2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« カエルの王女さま 第8回「決戦!優勝か解散か!?」 | トップページ | 鎌倉散歩 2012初夏 »

2012年6月 1日 (金)

37歳で医者になった僕~研修医純情物語 8話

公式サイト

原作:川渕圭一「研修医純情物語~先生と呼ばないで」「ふり返るなドクター~研修医純情物語」(幻冬舎文庫)

原作未読です。

すっかり出遅れてしまったので、短く感想のみ書きとめておきます。

伊達は事あるごとに「佐伯君を呼べ」と言うばかりで、看護師や担当の下田(八乙女光)を罵倒するなどやりたい放題。検査すら拒否する伊達を看護師や下田は“モンスターペイシェント”と呼び、扱いに困り果てていた。
しかし、来月に迫った学部長選挙が一番の関心事である佐伯は、下田らに伊達の対応を押しつけ、自分は病室に顔を出そうともしない。(公式サイトより)

伊達は佐伯の高校時代の恩師。
回想シーンによれば、かなり親身になって佐伯の面倒を見ていたようで、外来では佐伯が診察してたとのこと。
検査を受けようとしないので、佐伯の診断による治療を続けるのですが、過去の佐伯のレントゲン写真を見て、新見はなにやら気がついた様子です。

一方、佐伯は、下田にカンファレンスの場で、伊達を説得して欲しいと訴えられたため、断りきれずに病室を訪れます。
かつての教え子のりっぱになった姿を見て嬉しそうな伊達。しかし昔話をしたことが佐伯の気に入らなかったようで、冷酷、とでもいうような態度で立ち去ります。

がっくりする伊達。
その後、体を張って助けてくれた下田を信用するようになり、検査を受け入れました。

結果、病名が佐伯の診断したものではなかったこと、うんと重篤な状態にあることがわかります。
もっと早くに説得に成功していれば、と自らを責める下田。
しかし、新見、中島は何かを隠している様子で・・・

順調に検査が進み始めたのに、病状が急変する伊達。
下田は、予想もしなかった臨終に立ち会うこととなり、愕然とします。
やっと心が通うようになったのに・・・。

紺野との同棲をスタートさせたすずは、紺野とともに普通の生活がおくれることが嬉しくてしかたがない様子。
しかし、病状は確実に悪化しているようです。

伊達の孤独な心と下田の成長を描いていて、佐伯の誤診か?という問題は残りましたが、まとまったお話になっていました。

・・・紺野のお話じゃなかったですが。(汗)
下田を応援、励ます、伊達の話し合い相手になるくらい?
伊達との会話にしても、どうしても「37歳で医者になった」紺野でなければならない、という内容ではなかったような気がしました。

今回最大の衝撃は。

あの森下先生が佐伯の指示通り動いている、ということでした。
しかも、誤診まで囲うそうとしているとは。
どんな理由があるのでしょうか。

「今の気持ちを忘れるな」というかつての恩師の言葉を忘れている、というか全く省みない佐伯、紺野の勤める病院に運ばれてくるだろうすずの今後が気になります。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« カエルの王女さま 第8回「決戦!優勝か解散か!?」 | トップページ | 鎌倉散歩 2012初夏 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□37歳で医者になった僕~研修医純情物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 8話:

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 case8 [レベル999のgoo部屋]
『医者と患者が向き合うことの意味』 内容 同居をはじめた祐太(草なぎ剛)とすず(ミムラ) 同僚の瑞希(水川あさみ)ら研修医らを部屋に招き、料理を振る舞うなど、 そんな普通の暮らしにすずは喜びを感じていた。 そんななか、元高校教師で佐伯(松平健)の恩師・伊...... [続きを読む]

« カエルの王女さま 第8回「決戦!優勝か解散か!?」 | トップページ | 鎌倉散歩 2012初夏 »

作品一覧