2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ザ・サマーレスキュー~天空の診療所 第2話 | トップページ | ビギナーズ! 第2話 »

2012年7月20日 (金)

薄桜記 第1回 「密通」簡単感想

公式サイト

原作:五味康祐
脚本:ジェームス三木/演出:清水一彦、榎戸崇泰/製作:佐野元彦/音楽:濱田貴司
出演者:山本耕史、柴本幸、高橋和也、ともさかりえ、檀ふみ、高嶋政伸、草刈正雄、葛山信吾、石丸幹二、石垣佑磨、辰巳琢郎、かとうかず子、萬田久子、江守徹、津川雅彦、春日俊彰、長塚京三

.

原作未読です。
市川雷蔵と勝新太郎が共演している映画(1959年)も見ていません。
人気の出る前の勝さんと、すでに大スターだった雷蔵さん。興味はあります。

さて、もう今夜第二話が始まっちゃうので、感想のみ一言二言メモっておきます。

丹下典膳と長尾千春が出会ってから吉良上野介の計らいで祝言を上げ、新婚まもなく典膳が大坂勤番として単身赴任中に、千春が幼馴染の瀬川三之丞に手篭めにされて、やむなく夫婦別れせざる終えなくなるまでを、中山安兵衛の登場を交えてテンポよく描いていました。
盛りだくさんのエピソードのそれぞれが丁度いい尺。基礎情報はきちんと伝えつつ、かつ、元禄時代の雰囲気が伝わってくるのはさすがです。一口に江戸時代といっても、250年余もあれば風俗も大分違うだろうから。
凡百の脚本なら、ラストに手篭めのシーンに持ってきて、次回に引っ張ったかも。ひょっとすると大坂勤務に旅立つシーンで次回へ、ということになったかもしれない。

めそめそと長くなるのはいやだなぁ、と思っていた別れの愁嘆場もトントンと進みつつも心に残って、いい塩梅でした。

王道の風格を持ちつつも、テンポのいい、見やすい時代劇になりそうです。
今後の展開が楽しみ。

.

典膳の家来で「陽炎の辻」シリーズでもお馴染みの内野謙太さんが出演されていました。
多分丹下家はえらいことになるだろうから、もう、あまり出番はないかも。だとしたら、ちょっと残念。

※と、思ったら、スタッフブログのオールアップ記事に登場されていました。ずっと典膳についててくれるのね。良かった~(^^)

.

.

コンシェルジュ

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ザ・サマーレスキュー~天空の診療所 第2話 | トップページ | ビギナーズ! 第2話 »

#ドラマ:2012年第3クール」カテゴリの記事

□薄桜記」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜記 第1回 「密通」簡単感想:

» 【薄桜記】- BS時代劇 - 第1回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
BS時代劇 薄桜記 第1回「密通」       原作は五味康祐氏の同名小説。脚本はジェームス・三木氏。 簡単感想のみで。 原作は知らないで見始めたので、丹下典膳と千春のドラマティック...... [続きを読む]

» BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第一回 密通 [レベル999のgoo部屋]
『密通』 内容 夜桜見物にやって来ていた丹下典膳(山本耕史)は、 石段を落ちてきた千春(柴本幸)という女性を助ける。 「なんのための付け人だ」と近くに居た用人・瀬川三之丞(石垣佑磨)を叱り、 名も告げずに去って行くのだった。 翌日。上杉家江戸家老・長尾権兵...... [続きを読む]

» BS時代劇「薄桜記」第2話〜忍成修吾が山本耕史をバサリ。血ぃだただら・・。 [世事熟視〜コソダチP]
BS時代劇「薄桜記(はくおうき)」 第2回「汚名」 7月期ドラマで一番面白いかも・・・。 この前終わった『はつ恋』と『薄桜記』は、民放ドラマより頭一つ抜けて面白いわ。 −◆− 通常2年の大坂勤番のはずでしたが、丹下典膳(山本耕史)に突然江戸への帰任が命じられました。 妻・千春(柴本幸)が不義密通をはたらいたというスキャンダルが原因です。 千春(柴本幸)は性犯罪の被害者なのに、加害者も被害者も同じ扱いだから難儀な時代です。 −◆− あれから1年。 長尾権兵衛(辰巳琢郎)の命... [続きを読む]

« ザ・サマーレスキュー~天空の診療所 第2話 | トップページ | ビギナーズ! 第2話 »

作品一覧