2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年5月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2012年4月の読書 その2 »

2012年6月 9日 (土)

カエルの王女さま 第9回「号泣!真夜中のライブ」

公式サイト

シャンソンズは県大会で優勝できず、約束通り解散することとなってしまった。あっという間に練習室も閉め出され失意の中、澪(天海祐希)は音楽堂での公演実現のために今は一旦解散し、反撃の機会をねらおうと皆を励ます。が、音楽堂の取り壊しまで19日、という中でそんな余裕はないと忠子(石田ゆり子)は反論する。ついに忠子が「ケリをつける」と父親、井坂清忠由芽市市長(岸部一徳)と対峙することを決意する。(公式サイトより)

忠子が父である市長と和解するまでを描いていました。

市長の弱みを握るために過去を探る澪たち。

ロン毛の若かりし日の市長の写真を館長から渡されます。

LOVE&PIACE。
ロン毛でヒッピーファッションの市長、清忠。フォークシンガーだったんですね。

澪は代々雅楽の家柄、自分もミュージシャンを目指していたほどなのに何故、音楽堂を、いや、音楽を嫌うようになったのか、と清忠に尋ねます。

重い口を開く清忠。

清忠の父もまた市長だった。
父は50億もつぎ込んで音楽堂を建て、音楽で町おこしをはかり、結果由芽市は財政難に陥ってしまった。
諸悪の根源は音楽堂だ、と清忠。
私は今、父の尻拭いをしているのだ。

ゴミ処理場。
自分たちが出したゴミはどこかで処理しなければならないのだから、やみくもに建設反対するのもなぁ、と思っていました。でも自分ちのだけでなく、全国からゴミを集めるのね。
で、ゴミビジネスで赤字解消・・・って、合併するんじゃなかったっけ。合併したら由芽市の赤字はどうなるんだろう。ゴミビジネスで赤字を解消したら、合併してもらえる、ということなのでしょうか。合併話はあんまりちゃんと見てなかったのであやふやです。なので、置いといて。

清忠が音楽堂を憎むのにはもっと個人的な理由がありました。

父はフォークソングを、息子のやっている音楽を認めなかった。

父によって全否定された夢。
音楽家の家柄に生まれて、自分の音楽を否定されるのは、普通の人よりきつかったでしょう。←ここ、脳内補完してます。でないと、雅楽の家柄、という設定が生きてきませんから。

音楽堂でのコンサートを強行するも、観客は入らず大赤字に。
そのため仲間も失い、夢も失った。
借金は父が肩代わりし、自分は音楽を捨て、父と同じ道を歩むこととなった。
音楽堂は彼にとって自分を否定した父、そして失った夢の象徴だった・・・

人情物としてならですが、テンポは悪くなかったと思います。

父が本当は自分の夢を応援してくれていたことを知って、清忠の表情が変わっていき、男手ひとつで育てた娘、忠子とソファーで黙って抱き合うシーンにはしんみりしました。

岸辺さんが見せてくれました。

今回、澪のリーダーシップは、清忠、忠子のいざこざに手出しをしないで、親子を向き合わせるところで発揮されていました。
忠子は清忠と、清忠は亡き父と。

相変わらずあんまり練習しないシャンソンズのことはさておき。
そうそう、「あれだけ頑張ったのにね」というセリフには、いつ頑張っていたっけ、という突っ込みは入れました。(汗)
確かに音楽以外のことで頑張っている姿は見ましたけれども。←ちょっと毒(汗)

感じたことをパラパラと書きます。

父が歌を歌わなくなったのは三才くらいからだった・・・といういうことは、三才までの記憶も残っている、ということですね。ありえない話ではないけれども何となく不自然な気がするのですが・・・

清忠が東京からUターンしたのは妻を亡くしたからなのでしょうか。
故郷に帰ってからはアルバイトをしながら歌を続けていたのかなぁ。それとも父親の脛をかじっていたのでしょうか。
色々想像してしまいました。

忍君の実家はスタジオも持っている本格的な写真店だったんですね。知らなかった。いや、最初の頃に言っていたかな?う~ん、聞き逃していたらごめんなさい。
ともかく鉄工所が閉鎖されても働く場所はあるわけで。
鉄工所の社長はどうしているんだろう、と、ふと思ってしまいました。

一希は就職活動、頑張っています。歌も歌ってました!!

父と息子の確執を南親子に重ねたり、忍の店で清忠の昔の写真が見つかったりと、色々と仕掛けはあるのですが、どれもいきなりというか、浅いので、仕掛ければ仕掛けるほどに微妙にストーリーの構造が歪んできているような気がします。
ショークワイアの話なのにショークワイアの部分が少なくなってきたのは軌道修正なのでしょうかねー。

で、ここへきて館長が倒れちゃいました。これまたいきなりです(_ _)
そしてピートの登場。こちらは予想できました。

清忠が軟化、音楽堂の練習室もまた使えるようになりましたが、シャンソンズが練習に専念できる日は遠そうです。

それにしても桜さんのお店、暇そう。
シャンソンズ以外のお客さんが入っているのを見たのは、澪が留守番をしていた時くらいでしょうか。あーここもあやふやかも(大汗)

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年5月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2012年4月の読書 その2 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□カエルの王女さま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの王女さま 第9回「号泣!真夜中のライブ」:

» カエルの王女さま 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『号泣!真夜中のライブ』 内容 コンクールでシャンソンズは、大喝采を得るのだが、結果は失格。 大会規定に違反しているという。すべては清忠市長(岸部一徳)の思惑通り。 優勝できなかったシャンソンズは解散だと、告げられる香奈絵(久野綾希子) 練習に使っていた市...... [続きを読む]

» カエルの王女さま (第9話・6/7) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
4/12からフジテレビで始まったドラマ『カエルの王女さ』(公式)の第9話『号泣!真夜中のライブ』の感想。 一気にラストスパートか? 冒頭で堂々と主人公・澪(天海祐希)が、「私たちの目標は音...... [続きを読む]

» 『カエルの王女さま』 第9話 [英の放電日記]
 ラスボスは市長(岸部一徳)じゃなかったんだ。市長は敵の幹部で、最後に主人公たちの戦いに加勢してくれるのかな(ステージに乱入?)  市長の頑なな心をほどいていくのはそれなりの感動はあった。しかし、それだけ。全体の流れとしては、未消化な部分が残る。  「...... [続きを読む]

» カエルの王女さま #9 [blog mr]
 やっと見たよ。最終回の二日前。  そうか、そこにつながるのか。  この番組名と、ときどき出てくるカエル云々の話がなんかおさまらないなぁ、と思ってたんだが、「カエルの王様」ね。 「夢の中へ」を歌ったとき、それまできれいな声だったのが、忠子がマイクを奪ったとき地声だったんだけど、忠子の雰囲気を出していて良かった。  岸部一徳は、「この人、芝居してるのかな」と思うことがあるんだけど、今回の練習場での「違う!」の声は良かった。  正直、先生の病気はどうかと思った。まぁ、来週を見ないとわかんないけど... [続きを読む]

« 2012年5月のまとめ~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2012年4月の読書 その2 »

作品一覧