2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年6月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第22話  「美しきアバター エスケイプ」 »

2012年7月22日 (日)

平清盛 #29「滋子の婚礼」

公式サイト

1160(永暦元)年、平清盛(松山ケンイチ)はついに公卿(くぎょう)の座にのぼった。それは武士として誰もなしえなかった偉業であった。(公式サイトより)

平氏から平家へ。

家格は特定の家を単位とする評価であることであった。(wikiより)

氏族から家へ。
藤原摂関家の家と同じような意味なのでしょうか・・・勉強します。(汗)

病床の家貞は、唐果物が食べたくて宋との交易をさかんに進めてきたと告白。欲こそが力の源であり、欲のために生きて死んだ者たちの思いを清盛は背負って生きろと告げた。(公式サイトより)

平氏三代を支えた家貞が亡くなりました。お疲れ様です。
ストーリー同様、ドラマを下支えしてきた梅雀さんがいなくなるのは寂しい。

そして、美福門院もお亡くなりに。
したたかなひとでしたが、亡き鳥羽院の気持ちと静かに向き合う晩年を過ごしたようです。←もちろんあくまでドラマ上ですが。

参議となって、ついに国政の最高機関に参加するようになった清盛。
摂関家と同じ場に連なる日がくるとは。

天邪鬼な院の人柄を知っている清盛は、あまり近づくと火傷すると、とつかず離れず、というスタンスをとり、二条帝に接近します。

当然院は気に食わない。
朝廷の重鎮たちを呼びつけては、例の歌をはじめとして今様を延々と(恐らくですが)披露することで政局に携われない鬱憤を晴らす院。
そんな院をやはり治天の君の器にあらず、と冷ややかに見る公卿たち。

しかし、上西門院の女房としてついていきた滋子には寂しげな人に見えたようです。
かくて、じゃじゃ馬の滋子は、自分にへつらわない人に弱いタイプの院の心をつかみました。

で・・・院の子を宿す滋子。
滋子を御しやすい二条帝に、と思っていた清盛は計画が狂ってカンカン。
よりにもよって、できれば避けたかったあの難しい院と。
時子の執り成しも、一切援助しない、と取り合いません。

が、今まではからかわれても気にしなかった天パーを、それでは宮中に入るのは難しい、と上西門院から指摘されて矯正しようとするも失敗した滋子。落婚礼を辞退してしまいます。

落ち込む滋子を見た清盛。
後白河院の様子を伺いますが、こちらも婚礼を断られて落ち込んでいました。
いつにない院の悄気げた姿に思わず微笑む清盛は、二人の婚礼のバックアップに乗り出しました。

婚礼の場に、天パーを利用した宋の衣装で登場する滋子。
院はもう、めろめろです。

一見、めでたし、めでたし、なのですが、ナレーションの通り、また一歩平氏・・・いや、平家の滅亡に近づく重要なポイントを描いたお話でした。

.

粗筋のみ簡単に書きました。

乱の後のほっこりした話でした。

滋子の天パー設定は予想通りの伏線でしたが、矯正をめぐる女たちのアタフタぶりは面白かったです。
時子だけでなく、池禅尼のサポート、心配そうな経子の姿などバランスも良く、どろっとした宮中とは違う、平家の女たち、という感じがしました。
・・・常盤は何処へ?(汗)

ともかく、初期のメロドラマ路線から大きく舵取りされたようです。

清盛の親父っぷりも板についてきました。正確には義理の兄貴ですが。

欲を満たさぬまま斃れていった人々の欲を背負って生きていく決意を、家貞に告げる清盛。
清盛は確かにそれだけの器を持った人物だったのでしょう。
ウエイトを増やしたのだろう松山さんの清盛に違和感がなくなってきてから、今回のようなホームドラマ展開も面白く見れるようになってきました。
重要な伏線も描かれていましたですし。

後白河院と滋子は本当に仲が良かったようで、その滋子が早くに亡くなったことが、院と清盛の亀裂を決定的にするのが、皮肉です。

武士なのに一家そろって公達になった平家に、祝いを述べに訪れる源頼政。
宋との貿易を行うなど、順風満帆の一族をうっそりと眺めています。ここにもまた、欲が生まれたようです。

先週、「義経」から7年、再び義経を神木さんが演じることが発表され、話題となりました。

これで清盛没後まで描くことがはっきりしました。
清盛が亡くなって完、では、諸行無常の物語を描ききれないですからねぇ・・・。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年6月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第22話  「美しきアバター エスケイプ」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #29「滋子の婚礼」:

» 平清盛 第29回 滋子の婚礼 [レベル999のgoo部屋]
『滋子の婚礼』 内容 平治の乱に勝利した清盛(松山ケンイチ)は、ついに公卿となった。 後白河上皇(松田翔太)二条天皇(冨浦智嗣)を支えることを決める。 平家一門も、ことごとく出世し、朝廷内での力を増していた。 そんななか先々代から平家に仕えてきた家貞(...... [続きを読む]

» 【平清盛】第29回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
永暦元年、平清盛(松山ケンイチ)は、ついに武士として初めて公卿(くぎょう)の座につき、 平氏は「平家」となる。 一方、上西門院(愛原実花)に仕える清盛の義妹・滋子(成海璃子)は兄・時忠(森田剛...... [続きを読む]

» 「平清盛」第29話。 [Flour of Life]
「平清盛」第29話を見ました。今週のサブタイトルは「滋子の婚礼」。サブタイからして少女漫画チックだわ…。 [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第29回「滋子の婚礼」 [よくばりアンテナ]
先週はついに義朝の最期が描かれて、 泣いた泣いた~で 平治の乱の後始末だったんですけど、 ついつい、書かずに、お待たせしてました皆様すみません。 さて、今週は。 ついに武士として初めて公卿...... [続きを読む]

» 平清盛10(29回予告) [Nothings gonna change my love for you]
NHK からのあらすじのコピペ 1160(永暦元)年、平清盛(松山ケンイチ)はついに公卿(くぎょう)の座にのぼった。それは武士として誰もなしえなかった偉業であった。平家は一門のほとんどのものが出世し、朝廷での勢いを増していった。そして、家貞(中村梅雀)・美福門院(松雪泰子)もこの世を去り、時代は大きく変わりつつあった。そんな折、後白河上皇(松田翔太)の姉・上西門院(愛原実花)の女房として仕える清盛の義妹・滋子(成海璃子)は、時忠(森田剛)から二条天皇(冨浦智嗣)のもとへ入内しないかともちかけられ... [続きを読む]

» 『平清盛』 第29話「滋子の婚礼」 [英の放電日記]
滋子の婚礼  「滋子の心は滋子のもの」  「帰れ……政の道具になるだけぞ」  けっこうな純愛だった。  巻き髪が障害となった。  特徴である巻き髪が短所と考え矯正しようと考えたが矯正しきれず。  拗ねる後白河院も可愛い。  「台無しじゃ!」と嘆いた清盛は、...... [続きを読む]

» 平清盛 第29回「滋子の婚礼」★成海璃子の出来婚、くせ毛騒動 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第29回「滋子の婚礼」 源義朝(玉木宏)が死んで一段落付いて、次のゴタゴタまでの橋渡しエピソードだから一段と退屈。 伏線作りだけで1回費やしちゃった!! 低視聴率に悩んでいるのに、こんなに刺激の少ないエピソードを余裕で放映しちゃうのだから、あるNHKは意味凄い。 −◆− 家貞(中村梅雀)ご臨終。 唐果物のくだりなど、時間をかけて丁寧に描かれました。 演技が光る中村梅雀の退場で、また寂しくなります。 −◆− 平清盛(松山ケンイチ)が美福門院(松雪泰子)と会談。 ... [続きを読む]

» 漁夫の利を得た清盛!! [函館 Glass Life]
平治の乱とはいったい何だったのでしょうか?? 信西に対する二条天皇親政派と信頼派の争いだったのでしょうが、 気が付いたら誰も居なくなっていたのです 普通の争いだと勝者と敗者が歴然としていますが、平治の乱では 勝者が二転三転 元々戦に関わっていなかった清...... [続きを読む]

» 「平清盛」第29回 癖っ毛ってそんなに悪い事なの…そんな滋子にヘアアイロン [今日も何かあたらしいドラマ]
後白河院=松田翔太さんとの婚礼を前に、癖毛を伸ばすべき滋子=成海璃子さん。 たっぷりの緑なす黒髪が美人の第一条件ともなれば、ちぢれっ毛の女はどうしたらいい? ドラマでは「巻き髪」という新しげ...... [続きを読む]

» 平清盛「滋子の婚礼」 [blog mr]
 浅香朝子さん、剃髪の模様。後白河上皇を子供扱い。  尤も、今回は確かにそういう風に描かれている。滋子が結婚延期って言い出してふてくされてるとか。  清盛のほうも、滋子のくせっ毛の騒ぎを「すこぶるどうでもいい」って顔で見てるのがおかしい。  兎丸の相手が可愛いと思って調べたら、柊留美。なるほど。 ... [続きを読む]

» 平清盛11(29回滋子の婚礼 感想) [Nothings gonna change my love for you]
今回の画面は比較的に見やすくなりました。室内の場面ばかりだったので白っぽいのがあまり浮遊しておらず気にならなかったというべきか。 お話的には滋子が後白河に一目ぼれしたような感じで話がすすみます。 「遊びをせんとや」の歌を関白一同を呼び出して披露する後白河、でそこで世話役みたいな仕事をしている滋子が後白河の歌う姿にきゅんとなったのか、披露の宴の終わった夜に滋子は「あそびをせんとや」と後白河の御所で、大きな声で口ずさむ。 それを耳にした後白河は滋子に声をかけて会話が始まるというなんだが時代劇ぽくな... [続きを読む]

« 2012年6月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第22話  「美しきアバター エスケイプ」 »

作品一覧