2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 薄桜記 第4回 「高田馬場」簡単感想 | トップページ | GTO  6話 »

2012年8月 8日 (水)

平清盛 #31「伊豆の流人」

公式サイト

1164年、伊豆・蛭ケ小島(ひるがこじま)。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともにひっそり暮らし、地元の豪族・伊東祐親(すけちか・峰竜太)は頼朝を厳しく監視していた。
京の清盛は、日宋貿易実現に向け、朝廷での力をのばして港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。(公式サイト)

前回から3年ほど経ちました。
以下、バラバラと感想をメモっておきます。

相変わらず親子仲の悪い王家。
政治が絡むと余計にややこしくなるんでしょう。利権目当ての取り巻きが派閥を作ってますし。
やる気がある帝だったら、悪名高ききまぐれ者の院に口を挟まれるのは我慢できないことだったかも。政治的なパートナーとしてやりやすい人では絶対にないですから。
また、蓮華王院に行かなかったのは政治的なことだけでなく、人として相容れなかったのでしょう。
このあたりの二条帝の気持ち、及び聡明あったと言う由来を、この時代のことがよくわからないので、もう少し描いてくれても良かったかな、と思いました。
白川院と鳥羽院、鳥羽院と崇徳院の確執のようにドロドロと描かれても困るのですが。(汗)。

後白河院は、かつて自分が拒絶した崇徳院と同じように無聊を囲むことになります。
しかし、後白河院は崇徳院のように自滅しなかった。

鳥羽院と崇徳院の時は和解に動いた清盛ですが、動きませんでした。
それどころか取り持とうとした重盛を叱責します。
あの院に、二条帝の気持ちは通じない、と諦めている・・・つまり、院の人間性に危惧を抱いている。
その気持ちは帝と一緒、ということなのでしょうか。
どちらにしても、後白河院とは距離を保ちたい。
とはいうものの、蓮華王院を献上したりと、ご機嫌取りを忘れない清盛。
若い重盛には父の気持ちも複雑な行動も理解できない。かつての清盛のように。

清盛が帝についたのは、帝が聡明だから、というだけでなく、普通の人だからなのかも。つまり理を持って話せば通じる相手、逆に言うと操りやすい、ということなのでしょう。

大勢の荒ぶる僧を引き連れて帝の弔問に訪れた院を、若き日のように叱責する清盛。
その気持ちの奥にある野望を感じ取る後白河院。
院を追い返す父の姿を見て、何が何でも自分の夢を叶えようとしていることを改めて感じ、ともに修羅の道を歩むことを決意する重盛。
でも、この人、まだ迷うのよね。かつての清盛みたいに。

清盛と後白河院の駆け引きが本格的に始まります。
遊びをせんとや生まれけむ。その一点のみ、協力し合う仲となるのかどうか・・・

画的には面白かったのですが、清盛、帝、重盛の気持ちの描き方に少しオブラートがかかっていたので、わかりにくい部分があったかもしれません。

.

池禅尼が大往生を遂げられました。
本当に幸せな時に亡くなられました。

かけつけた清盛に、池禅尼は平家の行く末を託す。さらに頼盛にのみ、平家を絶やさぬように告げて生涯を終えた。(公式サイトより)

そうなんだ、頼盛にのみ、告げたのですね。気がつきませんでした。(汗)
これが今後の伏線になるのかぁ。

伏線と言えば、伊豆に流された頼朝。
御曹司としてそれなりに楽しんでしるようです。(^^;;
回想シーンの頼朝と全く違和感を感じませんでした。中川さん、本当にナイス・キャスティングでした。

京では、お姫様の父上、伊東祐親が清盛にびびってますぞ~。

次回は再来週。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 薄桜記 第4回 「高田馬場」簡単感想 | トップページ | GTO  6話 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #31「伊豆の流人」:

» 『平清盛』 第31話「伊豆の流人」 [英の放電日記]
「まるでお若き頃の殿のようでございましたなぁ、重盛さまにございまする」 「ふん、わしはあのように青臭うはなかった」 「は?…はははは、これはこれは」 「なんじゃ!」 「いえ」  人の道を重んじ、それを妨げるものは如何なる者にも、異を唱え貫こうとする重盛(窪...... [続きを読む]

» 平清盛 第31回 伊豆の流人 [レベル999のgoo部屋]
『伊豆の流人』 内容 伊豆・蛭ケ小島に流罪となって、5年。 青年となった頼朝(岡田将生)は、藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。 かの義朝の子どころか、武人とは思えぬ面相を持って。。。。。 一方、清盛(松山ケンイチ)は、宋との取引の円滑化を図るため、...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第31回「伊豆の流人」 [よくばりアンテナ]
オリンピックが見どころ満載でも、 平清盛はやっぱりはずせません。 いよいよ、岡田将生くんの頼朝登場ですね。 伊豆に流され、写経などしながらひっそりと暮らす頼朝。 監視役の豪族・伊東祐親が京に上...... [続きを読む]

» 【平清盛】第31回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。 5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎 (塚本高史)とともに暮らして...... [続きを読む]

» 平清盛「伊豆の流人」 [blog mr]
 頼朝登場、二条帝退場、後白河と決裂、というあたりか。  浅香朝子さん、後白河をいさめるが、後白河は聞く耳持たず。  重盛が、若い頃は美少年風でかっこよかったが、最近もなかなかいい感じである。とくに目つきがよい。誰だ、と思って調べてみたら「ケータイ捜査官7」の彼。おーそうだったのか。結局、見てないんだよなぁ。  二条帝の「天子には父などいない」という台詞がよかった。  後白河について「赤子の様な」と清盛が言っていたが、そういうことなのね。腹の底で何を考えているのかわからない、食えない奴、とかい... [続きを読む]

» 平清盛、絶やしてはならぬものとは?? [函館 Glass Life]
白河法王と崇徳上皇の争い、親子の溝を埋める為に躍起になっていた清盛、 その子・重盛も後白河上皇と二条天皇の争いを止めるのに必死になっている ようですが、人も違えば時代も違うのです。 若き重盛には中々理解が出来なかったようですね 池の禅尼の最後の言葉、...... [続きを読む]

» 平清盛13  [Nothings gonna change my love for you]
第31回 2012.8.5放送予定 「伊豆の流人」 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条天皇(冨浦智嗣)の親政のもと、朝廷での力をのばし、港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。清盛は二条天皇に取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院(三十三間堂)を献上するなど、朝廷内でう... [続きを読む]

« 薄桜記 第4回 「高田馬場」簡単感想 | トップページ | GTO  6話 »

作品一覧