2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リーガル・ハイ  9話 | トップページ | カエルの王女さま 第10回「夢か仲間かで運命の選択」 »

2012年6月14日 (木)

37歳で医者になった僕~研修医純情物語 10話

公式サイト

原作:川渕圭一「研修医純情物語~先生と呼ばないで」「ふり返るなドクター~研修医純情物語」(幻冬舎文庫)

原作未読です。

自分の理想を実現するために医療ミスをもみ消す・・・森下先生がどんどん黒くなってます。
すずが転院するのが難しい、というのは人質というだけでなく,、本当なのでしょう、その後の経過をみると。
しかし、佐伯の病を知っても、治療を勧めないばかりか知らないふりをする。
ここで佐伯に降りられ、代わりに長谷川が学部長に就任したら、出世の目は完全になくなるから。
もう、手遅れ、ということもあるのかもしれません。しかし、それは医者のスタンスじゃない。

辞表を出した下田は伊達の医療ミスを追及しようと動きます。
しかし、佐伯に先手をうたれてしまい、奥さん、由美恵は示談に応じてしまいました。
事を大きくしたかったわけではない。助けて欲しかっただけ。死んだ理由を知りたかったわけではない。
そして、今の気持ちを他の患者さんのために使って欲しい、と。
自分がするべきこと、と思っていたことがなくなってしまった下田。
しばらく彷徨していましたが、結局病院に戻ってきました。

下田の復帰を意外にもさらっと受け入れる新見に、下田は担当した患者が死ぬこと何とも思わないのか、とたずねます。
お前が医者を辞めようとしているのは、治療の責任をとるとかどうとかではではなく、単に怖いからだろう、と新見。
人の命を預かっているんだから怖いに決まってます、と応える下田に、「それは当たり前のことだ」と言い、去り際、皆に背を向けた時に淡く微笑む新見。

毎年青臭い研修医を相手しなければならない指導医も大変だなぁ、とちょっと同情してしまいました。
このドラマでは診療態度など、悪役に描かれすぎていたのでは。
患者とどう向き合うか。
紺野の理想とは正反対の医者を登場さすことで、話をわかりやすくするためだったのでしょうけれども。

入院したすずは、病人特有の勘からか、紺野と森下の間がうまくいっていないこと、自分が原因のひとつであることを察し、転院を望みます。
すずの望みを叶えようと、ついに沢村は森下に逆らい、そのために人生初の始末書を書くことになってしまいます。
でも、もう決心はかわらない。正しい今を生きるために。

ラスト、声が出るようになったすず。しかし直後に昏睡状態に陥ってしまいます。

つづく。

ずすの本音を聞いて、単なる優等生から本物の医者への一歩を踏み出した沢村、一度は脱落するも、自分のやりたいこと、やるべきことを見つけて戻ってきた下田。
研修医たちの成長物語を破綻なく描いていたと思います。

そして医療ミス事件から露わになってきた森下の野望、病に冒されている佐伯・・・

・・・紺野がどう動いたか、全く書いてません。
書くことがなかったんですから。

ただ難病と闘う恋人を見守るだけ。思わず「愛と死をみつめて」か、と突っ込んでしまいました。
いや、最初からそういう話ならいいんです。

夜の声に怯えるすず、次第に症状が悪化していくのをどうすることもできないジレンマに苦しむ紺野。
恋人たちの哀しみやお互いをいたわる気持ちは、切なく描かれていたと思います。
この部分が大きすぎて、紺野の話じゃなくなってきています。


タイトルバックで流れるアニメが気になって仕方がありません。ドラマでの紺野の描き方と違和感がありすぎて。

次回が最終回。
紺野がどう動くかより、すずが気になるのは、どうなんだろう・・・。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« リーガル・ハイ  9話 | トップページ | カエルの王女さま 第10回「夢か仲間かで運命の選択」 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□37歳で医者になった僕~研修医純情物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 10話:

» 37歳で医者になった僕~研修医純情物語~(第10話・6/12) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
4/10からフジテレビで始まったドラマ『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』(公式)の第9話『医者も一人の弱い人間という現実』の感想。なお、原作の川渕圭一氏の小説『研修医純情物語シリーズ』は未...... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 case10 [レベル999のgoo部屋]
『医者が忘れてはいけないその重み 内容 伊達(竜雷太)の死の問題で、佐伯(松平健)の誤診を疑う祐太(草なぎ剛) そんななか、伊達の妻・由美恵(田島令子)には、 中島(鈴木浩介)たちから、落ち度がなかったと報告される。 が。。。。責任を感じた下田(八乙女光...... [続きを読む]

« リーガル・ハイ  9話 | トップページ | カエルの王女さま 第10回「夢か仲間かで運命の選択」 »

作品一覧