2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 8話 | トップページ | 平清盛 #22「勝利の代償」 »

2012年6月 2日 (土)

鎌倉散歩 2012初夏

東京に行ったおり、3時間ほど時間が空いたので、鎌倉に行ってきました。

この前に訪れたのはもう10年ほど前。
山の方は幾度か行っているので、今回は海の方へ。

JR鎌倉駅で降りて江ノ電に乗り、七里ヶ浜で下車、海沿いに稲村ヶ崎の方に歩いて戻りました。

20120528_12  

七里ヶ浜から東の眺め。三浦半島と、写真ではわかりにくいのですが、遠くに房総半島が見えました。
海のない街に住んでいるので、久しぶりの景色。気持ちが良かったです。

20120528_13   

稲村ヶ崎を過ぎて、歩いてきた道を振り返って。

駅で言うと七里ヶ浜ー稲村ヶ崎ー極楽寺、そして長谷の手前まで行って、山の方に入り、極楽寺の方へUターン。

20120528_14

一応、チェック(笑)。平日でしたが、観光客で賑わっていました。

20120528_15

駅を後にして線路沿いに何となく歩いていると、思いがけなく鎌倉文学館に行きあたりました。元は旧前田侯爵家の別邸。

20120528_21 

館入口の馬車廻し(邸宅で馬車をつけるところ。玄関前の車寄せ)。

20120528_1_3

20120528_2_3   
   
風格ある姿は何度見ても、惚れ惚れします。

20120528_16

20120528_17 

バルコニーと、バルコニーからの眺望です。かつてやんごとなき方々も眺められたのでしょうね~。

ここで自販機のコーヒーを飲んで一服。
庭に降りました。

20120528_18

20120528_3_5

手入れの良い芝生、そして庭から眺めたお屋敷です。
上の写真の左側に満開の薔薇園があり、「バラまつり」が開催されていていました。

展示物の詳細は館のHPをご覧ください。
http://www.kamakurabungaku.com/index.html

鎌倉ゆかりの作家たちの直筆原稿を見ているだけで、時代が身近に感じられ、ふっと厳粛な気持ちになりました。

海あり、山あり、史跡あり。歩いていて飽きることがなく、疲れも感じない街。 

ほんの一刻ではありましたけれども、充実した時を過ごせました。

.

おまけ。

20120528_19

文学館近くの駐車場にて。
ぶさ可愛くって、思わず撮っちゃいました。
お昼寝中を邪魔してごめんね~。

.

.

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 8話 | トップページ | 平清盛 #22「勝利の代償」 »

@身辺雑記」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉散歩 2012初夏:

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 8話 | トップページ | 平清盛 #22「勝利の代償」 »

作品一覧