2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーフォーゼ #38「勝・者・決・定」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  8話「犬のみぞ知る」 »

2012年6月 5日 (火)

ATARU #08

公式サイト

チョコザイの治療が終われば、身元不明なのでしかるべき施設に入れられることを知ったラリー。
入れられちゃったらチョコザイが捜査に噛むことができなくなる。
チョコザイと蛯名の前に現れ、蛯名にチョコザイの正体を明かします。

本名は猪口在。で、チョコザイなんだ、というには全く気がつきませんでした。(汗)

アタルはFBIの捜査官候補生で、SPB=サヴァ・プログラム・ブランチという、医学的に証明されたサヴァン症候群の能力を捜査に生かすための訓練を受けていたという。(公式サイトより)

ところが成果を挙げられなかったSPBは後一ヶ月で解散させらようとしている。
このままチョコザイが成果を挙げれば、継続が認められるかもしれない、とのこと。
そしてチョコザイが自発的に事件に関わる動機になっていると思われる蛯名に、チョコザイとともに働いてくれないか、と勧誘します。
殺し文句は、「君とATARUが入れば、世の中から捨て山はなくなる。」
計算通り、ぐらつく蛯名。ATARUへの母性的な愛情もあるでしょう。
捨て山、と言う言葉に反応するチョコザイ。

チョコザイの施設行きを免れるために、とりあえず蛯名にチョコザイのパスポートを渡しました。

同時進行で起こった事件は。

あるアパートの一室で、日村(須藤公一)いう男が火災で亡くなった。早速調べに入った沢(北村一輝)たちだったが、被害者に拘束された形跡がないことから、自ら灯油を撒いて火をつけた自殺の可能性が高いとわかる。(公式サイトより)

不審死として解剖に回す沢。野崎はいつものように「捨て山」と言いましたが、今回はあまり反抗的な態度はとりませんでした。
しかし、母親に紹介したい女性がいる、と言っていた人が自殺するでしょうか、と問う蛯名には、人は突発的に自殺する、と相変わらずでした。
母親のことを思い出し、希望の言葉を口にして自殺する人なんていない、とつぶやく蛯名。

野崎、頑なです。単に面倒くさい、というのではなく・・・それだったら刑事失格ですが;;、彼にもひょっとしたら何かトラウマがあるのかな、とふと思いました。

火災直前に日村と宅配便の男が玄関で揉めていたと隣人が証言。(公式サイトより)

容疑者として疑われたのは、火災の通報者でもある、宅配便で働く川久保でした。

沢が事情聴取をすると、川久保が身の回りの電化製品、電子機器を破壊してしまうスライダーと呼ばれる放電体質の持ち主であることが判明。
その破壊する力はかなり強く、職を点々とせざるおえないし、普段の生活にも支障をきたすほど。
被害者に詰られたのも、インターフォンを鳴らさなかったことが原因でした。
インターフォンを触ると壊れてしまう。だからノックをしていたのですが、それが煩い、と文句を言われたのです。

しかし病気とはみなされないので、病院にも診てもらえない、治る見込みもないまま、生きていかねばならない。
苦しむ本人と家族たち。

凄い能力ですね、と言うしかない沢に、能力ではない、障害だ、という母親。障害じゃない、体質だ、ととりなす父親に、体質なら診てくれる病院があってもいいじゃない。誰も助けてくれない、と。

蛯名家でも話題に。
病気や体質なら医者に診てもらえないのは不公平だと。障害なら専門家のバックアップがあるけれども、それすらない。チョコザイみたいに能力になれば・・・

チョコザイ本人がその能力を持っていることをどう思っているのか。
それがこのドラマのキモでしょうね。

チョコザイの示唆で、さらに詳しい解剖を中津川に直訴する蛯名。
いつもなら追い返されるのですが、今回は聞き届けてくれました。
結果、誰かに首を絞められた可能性が高いことがわかりました。
でも死因は窒息死ではなく、やけど。火災の時は、被害者はまだ生きていたんですね。(恐・・・)
さらに被害者宅のエアコンのリモコンの設定値に注目。

沢は、川久保の特異体質を持ってすれば、可能な犯罪である、という推論を立てます。
ガゾリンを撒いてエアコンで湿度を下げ、大量に気化ガスが発生したところに何かを人工的にスパークさせる・・・

川久保は職場を首になってしまいました。
車だけは大丈夫だから、と、やっと見つけた職場なのに。
後は電気、電子機器のあふれる世界。どこにも自分の居場所はない。
本当は食べ物屋さんになりたかったのに・・・
.

結局、犯人は、被害者からお金を借りていた友人でした。
携帯の着信時におきるわずかなスパークで火災を起こしたのです。

事件を解決する一方で、沢がラリーの存在に気がつく様子も描かれていました。
蛯名からチョコザイ絡みのスカウトの話を聞かされただけでなく、犬塚の変貌がチョコザイと絡んでいるらしい・・・犬飼に何をした。直接会ってラリーに問いただす沢。
が、ラリーが本心を明かすわけなく。
この日本で好きなことはさせない、と啖呵を切る沢。

沢がいるからチョコザイが活躍できる、というのが現状なので、そうそう手出しはしてこないと思うのですが。

さて、敬語を使うようになった犬塚。洗脳されているようです。
で、彼もまた「シンクロナイズドスシミング刑事」に見入っていました。
ドラマの監修がラリーであることを知った沢。
サブリミナル効果かなんか使っている?
そういえば中津川も見ているようです・・・今回蛯名を邪険に扱わなかったのはそのせい?

こちらの方はまだ奥が深そうです。

川久保は、沢の紹介で移動式のホットドック屋さんで働くことになりました。
炭火焼ホットドックだから電気は使わない。なるほど。
加盟料もいらないし車も食材も会社持ち、やる気があれば独立できる。
いいお店です。いきなり登場したら突っ込むところですが、そのちょっと前にチョコザイと蛯名パパが寄る、という設定が生きていました。

ホットドックのキャベツネタは繰り返しでてくるので、その時はそのルーティンだと思っていましたし、チョコザイが何やら閃いたような素振りに気をとられていましたから。

自分のために動いてくれる人がいる。それだけで自分の世界は変わる、と嬉しそうに、早速研修を始める川久保。

彼の持っているのは能力なのか体質なのか、それとも障害なのか。

ひとりごちる沢。
そばでチョコザイの面倒をみる蛯名。不器用なので、じゃれあっているようにみえたのが微笑ましかったです。

.

かなり端折って書きましたが、それでもこれだけ長くなってしまった。

チョコザイ自身の謎、事件、容疑者の苦悩が交差する複雑なお話でした。
その上、ラリーと接触する蛯名、沢、そして様子のおかしい犬飼まで描いているのですが、意外とすっきり見れました。

気化ガスを使った犯行と放電体質を持つ人物の重ね方や、カビから犯人を特定したりと推理の部分も面白かったです。

編集及びテンポが良く、交通整理がうまくいったように思います。

また、川久保役の渡部豪太さんも良くて、川久保が犯人でなければいいのに、と思いながら見入ってしまいました。
そんな視聴者の気持ちに応える沢の活躍が良かったです。
刑事としての矜持を持ちながらも情にも厚く、高飛車でない。
北村さん、いい味出してます。

今までも特異な体質、症状を持った容疑者とチョコザイを重ねて描いてきましたが、川久保とチョコザイ。うまく噛みあっていたと思います。
人とは違う個性を扱っての、メッセージが伝わってきました。

ラストの川久保の笑顔。ちょっとほろりとなりました。
事件は悲惨でしたが、後味のいいお話になっていました。
沢、GJ。

遊びも色々あったようですが・・・
沢がラリーと会っている間、一人で渥見に相談する蛯名。
沢以外にはつっけんどんな渥見が次第に蛯名に馴れてくるのが、じわっと可笑しかったです。
最後には、四つんばいになって蛯名の椅子代わりになってました。喜んでましたよね、渥見さん。(爆)
チョコザイにも口調をまねされてましたしね。
絶対まねしたくなるのね。わかるのね。(爆)

データがインプットできてアウトプットできない。
ということは、いつか破裂する、ということなのでしょうか・・・

沢と蛯名はチョコザイが事件を解決するたびにストレスを抱えることに気がつきました。
今後、事件に関わらせない方がいい、と沢。
でも、それはラリーの目論見とは反すること。

蛯名はラリーの誘いをどうするのでしょうか。
あと、ぬいぐるみ、花・・・まだ謎は多く残されています。

次週、はや、チョコザイのパパ登場。
どうなるんだろう。

風呂敷を広げすぎな気もしますが(汗)、ともかく面白くなってきました。
・・・はっ、映画に続く、なんていうのはないでしょうね?!
続編なら、いいです(^^)

.

01 02 03 04 05 06 07

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーフォーゼ #38「勝・者・決・定」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  8話「犬のみぞ知る」 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□ATARU」カテゴリの記事

コメント

私も~猪口在→ちょこうざい→チョコザイだとは気付きませんでしたわ~^^;
色々と仕組まれてますね。

しかし、ラリーの言う事もとても全部は信用できないな。
何せ洗脳しちゃうような団体だから、このままじゃ沢の身も危ないし。

>川久保役の渡部豪太さんも良くて、川久保が犯人でなければいいのに、と思いながら見入ってしまいました。

ですよね~。
とりあえず沢のおかげで仕事が見つかって後味のいい終わり方で良かった^^

>・・・はっ、映画に続く、なんていうのはないでしょうね?!
続編なら、いいです(^^)

あ~…「ケイゾク」「SPEC」のプロデューサーですもんね。
ありえます。
でも、連ドラ部分は連ドラ部分でスッキリ終わらせてからの続きにしてほしいなぁ。

くうさん こんにちわ。

>色々と仕組まれてますね。
実はwikiで知ったんです。なるほど、と。(汗)

>何せ洗脳しちゃうような団体だから、このままじゃ沢の身も危ないし。
今後はチョコザイのことを思う沢とは対立しそうですね。
だとしたら、ラリーの話に惹かれている蛯名はどうするのでしょう。
蛯名の母親のことが絡んできて、蛯名と沢が対立したりなんかするのでしょうか。
だとすると最悪の幕切れになるかもしれません。それは嫌だなぁ・・・

>でも、連ドラ部分は連ドラ部分でスッキリ終わらせてからの続きにしてほしいなぁ。
せめてラリーが何を企んでいるのかは、はっきりして欲しいものです。
ラリーがすっきり退場した場合、新たにチョコザイの能力を利用しようとする存在を匂わせて、終わり、みたいなことはあるかもしれないな、と。

回によっては思いっきし突っ込んだりしてますが、わりと楽しんでます(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATARU #08:

» ATARU CASE08 [レベル999のgoo部屋]
『チョコザイの正体と目的!!』 内容 ほとんど眠ってないチョコザイ(中居正広)を連れ病院を訪れた舞子(栗山千明) 検査後、帰ろうとしていたところ、ラリー井上(村上弘明)が現れ、 チョコザイのことを“アタル”と呼ぶのだった。 ラリーは2人をアメリカ大使館の一...... [続きを読む]

» 『ATARU』 第8話 [英の放電日記]
 FBIや特異体質や事件や犬飼(中村靖日)の変貌や「しっぽがありません」など、いろいろ入り乱れるので、頭がついていきません。  特に川久保(渡部豪太)の特異体質(電気機器に干渉してしまう)のことが気になって、事件に集中できませんでした。  「真っ赤な目」...... [続きを読む]

« 仮面ライダーフォーゼ #38「勝・者・決・定」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  8話「犬のみぞ知る」 »

作品一覧