2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年6月のまとめ<2012年春クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第20話  「5体結集!グレートゴーバスター!」 »

2012年7月 8日 (日)

平清盛 #27「宿命の対決」

公式サイト

「清盛との決着をつけるためには、避けては通れぬ道。
これが運命(さだめ)なのであろう。
源氏と平氏。二つの武家の嫡男として生まれ、棟梁となった、源義朝と平清盛の。」

冷静に大局を見定め、平氏の立場を最大限に引き上げる清盛、政治家としては全く無能な信頼、そんな信頼を見て日和る惟方、経宗ら公卿、公卿たちと行動を共にするも、重盛の義兄という立場から、どう転んでも安泰、とほくそ笑む成親、そして東国から一党を呼び寄せ、平氏との一戦にはやる頼朝。
一方、幽閉されても悠々自適な後白河・・・

今回、とても面白かったです。
だんだん「?」と感じる回が少なってきたように思います。

信西が殺されたことでさぞかし怒っているだろうと、清盛の帰還を出迎える平氏一門。
今までの清盛の行動をみていたら、そう思うでしょう。

しかし、清盛はゆったりと申し渡します。
帝と上皇という玉を持っている信頼がこの国のいただきに立つお方。

「断じて攻めようなどとは考えるな。よいな」

驚く一門。その驚きように共感しました。
ここまで自分の感情を制御できない清盛を描いてきたかいがあるというものです。
その中、まっさきに平伏する家貞。重みがあります。

清盛の帰還を聞いた義朝。

「きっとすぐにも攻めてこよう。ものども、迎え撃って存分に戦え。源氏こそがまことの武門と、世に知らしめるのだ。」

次男、朝長も東国より馳せ参じ、意気あがる源氏たち。
悪源太、恐いわ~。公卿をびびらせるだけあります。
頼朝はやっぱりお坊っちゃん顔です。(^^)

彼ら、東国武士の荒々しさを厭う公卿たち。無能な信頼も頼りにならぬ、とこそこそ相談してます。
まー、彼らの理念を問うのも馬鹿馬鹿しいです。

一向に動かぬ清盛の腹の中が読めず、戸惑う一門。特に重盛は先週から続いの、ずっと訝しげな、若干反抗的な眼差しで見つめています。
以前なら、何を考えておられる、と問い詰める者がいたでしょうが、今やそれを許さぬ威厳を漂わす清盛。
ただ、清盛の顔色を見ております。

義朝は、一向に動かぬ平氏たちを待ちくたびれて、緊張感が薄れる郎党たちを叱咤します。

「何故、清盛は攻めてこぬ」

苛立つ義朝の元に、清盛の使いが信頼の元に来た、という知らせが。
攻めてきたのか、とビビる信頼たち。

使いは丸腰の家貞でした。恭順の意を示す名簿を差し出しにきたのです。
忠義を尽くすことを誓う・・・家貞が言うと真実味が増します。狸っぷりが、さすがです。

あの清盛が信西を討った信頼につくとは思えない、裏がある、と疑念を持つ義朝。
だが、信頼は名簿を受け入れます。自分の見たいものしか見ない男。

屋敷に帰り、殿、みなにそろそろからくりをあかされては、と清盛に促す家貞。

シーンは一転。
宴で大いに盛り上がる一門たち。
一人離れて庭を見る重盛。
成親が妹であり彼の妻の経子が、兄の裏切りを詫びようと声をかけます。
「どうやら、それには及ばぬ。」
また一人で訝しんでいるのか、と思いきや。
うって変わって清々しい表情となっていました。

基盛が「父上、おいでになりました。」と知らせに来ると、宴がピタリとやみ、一同清盛を見つめます。

「膳を下げよ。」

家貞の狸芝居からの流れ、無駄がなくてメリハリがあり、良い感じでした。
こういうのをもっと見たい!

やってきたのは惟方、経宗。信頼陣営が危ないと見て日和ってきたのです。
二人の言い逃れに、信西を殺された怒りを爆発させる清盛。
が、その怒りも際限のないものではなく、二人を脅すものでもあった。
斬る、という気持ちは本気ですから、効果抜群。

脅かして何をさせるか。
それは源氏の裏をかいて帝と院を内裏から救い出すこと。
院は仁和寺へ、帝は平氏村である六波羅へ。
早速清盛は都中に帝が六波羅にいることを触れ回らせます。

明朝、玉をすべて失ったことを知った義朝は信頼を罵り責めます。

「日本一の不覚人がっ。わかっておるのか。これで我らは賊に成り下がったのだぞ!」

醜くうろたえる信頼。
「鼻からこれを狙うておったのでしょうな」
その有様を見て冷たく言い放つ頼政。

しかし、義朝はやっと清盛が動いたことの方が嬉しそうです。

「それでこそ、貴様だ。清盛。」

六波羅にはいられた帝の元へほとんどの公卿が付き従ってきました。
礼にのっとって迎える清盛に帝直々に勅旨が下されます。

「大宰大弐 清盛。朝敵を撃つが良い。中納言信頼ならびに播磨守義朝を追討せよ。」

この勅命を待っていたのですね。
でないと源氏と戦っても私闘扱いになるか、へたすると賊軍になってしまう。

大義名分を得て、意気上がる平氏たち。
戦支度のばたばたした中で、清三郎の元服をするシーン、武家らしくて良かったです。

「ものども、義は我らにあり。」

ついに戦いが始まりました。

戦いが始まる前に悪源太義平と重盛が名乗りをあげるシーンは、この時代ならでは。
すでに修羅場を見てきた頼朝の若武者ぶりと、初陣の宗盛の対比。
乱闘の真中、勝負が決まらぬ内に重盛が退却を始めます。怪訝ぶる義平。
頼盛、忠清たちも退却。
それを敗走と見た義朝は後を追うよう命令。
一方、清盛は「手筈通りじゃ」と。

賀茂川に平氏を追い詰めた義朝は一斉攻撃しようとしますが。
そこに現れたのは清盛と、次々とたなびく赤旗。
数千の兵が源氏に向かって弓を構え始めました。

図られた。

「まんとおびき寄せられた、ということにござります。」
戦線離脱する頼政。

一斉に放たれる弓矢。
朝長が怪我を負いました・・・

その中、清盛に「こい」と首をひねって合図する義朝。受け止める清盛。

場を移しての一騎打ちとなりました。

「平氏が棟梁 平清盛」
「源氏が棟梁 源義朝」

重たい甲冑を着つつの殺陣は見応えがありました。スローモーションも許容範囲。
清盛の刀、重たそう。

ついに義朝を倒す清盛。

「武士とは勝つことじゃ。いかなることをしても勝ち続けることじゃ。
お前は負けたのじゃ。
義朝。次などない戦に・・・負けたのじゃ。」

「源氏は滅びぬ。
我が身は滅びても、源氏の魂は断じて滅びぬ。

清盛。また会おう。」

ふらうらと去っていく義朝。
その後ろ姿を見つめる清盛。

かつては意気揚々と去っていく義朝を悔しげに見つめた清盛だったのに。
今は、その時にはお互い思いもしなかった、痛々しい姿で去っていく義朝、そして勝ったことが苦痛な清盛。

武士とは勝つこと。どんな策略をもってしてでも。
清盛は、どうしてもこの言葉を友として義朝に言いたかったのでしょう。

源氏の魂は、義朝の言葉通り、滅びなかった・・・

「源義朝も平清盛も、わかっていただろう、これが互いにあいまみえる最後の時であると。」(ナレ)

二人の一騎打ち。
ありえなくても、見応えがあればOKです。

思わせぶりなタイトルで、対決の結末は引っ張るかと思ったら(汗)、きちんと決着をつけました。
なので、ピリっと締まりました。そして何とも物悲しい余韻も残りました。

二人の友情は、もう・・・(涙)

.

政治の力に目覚めた清盛と、今までどおり、力のぶつかり合いこそが勝敗を決すると思っている義朝。
歴史上のことはさておき、単に二人の武将の戦いとみても、残念ですが、勝負は見えてます・・・。
源頼政はそのあたりを冷静に見定めてました。この義朝にはない政治に対する嗅覚が、後の自滅の元になるのだから、人の運命というのはわかりません。

常盤との別れのシーンはね・・・
「常盤はずっとあなた様だけの妻にございます。」
でも、結局は再婚するんだもんな。
清盛との関係を含めて、どう描くのかはわかりませんが、元々常盤という人物にいい印象を持っていないこともあって、「生まれ変わって一緒になろう」的なニュアンスを感じちゃいました。(汗)

.

毎回こんな濃い内容であることは望みません。
ここぞ、というところにこういう回があれば、視聴意欲がどんどん増します。

次回、うう、義朝、正清・・・
女性のシーンが多くりそうなのが若干不安なのですが、もしそうであっても、今回のお話の余韻で、優しい目でみれそうです。(^^;;

これからは後白河との関係が前面にでてきそう。
清盛が物の怪の血をひくことを押し出したり、朝廷内部のゴタゴタで終始するような話に戻らないことを願います。
今回面白かった一因に、清盛を武家の棟梁としてのみ描いていたことがあると思うので。
でも、後白河との確執や、重盛の葛藤を描くとすれば、物の怪の血、というアイテムは外せないだろうなぁ。

.

今まで突っ込みまくっていたし、今後も突っ込みまくる時があるだろうけれども、去年の大河よりはよっぽど良心的に歴史の物語化に取り組んでいるように思います。
後半年弱、何とか踏ん張って欲しいです。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年6月のまとめ<2012年春クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第20話  「5体結集!グレートゴーバスター!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

私も源平の一騎打ちは有りえぬ~と予告では思っていましたが、
ガッツリ見ました。もうなんか切ない・・・

友情っていうよりも今までの事を考えると運命の2人のように見えてしまって…
(あっ若干、腐った目かも^^;)

最初から攻めるわけではなく、帝と上皇を手に入れる頭を使った清盛くんの手腕
にもほれぼれ。成長したなぁ…。

>清盛との関係を含めて、どう描くのかはわかりませんが、元々常盤という人物にいい印象を持っていないこともあって、「生まれ変わって一緒になろう」的なニュアンスを感じちゃいました。(汗)

「義経」の時の稲森@常盤は涙しまくり味方でありまくった私ですが…
何でかこの常盤はウザいの・・・なぜだろう^^;
ずっと貴方様だけの妻ですって、視聴者は先を知ってるんだよーー
と、ツッコミながら見た事は言うまでもありません^^; 

くうさん こんにちわ。

>私も源平の一騎打ちは有りえぬ~と予告では思っていましたが、
普通はそうですよね。だから、ありえないって思った人がいても当然。
私はくうさんと同じく、ガッツリ見てしまいました。

>友情っていうよりも今までの事を考えると運命の2人のように見えてしまって…
そうですね。友情、というより、運命の二人。
ちょっとね、涙しました。義朝にも清盛にも。
色々と突っ込みどころの多い脚本ですが、この二人の関係の描き方はドラマ的に面白かったです。

清盛くん、成長しましたね。
家貞の良きサポートを得ての腹芸もきまってましたし、棟梁として頼りがいのある男になってきました。

常盤って、美貌の持ち主ではあったけれども、ごく普通の女性だったと思うです。
当時、親元が金持ちでない女性が、一人で子供を育てるのはほとんど不可能ですので、誰かの世話になるのは当然。
だから、普通の女性、として描いてくれれば、すんなり受け入れられたと思うのです。
でも、清盛常盤御前は、ひとこと多いっていうか、妙に気が強いのねー。(^^;;
他の妻からは嫌われるタイプかな~。
このテンションの高いドラマの中では、普通の女性、というキャラで立たせるのも、演じるのも難しいのかもしれませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #27「宿命の対決」:

» 平清盛 第27回 宿命の対決 [レベル999のgoo部屋]
『宿命の対決』 内容 義朝(玉木宏)たち、信西(阿部サダヲ)に不満を抱く者たちは挙兵。 後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)らを幽閉後、 屋敷を逃げ出した信西を捜し出し。。。ついに自刃へと追い詰める。 熊野詣でに行く途中、事態を知った清盛(松山ケンイチ...... [続きを読む]

» 「平清盛」第27話。 [Flour of Life]
平治の乱、後編です。清盛と義朝の直接対決!らしいですが、なんというか、その…。 [続きを読む]

» 【平清盛】第27回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
義朝(玉木宏)の挙兵を知って、京に戻った清盛(松山ケンイチ)は動かなかった。 むしろ新しく権力の座についた中納言・信頼(塚地武雅)に恭順の意を示す証書を差し出すと言い、 一門を驚かす。 証書...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第27回「宿命の対決」 [よくばりアンテナ]
京に戻った清盛たちが、すぐにも攻めてくると見込んで 源氏は守りを固めたまま。 ところが、清盛は内裏に上皇と帝が幽閉されているために 攻め入ることができない。 動かず、恭順の意を表します。 平氏...... [続きを読む]

» 平清盛 第27回「宿命の対決」★誰も居ない河原で一騎打ち。敗者・義朝(玉木宏)トボトボ‥ [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第27回「宿命の対決」 NHKは『ついに決着!平氏 対 源氏!清盛 VS 義朝!』って、盛り上がりを強調してたんですが・・・。 −◆− 内裏では、ゆるキャラ・信頼(塚地武雅)がサイコロでゲームをしていて、負けると顔に墨を塗られたり・・・。 バカですねぇ・・・。 惟方(野間口徹)は、信頼に荷担した自分たちの判断を後悔しはじめ「大きな過ちを犯したのでは無いか?」 藤原経宗(有薗芳記)は、豊かすぎる表情で同意の様子。 本筋に関係なく塚地と有薗芳記さんの”ビジュアル”... [続きを読む]

» 『平清盛』 第27話「宿命の対決」 [英の放電日記]
宿命の対決だったが、源平戦は平氏の完勝。  強きのみ事を求めた義朝(玉木宏)に対し、強さだけでは世の中を変えることができないと悟り、財力・政治力を伸ばし、先を見据えた戦略を考えていた清盛(松山ケンイチ)とでは、結果は明白だった。 深謀遠慮な清盛 ・公卿方...... [続きを読む]

» 平清盛「宿命の対決」 [blog mr]
 清盛が権謀術数の人になるところ。義朝はあっさりその罠にはまっていってしまう。  ということで不満を持ってる人もいるようだが、「炎立つ」の頃に何かで読んだところでは、「源氏は政治面では大したことない」という見方もあるらしい。源氏政権としての鎌倉幕府は三代で終了し、室町幕府も三代で将軍家の力は弱まっている。  若手がよかった。清盛と義朝の二世達、二条帝。みんないい声をしている。線の細いイケメンが揃ってる、という印象を見事にひっくり返してくれた。  いや、もちろん、清盛と義朝の対決も圧巻。  それ... [続きを読む]

« 2012年6月のまとめ<2012年春クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第20話  「5体結集!グレートゴーバスター!」 »

作品一覧