープゲートを開くために12個のスイッチを使う時、お前の攻撃力はゼロになる」。
それが賢吾が江本のデータから発見した秘密=サジタリウスの弱点だった。(公式サイトより)

その情報を元にサジタリウスを阻止しようとするフォーゼとメテオの間に立ちはだかるレオとリブラ。

「我望様、見ていただきましたか、私の存在の重さを。」

最期は我望に身を捧げた校長。まさかの初志貫徹でした。

その死を当然と受け流すビスタリウスに怒り爆発の賢吾は、謎のエネルギーでダークネビュラを消滅させます。

蘭とハルのエピは記憶のかなたに飛んじゃっていました。(汗)
学校を作ったのも全ては我望の目的達成のため。
校長曰く、フォーゼとメテオも、ゾディアーツ発生の刺激剤として容認していたそうです。
天高がゾディアーツ養成場だったことに怒り心頭の弦太朗。

「俺たちの青春は俺たちのものだ。それを汚す奴は、俺は絶対に許さない。」

そして47話。

賢吾の正体が明かされました。

20年前、我望と賢吾の父・歌星緑郎(風間トオル)は、プレゼンターが他の惑星の知性体との接触のためにばらまいたコアスイッチを月面で発見。共同研究を進めていたが、やがてフォーゼ・システムによる安全なワープ航法を開発しようとする歌星と、ゾディアーツ・スイッチによる人類の強制進化を進める我望は対立することになる。
そして、我望は江本(山崎一)を使い、歌星とコアスイッチを排除…したかに見えたが、彼らはコアスイッチからコアチャイルド=賢吾が生まれたことを知らなかった。

コアチャイルドとは人間ではなく、惑星で接触した知的生命体の形を真似て、その文明を吸収。プレゼンターの母星へと持ち帰ることを目的としたもの。地球でいえば、賢吾は人間のサンプル、ということになる。(公式サイトより)

えらく詰め込んできました。大杉先生じゃないけれどもキャパオーバー。

でも、これがこのシリーズの全てなんですね。
賢吾が当初とっつきにくかったのも辻褄が合います。
弦太朗との付き合いも、最初は無意識のうちであっても、友情という感情をサンプルするための行動だったのかもしれません。
ユウキを意識していたような態度、あれも感情のサンプル収集の一つだったのかもしれない。

そう、いままでのエピソードのほとんどが賢吾が人間に近づくためのものだった。
いぢわるく言うと、2時間前後のドラマでも描けたような話かもしれません。
でも、この1年間の歩みがあたったからこそ、弦太朗、賢吾、ユウキの三人の友情にぐっとくるし、賢吾の消滅にショックを受けるわけで。
この気持ちは、1年間見続けた者にしか味わえない・・・ちょっと急展開すぎてあっけにとられてはいますが。(爆)

コア・チャイルド、というドラマの根幹に関わるキーワードを、最終話近くでねじ込んできたことを、すんなり受け入れられるかどうかは人それぞれでしょう。
コアチャイルドありきで話を作り上げていたことはわかるのですが、ちょっと唐突すぎると思うか、それとも途中でちら見せして長々と引っ張るよりはすっきりしていたと思うか。

それから・・・
我望の野望ってプレゼンターに会うこと・・・プレゼンターってなんなのかなぁ。会ってどうしたいんだろう。
人類の強制進化に何の意味があるのでしょうか。

かつ、主人公、弦太朗はどういう存在だったのでしょうか。基本的にはWの翔太郎と同じスタンスなのかな?

濃密な回だったからもっと考察してみたかったのになぁ。この考察、というのはライダーシリーズの醍醐味でもあると思ってますし。

最終回を見てから、考えたいと思います。

大杉先生、ここへきて体をはって生徒たちを助けようとしてました。
最初は気持ち悪かったのに(笑)、今や、天高の教師たちの良心になっていました。
それから、友子。お化粧がスッキリして可愛くなった?恋のパワーでしょうか。

我望の出会い、立神はあったのに、校長のはカットされちゃったのね。どこまでもお気の毒感漂うキャラでした。
.

蛇足として。
映画関連のお知らせ、必要なのはわかるけれども、あのシーンで出すこたぁないでしょう。(怒)
これも関西だけなんでしょうか。←かなりやさぐれています。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32  #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 東野圭吾ミステリーシリーズ 第1話、4~7話 簡単感想 | トップページ | 平清盛 #33「清盛、五十の宴」 »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 仮面ライダーフォーゼ 第47話「親・友・別・離」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダーフォーゼの第47話を見ました。 第47話 親・友・別・離 最後のピスケス・スイッチまでも我望のもとへと集まり、巨大なダークネビュラを作り出してワープゲートからプレゼンターのもとへ...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ第47話「親・友・別・離」 [OPUS MAGNUM]
今回は第47話「親・友・別・離」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第47話「親・友・別・離」で! とうとう歌星賢吾の素性が解りましたね。 歌星賢吾は人間ではなく、コアスイッチから生まれたコアチャイルドという存在でした。 父親と言われていた歌星緑郎は、...... [続きを読む]

« 東野圭吾ミステリーシリーズ 第1話、4~7話 簡単感想 | トップページ | 平清盛 #33「清盛、五十の宴」 »

作品一覧