2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第17話  「その名はゴーバスタービート!」 »

2012年6月17日 (日)

平清盛 #24「清盛の大一番」

公式サイト

保元の乱以降。

平氏一族はみな官位があがりました。
清盛自身は公卿にはなりませんでしたが、そのかわり嫡子、重盛がいきなり従五位上に。

信西は政治の実権を握ります。
平氏の財力を元に内裏を修復し、租税徴収の徹底をはかり、さらには宮中行事としての相撲節会を復活させるなど、精力的に動きます。(公式参照)

平氏の財力をあてにしない、と言いつつ、ちゃっかり、難物の太宰少弐、原田種直から徴収することを清盛に命じる信西。
清盛を見込んでのことですけれども。
ただ、容易に任務を果たすには自分を原田より上の官位、太宰大弍に就かせればよい、という清盛の申し出は、受け入れませんでした。

太宰大弍は参議または二位、三位の官位のものがつく。それ以上に家格が限定されるようで、さすがの信西も容易にいじれない分野。
ゴリ押しすればいらぬ反発を招く。今はまだその時期ではない、ということ。
ま、清盛もダメもとで言ってみた、という感じでした。

太宰府にて。
収入に比べて納める税が少ないことを、盗賊対策に費用がかかるため、と言い逃れる太宰少弐。
相手が武士ということもあるのでしょうし、今までそれで通してきた、という自信もあって、傲岸不遜な態度でしたが、ならばガードマンとしてうちの恐いおあにいさんを貸し出しましょう、という清盛の脅しにあっさり降参。

清盛は帰京してのち、相撲節会を仕切りたい、と信西に申し出たり、重盛と成親の妹、経子の縁談をまとめるなど、積極的に動きます。

縁談に乗り気でない重盛を、今が大事な時だと説得する清盛。
それはかつて、清盛が一門の反対を押し切って明子を娶ろうとした時に、家貞が言った言葉です。感慨無量の家貞。
あの時は、忠盛は許した。だか、今は。

盛国はその時より一門の背負っているものがはるかに重くなったからだと告げる。(公式サイトより)

清盛、盛国の成長を喜びつつ去って行く家貞の後ろ姿。老いましたね・・・

さて、同時進行する相撲節会と重盛の婚礼。

ところが婚礼の最中に、重盛が、経子には不足はないが、自分は叔父を殺せと命じた信西と手を組む父のようにはなれない、平氏の棟梁になる覚悟ができていないのでこの婚礼はなかったことにして欲しいと、言い出します。

一瞬凍りつく一同。

しかし、清盛は意に介さず、重盛を庭に投げ飛ばしてしまいます。
まっさきに花嫁をなだめるのは行くのが良かったです。びっくりしただけで、怯えたり怒ったりしない経子さんもただものじゃありません。
清盛のもと、また何事もなかったように婚礼を続る平氏一族。
ほっと微笑む時子と池禅尼のカットが効果的でした。
間違ってもでしゃばったりしないのに、好感度大。

一方、御所では相撲節会が華やかに催されていました。
宋式のお茶、そして器に興味津々の後白河帝。
清盛の思った通り、ということでしょう。。
今日の催しが清盛プロデュースだと信西から知らされた帝は、清盛を太宰大弍にする、とその場で決定します。破格の決定に、驚く貴族たち。

今までは、政に興味がないくせに、居座ることで、玉座を狙う守仁親王と親王の庇護者、美福門院をもて遊ぶことにしか「おもしろきこと」を見出せなかった後白河。
清盛と遊ぶために、もっと面白いことを楽しむために、窮屈な帝の座をあっさり譲り渡します。

義朝は・・・あれほどの犠牲をはらいながら、得たのは親殺しの汚名とわずかな恩賞。

官位もしくは領地を求めて幾度も信西に直訴しますが、会ってくれないか、会っても取り合ってくれません。
太宰大弍を求める清盛の、余裕の猟官運動とは対照的です。
その上、必死で源氏を支えようとする由良御前が病に倒れてしまいます。
由良御前の主、統子内親王より、これ以上由良に重荷を負わせてはならぬ、私は由良が不憫でならぬ、と言われ、さらに落ち込む義朝・・・やさぐれて縁側に座る姿といい、かつての為家と重なります。

こうして不満のたまっていく義朝。
内裏で顔を合わした清盛に、いずれは信西に捨てられる、と告げます。
清盛は、そうであっても今はそれしか道がない、と。

この二人の図にも、かつての忠盛と為家が重なりました。

.

乱の後の、もっとゆるいお話かと思ったら、清盛を中心に、義朝、信西、後白河、成親・・・登場人物それぞれの境遇、気持ちが端的にきちんと描けていて、面白かったです。
大きな事件はなくとも、ドラマになっていました。
最初の三ヵ月もこういう構成だったら良かったのに・・・

清盛が棟梁らしくなったということもあるでしょう。
姿勢や声音もすっかり変わっていました。

そのかわり、今度は重盛が中二病に。
親と子、というのはこういったことの繰り返しで繋がっていくのでしょうね。

冒頭、ひっそりと讃岐に流される崇徳院。
院の怨念発動はまだ先・・・

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第17話  「その名はゴーバスタービート!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
amebloがTB不可能になりまして、TBでお邪魔を
できなくなったのが大変心苦しきことにて・・・。
またブログを変えるのも面倒で、そのまま維持で
こちらから記事読みにお伺いしてます。

義朝の悲壮感がだんだん増していますよね。
清盛一家の↑と反比例するかのように↓な義朝周辺。
頼朝が役に就いたことくらいですか?慶事は・・。
常盤の家でたそがれてる義朝さんがなんとも
かわいそうで。背中が小さくなってた。

平治の乱もまぢかになりました・・。再来週かな。

bluestarさん こんにちわ。

コメント、ありがとうございますm(_ _)m
bluestarさんの丁寧な考証と考察のブログ、いつも拝見しております。

>amebloがTB不可能になりまして、
そういうところが増えているみたいですね。
ここもそのうちにそうなるのだろうか(_ _);;
色々な理由はあるのでしょうが、文章を見返す暇のないSNS系が苦手なので、全廃はやめて欲しいものです。

>常盤の家でたそがれてる義朝さんがなんとも
>かわいそうで。背中が小さくなってた。
かわいそうでしたね・・・

源氏、平氏の行く末を思うと、本当に諸行無常です。
そういうお話なんだ、ということを、最初の方でしっかり視聴者にわかるように描いて欲しかったかも。
けっして明るい話じゃないから、それでも視聴率は良くなかったかもしれませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #24「清盛の大一番」:

» 平清盛 第24回 清盛の大一番 [レベル999のgoo部屋]
『清盛の大一番』 内容 保元の乱の悲劇的結末。 崇徳上皇(井浦新)をも流罪にした信西(阿部サダヲ)と、 手を組むことを決意する清盛(松山ケンイチ) 乱の功績で、平氏一門それぞれ官位が上がり、満足げな清盛。 だが忠正を死に追いやった信西と手を組む父・清盛の行...... [続きを読む]

» 【平清盛】第24回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
後白河帝(松田翔太)のもとで実権を握る信西(阿部サダヲ)の政治改革が始まった。 信西は手始めに内裏を修復し、宮中行事としての相撲節会(すまいのせちえ)を 復活させるなど、精力的に行う。 相撲節...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第24回「清盛の大一番」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱の戦後、信西の権力は、いっそう大きくなっていました。内裏の修復もおわり、喜ぶ後白河帝へ、信西は平氏の財力による貢献を説きます。さらに信西は、ながらく廃れていた宮中行事を復活させると言い、その財源は租税を使うとも。大宰府の原田種直は、わずかの租税しか送らないことが問題視されていました。清盛は、大宰府におもむき、原田屋敷に乗り込んで談判します。しかし、原田種直も一筋縄ではいかず、九州の治安悪化を理由に、租税の件はしぶりました。いったん辞去した清盛は、種直の屋敷に、こん... [続きを読む]

» 「平清盛」第24話。 [Flour of Life]
「平清盛」第24話見ました。今週は裏でサッカーやってないから大丈夫…かな? [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第24回「清盛の大一番」 [よくばりアンテナ]
いやぁ~~先週の悲惨で重厚な話の中で、 平氏と源氏を対比させながらの処刑シーン。 これは斬ることのできた清盛と斬れなかった義朝の今後の伏線かなって 見てる誰しもが予想してたと思うけれど、 こんな...... [続きを読む]

» 平清盛 第24回「清盛の大一番」〜豊真将登場〜相撲増税!? 信西の一体改革 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第24回「清盛の大一番」 今回は、いままで最高でした! 官位「大宰大弐」を巡るエピソードは、最高に退屈でした〜〜〜。 −◆− 平氏の財源を拠り所にして内裏修復などを進めた信西(阿部サダヲ)は、『税と政治の一体改革』に着手。 まずは全国へ税徴収徹底(消費増税?)を進めて財源を確保し、相撲の御前試合『相撲節会(すまいのせちえ)』を執り行って豊作を祈願・・・。 国が豊かになることを願うのも帝の仕事ですから、『相撲節会』は単なる格闘技イベントではなく、公式行事=五穀豊穣祈願... [続きを読む]

» 『平清盛』 第24話「清盛の大一番」 [英の放電日記]
 武士の世を興すため忠正の斬首を言い渡した信西(安部サダヲ)と手を組み、財力や地位を確固たるモノにしていく清盛(松山ケンイチ)。  それに対し、冷遇されている源氏。さらに由良御前(田中麗奈)が病に伏し、心が切迫していく義朝。憎き信西と手を組む父・清盛に...... [続きを読む]

» 平家の朝廷進出 ~平清盛・清盛の大一番~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
清盛は叔父・忠正を犠牲にする形で保元の乱を生き残り、どうやら公卿になるよう。 時に清盛・38歳。 官位は播磨守、太宰第弐。 西国を実質的に制していたと言える。 方や信西は、権力を実質的に握り、つ...... [続きを読む]

» 平清盛、末の世の賢王!! [函館 Glass Life]
何かにとりつかれているような義朝、まるで鬱状態でしたね 本来頼りになる筈の一族ですが、その殆どを殺してしまった のですから仕方ありません 一族の殆どを亡くした者と一族の殆どが生き残った者の差で しょうか?? 逆に清盛は吹っ切れたような感じさえします ...... [続きを読む]

» 平家の朝廷進出 ~平清盛・清盛の大一番~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
清盛は叔父・忠正を犠牲にする形で保元の乱を生き残り、どうやら公卿になるよう。 時に清盛・38歳。 官位は播磨守、太宰第弐。 西国を実質的に制していたと言える。 方や信西は、権力を実質的に握り、つ...... [続きを読む]

» 平清盛 第24回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/窪田正孝/松田翔太/藤木直人/森田剛/西島隆弘/田中麗奈/和久井映見/阿部サダヲ/井浦新/中村梅雀/松雪泰子/上川隆也 第24回 「清盛の大一番」 12.1% 大学生(...... [続きを読む]

» 平清盛「清盛の大一番」 [blog mr]
 清盛が信西につくことにした理由、というか、そう決心した理由がよくわからない。目指すところは似てるのかもしれないんだけど。つまり俺は、重盛と同じ疑問を持ってるわけね。  とにかく人が多くて、そのことも、俺がついていけないでいる理由なのかもしれない。前から気になってた藤原成親が吉沢悠だってことがやっとわかった。  上皇の井浦新が「ピンポン」に出てたこともわかったが、記憶にないなぁ…。パンフ見れば思い出せるのかもしれないけど、掘り返すの面倒。 ... [続きを読む]

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第17話  「その名はゴーバスタービート!」 »

作品一覧