2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第26話  「小さな強敵!司令室SOS」 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第5話 簡単感想 »

2012年8月20日 (月)

ほんとうにあった怖い話~夏の特別編2012

公式サイト

原作:『ほんとにあった怖い話』(朝日新聞社)、『HONKOWA』(朝日新聞出版)
総合プロデュース:後藤博幸/プロデューサー:古郡真也

霊能力者などを出演させるなどのバラエティー色を払拭し、ドラマに本腰を入れた怪談版「世にも奇妙な話」になっていました。

メインの演出家はほん怖でもお馴染みのスペシャリスト、鶴田法男さん。
いつものなら長くて15分くらい、その他に短いエピソードを入れてくるところを、スギちゃんのエピ以外はどの話も20分以上かけて撮っていました。

「世にも奇妙な話」よりテーマがはっきりしているので、ストーリー性やオチの捻り方に過剰な期待を持たずに見たためか、面白かったです。どうやって怖がらしてくれるか。その一点だけですもんね。元々子供向けの枠なので、ちょっとぬるかったですが。
ほん怖メンバーに、裏のドラマにも出ていた石井萌々果さんが参加されてました。

.

以下、寸評です。

■赤い爪

脚本、演出:鶴田法男
出演:山下智久、本田翼、宮本京佳、岩手太郎、三浦まゆ、新堀創世、堀内敬子

自分の見た怪奇を人に話すと、話した相手に厄災がふりかかる。でも、話さなければ自分に災いが襲い掛かる・・・不幸の手紙みたいなものです。でも、本当だったら怖いし、悩むだろうなぁ。
きららの行動がちょっと謎ではありました。石田が通行止めの道を進む時に、彼女は何かを見たのか見なかったのか。一緒に乗っていたのは誰なのか・・・ま、そういうことはあまり考えないようにしました。(汗)
このエピの怖さのキモは、幽霊が寝ている石田の足をつかみにくるシーンなので、ここが怖ければOKでしょう。

ラストは子供向け恐怖ドラマなのでゆるく〆ていました。

■呪われた病室

脚本:木滝りま、鶴田法男/演出:森脇智延
出演:剛力彩芽、木南晴夏、秋元黎、いか八朗、真下有紀、池津祥子

映像的には一番怖かったかも。
ラストにどん、とくると、やっぱり衝撃が違います。

入院している少年、どこかで見たことがある、何のドラマだっけ、と思いながら見ていましたが、最後の方で、あ、コドモ警察のスマート刑事だ、と思い出しました。
髪型が普通だと、本当に子供なんだなぁ、と。
ほん怖メンバーにも参加していて、吾郎さんの隣に座ってましたが、誰よりもちっちゃかったです。
撮っている時はCG合成だから怖くなかったそうですが、映像を見て本気で怖がってるのが可愛かったです。

■右肩の女

脚本:穂科エミ/演出:鶴田法男
出演:岡田将生、蓮佛美沙子、窪田正孝、橋本真美、香取海沙、斉藤康弘

ある日、付き合っている彼女から霊がついていると言われた利也。彼女の真美がおはらいまでしてくれたが状況は悪化するばかり。ついに利也の命を脅かすほどに・・・(公式サイト)
生霊という形をとってしまった女性の執念を描いていて、今年度の中では一番高度なお話だったかもしれません。
真美を演じた蓮佛さんの、ジョークなのか本気なのか、よくわからないすっとぼけた表情が、お話を面白くしていたと思います。
友情出演で窪田さん。ちょっと得した気分でした。

■真夜中の最終列車

脚本、演出:鶴田法男
出演:スギちゃん、西原亜美

終電になんとか飛び乗った男を襲った恐怖。飛び乗った電車には誰も乗っていない、はずだったが・・・。 (公式サイト)

よくある悪夢的なシチュエーション。それはいいとして、肝心のクリーチャーが全く怖くなかったです。外国人ならともかく、日本人にはピンとこないでしょう。ま、箸休め的なお話。

■或る夏の出来事

脚本:鶴田法男、山上ちはる、演出:鶴田法男
出演:香里奈、菅田将暉、福田彩乃、富永沙織、須永千重、高橋光臣、手塚理美

幼なじみが自ら命を絶ってしまったことに負い目を感じている聡美。彼女のもとにある日から男性の影が付きまとうように。男のねらいとは・・・。(公式サイト)

所謂いい話でした。
亡くなった男性が、梅ちゃん先生の松岡さんなんだもの(違;;)、悪いことするわけがないやん、と思っちゃいましたし。(汗)

.

と、いうことで、トイレに行けなくなるほど怖い話はなかったのですが、タレントの悪霊払いを延々見せられるよりは、よほどマシだった今年度のほん怖。
これからもドラマに本腰を入れて続けて欲しいものです。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第26話  「小さな強敵!司令室SOS」 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第5話 簡単感想 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第3クール」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~~~~(ヘ^_^)へ
私も見ましたよ~
しかも、見ようとしたら怖いもの嫌いの娘に阻止されたもんだから録画してまで・・(笑)
あの子供たちと吾朗ちゃんのくだりいらないんじゃ・・?とおもいましたが、ずっと怖い話ばかりでもアレなんでしょうね。
>最後の方で、あ、コドモ警察のスマート刑事だ、と思い出しました。
私、まったく気づきませんでしたよ~
あとで教えてもらって、吾朗ちゃんの横にいたのもスマートさんってわかってけど、ほんと~?って感じ(笑
あんなにアップになってたのに~
も~髪型とか服装変わっちゃうと認識できないわ~
>亡くなった男性が、梅ちゃん先生の松岡さんなんだもの(違;;)、悪いことするわけがないやん、と思っちゃいましたし。
笑・・・たしかに。でも、ぬぼーーって出てくるとやっぱり怖い。
いい幽霊の役でほっとしました。
全体的におもしろくないこともないけど、まぁ、こんなもんかな・・って感じ?(´∀`;)

きこりさん こんにちは!

>あの子供たちと吾朗ちゃんのくだりいらないんじゃ・・?とおもいましたが、ずっと怖い話ばかりでもアレなんでしょうね。
以前の構成の名残りもあるのでしょうね。吾郎さん一人にしちゃうとそれこそ「世妙」みたいになっちゃうだろうし。
>私、まったく気づきませんでしたよ~
特に髪型が変わるとわかりませんね~。
眼差しに見覚えがあり、誰だっけ、誰だっけ・・・と思いながら見ていたので、途中はあまり覚えていません。(汗)
で、ようやく思い出してやれやれ、と気を抜いていたら、最後にドンときたので、余計に怖かったです。(^^;;
>でも、ぬぼーーって出てくるとやっぱり怖い。
怖いですね・・・なので必死で、松岡さんだから、と言い聞かせて見ていました。(笑)

>全体的におもしろくないこともないけど、まぁ、こんなもんかな・・って感じ?(´∀`;)
そうですね。私も同じくです。
因縁で説明づける話が少なくなったのと、霊能者がこれはナントカ霊です、ていうコーナーがなくなったのは、好感度アップでした。
今後に期待してもいいのかな~?って感じ(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんとうにあった怖い話~夏の特別編2012:

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第26話  「小さな強敵!司令室SOS」 | トップページ | トッカン-特別国税徴収官- 第5話 簡単感想 »

作品一覧