2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ミツバチのささやき 簡単感想 | トップページ | オリンピック開会式 »

2012年7月29日 (日)

平清盛 #30「平家納経」

公式サイト

1161年、崇徳上皇(井浦新)は配流先の讃岐にいた。今はのどかに暮らす崇徳だったが、弟の後白河上皇(松田翔太)にわびようと写経をしたためる。(公式サイトより)

暑いなぁ、と思ったら最高気温が38度だったらしく、その数字を聞いて余計ぐったり。
気力が著しく低下しているので、短く書きます・・・いつもよりは、ですが。(汗)

後白河院と妹、滋子の間に誕生した憲仁親王を東宮、すなわち皇太子にすえようと画策した時忠。
このドラマでは、その場面はありませんでしたが、話を持ちかけた成親にあっさり二条帝にばらされたように見えました。
しかし成親も時忠、教盛、基盛らとともに解官され、二条帝が崩御するまで政治的不遇をかこったようです。

時忠はさらには帝呪詛の疑いをかけられ、出雲の国に配流されます。
清盛は、そのうち助けてやるから待っておれ、と。彼も二条帝亡き後に復活します。

叔父の口車に乗った形で解官させられた基盛はがっくり。
出来のいい兄、重盛の影で鬱屈した思いもあったようで、かつて出来のよい弟に棟梁を譲ろうとまで思いつめた清盛には、その気持ちがわかっていました。
叱責されるかと思った父から、思わぬ優しい言葉をかけられて無邪気に喜ぶ基盛。はりきって自腹での紫宸殿の修復に乗り出します。

一方、藤原摂関家の忠通が、頭を下げてわが息子、基実を清盛の娘婿にして欲しい、と頼みます。一度もちゃんと映ったことはありませんが、盛子ですね。

もはや武家の力がなければ生き残れない。さんざん蔑んできた武士に頭を下げ、一族のおのこを婿になどと頼む私を、父と弟はやはり許さぬかもしれぬが、こうして藤原摂関家を守ることが私の誇り。

こののち藤原摂関家がかつての道長のように政治の表舞台に立つことはありませんでしたが、五摂家に別れたのちも家そのものは摂政関白につける家柄として、江戸まで続きます。
武士の政権が現れては消えいくのを眺めながら。

さて、崇徳院から送られた写経に、何か裏があるのでは、と疑い送り返す後白河。
それだけ、崇徳院にはひどいことをした、という意識があったからでしょう。
自分の気持ちを受け入れらなったこと、息子が亡くなったことで、精神に破綻をきたす崇徳院・・・とは、当時の人は思わないわけで、崇徳院の生き霊が災いをもたらすのでは、と恐れます。
これも、崇徳院が強力な恨みを抱いているだろうことがあまねく知れ渡っていたからでしょう。
人は後ろめたいが故に恐怖し、神として奉ることで封印する。

呪詛が大罪だった時代です。
・・・と、わかっていても、触れ回る西行がなんだかいかがわしく見えてしまいました。(苦笑)

基盛があっけなく命を落としてしまいました。家盛の時と重なります。
基盛が生きていれば、重盛の今後の苦悩も少しは和らいだかもしれません。

崇徳院の怨霊の仕業ではないのか、と怪しむ一門と西行。

そんな中、厳島神社に経典を奉納することを思い立つ清盛。
崇徳院の呪詛を恐れてではなく、一門の繁栄の祈願と、この新しき世を迎えるまでに志半ばにして失われた全ての魂を、鎮めるために。

清盛から各々一巻ずつ写経せよ、と命られる平家一門。忠清は代筆。(笑)

贅を尽くした経典が作られる過程は本物、さすがNHK。
今回、ここが一番の見どころでした。

経典を奉納するために厳島に向かう途中、嵐に向かう平家一門と、荒れ狂う崇徳院のカットバックは微妙でした。いきなりホラーな崇徳院。
でも、当時の人々の抱く崇徳院の姿はあのようなものだったのでしょう。

父から疎まれ、弟を初めまわりのほとんどの人々に裏切られ。
本当に、何一つ思い通りにならなかった生涯。
最期の安らかな表情が、かえって悲しかったです。合掌。

盛国、兎丸の活躍で何とか厳島にたどり着いた一門。
皆がやれやれ、とほっとしている中で、清盛だけは次を見据えていました。
博多を都の隣にもってくる。

着々とのし上がっていく清盛を軸に、基盛のあっけない最期を入れつつ、崇徳院の最期が一番のトピックだった今回。
崇徳院のホラーシーンが浮いていたような気はしましたが、歴史物語としての格はそこそこ感じられたので、楽しめました。

次回から第三部だそうです。
政治的には、今まで以上に様々な人々の様々な思惑が交差する異説の多い時代で、本で読んでも、よくわからないややこしい時代。
平家を追い落とす者として、雌伏時代の頼朝もかなり描かれるようで、さてさて、どうなるのでしょうか。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ミツバチのささやき 簡単感想 | トップページ | オリンピック開会式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #30「平家納経」:

» 【平清盛】第30回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ついに第二部完結へ! 2つの乱で死んでいった者たちの魂を鎮めるため、清盛(松山ケンイチ)は厳島神社へ、 平家一門が製作した経典を納めることを思い立つ。 そして乱最大の犠牲者・讃岐に流された崇徳...... [続きを読む]

» 平清盛 第30回 平家納経 [レベル999のgoo部屋]
『平家納経』 内容 後白河上皇(松田翔太)と滋子(成海璃子)との間に、憲仁親王が誕生。 時忠(森田剛)は、憲仁親王を東宮へ、、そして次の帝にと画策を始める。 だが二条帝(冨浦智嗣)に伝わってしまい怒りを買う清盛(松山ケンイチ)。 清盛は、忠義の証しとして...... [続きを読む]

» 平清盛 第30回「平家納経」 [あしたまにあーな]
今回の最大のイベントは、清盛が今まで志半ばで命を落としていった人々の魂を沈めるため、三十三巻の経典を厳島神社に納経しようというもの。これは、前回清盛が自分がこれからも今までの人々の思いも引き継いで生きていくと誓ったことから伏線があったのだと思いますが、今回はそれ以上に多くの人が亡くなっていきます。 自分の子供である基盛だけでなく、藤原摂関家の長である藤原忠通、そして今回の大きなポイントにもなるのが、崇徳上皇でしょう。崇徳上皇以外はちょっと前までぴんぴんで丈夫だったにも関わらず、次のシーンでは亡くなる... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第30回「平家納経」 [よくばりアンテナ]
やっぱ、夏ですもんね。暑い。ほんとに。 そろそろ涼しい気分にもなりたいな、と。 やってくれましたよ、納涼・怨霊まつりです・・・(@_@) 想像してた以上にすごかった~~~怨霊の井浦新さん。 特...... [続きを読む]

» 平清盛「平家納経」 [blog mr]
 先週に続いて、後白河を子ども扱いの浅香朝子さん。  第三部への橋渡し的なエピソード。  後半の崇徳上皇のシーンは別の番組を見てるのかと思った。苦情言ってる人いるんじゃねぇかな。恐すぎて。  息を引き取るときに、人間に戻ったのはよかった。 ... [続きを読む]

» 平清盛 第30回「平家納経」★崇徳院(井浦新)の”怨霊伝説”炸裂!! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第30回「平家納経」 『チェイス〜国税査察官〜』の村雲役で異彩を放った”ARATA=井浦新”が、久しぶりに面目躍如!! この人の才能に、普通の役柄では勿体ないのですよ。 −◆− 時忠(森田剛)にそそのかされて、後白河上皇(松田翔太)と滋子(成海璃子)との間に生まれた憲仁親王を皇太子にしようとする計略に荷担した清盛の次男・基盛(渡部豪太)。 番組開始10分ほどで二条天皇(冨浦智嗣)に策略が露見し、時忠、教盛(鈴之助)と基盛(渡部豪太)は官位を解かれちゃいます。 (『... [続きを読む]

» 崇徳院の末路 ~平清盛・平家納経感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
讃岐に流された崇徳院は、貧しいながら悠々自適の生活。 それでも後白河院にわびたいようだけど・・・狂気を秘めた後白河院には通じず、挙句不気味と言われて赤子に破られる・・・。 まあ白楽天のように、悠...... [続きを読む]

» 摂関家の真似をした清盛!! [函館 Glass Life]
弟の後白河上皇には足蹴にされ、そのうえ実の息子・重仁の死を聞かされた崇徳上皇、 その悪鬼となった姿は迫力ありましたね 平家納経のお蔭で崇徳院の怒りが静まったと言いたいのでしょうが、少しこじつけが過ぎ る感じもします 菅原道真も大宰府に左遷され悪霊となり...... [続きを読む]

« ミツバチのささやき 簡単感想 | トップページ | オリンピック開会式 »

作品一覧