2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #26「平治の乱」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #41「部・活・崩・壊」 »

2012年7月 2日 (月)

特命戦隊ゴーバスターズ 第19話  「俺の合体!バスターヘラクレス」

公式サイト

Jに「バイクの人」としか言われなくてショックのニック。
自分の売りがこれといってないことに気がついたニックは、色んなものにチャレンジしてみる・・・という、ニックの特訓(?)回。

野暮だとは思いつつも、ロボットなんだから体を鍛える意味はないだろう、とか、売りが欲しいなら機能をアップしもらえばいいじゃん、なんて突っ込みつつ、まったりと視聴しました。

ついでにレッドさんとの関係を改めて考察。
レッドさんが身も蓋もない言い方をするのはお約束として。
小さい頃からずっと身近にいて見守ってくれているニックに、いつもすっごい上から目線なのは、レッドさんにとってニックは所詮従僕というか乳父、という設定なのでしょうか。
バディってもっと対等な関係のような気がするんだけれども。

ブルーさんは組んだ時がすでに高校生、しかもかなり優秀で真面目な青年だったから、ゴリサキが執事ぽいのかな。
イエローさんとウサダは喧嘩友だちって感じ。(笑)
ゴールドさんとJは・・・Jが「俺様」なのは、設計者であり製作者のゴールドさんの好みが反映されているのかも。

結局、いざと言うときには力を出せる、とニックは皆に評価されてめでたしめでたし。

単純すぎてちょっと食い足りない気もしましたが、今回の目玉は、ゴーバスタービートとスタッグビートルが合体して、バスターヘラクレスになること、だから、ま、いいかなってところで。

そうそう、エスターさん、ゴールドさんが登場してから怒りをむき出しにすることが多くなってきたように思います。
それまでは三人のゴーバスターズをクールにあしらっていたのに。

次回は戦隊恒例、自分のそっくりさん話。
どんな風に捻ってくれるのでしょうか。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #26「平治の乱」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #41「部・活・崩・壊」 »

△特撮:特命戦隊ゴーバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission19「俺の合体!バスターヘラクレス」 [MAGI☆の日記]
特命戦隊ゴーバスターズの第19話を見ました。 Mission19 俺の合体!バスターヘラクレス ゴリサキは腕利きのメカニック、ウサダは緻密なデータ管理者だとビート・J・スタッグに評される中、ニックは...... [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission19 俺の合体!バスターヘラクレス [レベル999のgoo部屋]
『俺の合体!バスターヘラクレス』 内容 スタッグの登場で、自身の存在価値のことで揺れるニック ゴリサキはメカニック、ウサダはデータ管理、、、、自分はバイク!? そんななか、メタロイドが出現。 子供たちと一緒にいたニックの前に、現れる。 逃げ回るしかないニ...... [続きを読む]

» ゴーバスターズ「俺の合体! バスターヘラクレス」 [blog mr]
 バラバラドカーンとモエモエズキューンは似ている。  あの着ぐるみつけてうさぎ跳びとか、見るからにきつそうだけど、普段から鍛えてるだろうから、実はさほどでもなかったりするのかなぁ。いや、そんなことないよねぇ。  女装は勘弁してほしかった。  エンターはなかなか知的な作戦。転送時間を長く取れば捜索のために散開するだろう、その隙を突く、とは。ただのコスプレにいちゃんじゃなかったんだな。  Jは、知っててなんで「ただのバイクの人」とか言ったんだろう。あの陣に怒られてたけど。  それにしてもヘラクレ... [続きを読む]

« 平清盛 #26「平治の乱」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #41「部・活・崩・壊」 »

作品一覧