2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年4月の読書 その2 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第16話  「亜空間から来た男」 »

2012年6月10日 (日)

平清盛 #23「叔父を斬る」

公式サイト

信西より、叔父、忠正一家の斬首を命じられる清盛、父、為義と弟たちの斬首を命じられる義朝。

元々あと味のいい話ではありません。

あまり取り繕うわずに、あと味の悪いままに、葛藤を描きつつ作ってあったのは良かったと思います。
影より忠正一家の処刑を見届けるのが西行、為義たちの処刑は後の弁慶・・・何かと対比描写が好きだな、とは思いましたが。

忠正の息子たち、義朝の弟たちに覚悟ができていたのがせめても救いでした。
正清・・・

一連のシーンは辛かったので、おいておきます。(涙)

忠盛を闇討にしようとした為義に「父上はわたしが守る」と言った義朝。あの日の親子の姿が悲しく思い出されました。
そして、どうしても父たちを斬れなかった義朝を見ていた鬼武者(頼朝)があの時の義朝とほとんど同じ言葉を父にかける・・・

代々摂関家に使えてきた源氏の力を削ぐことが信西の目的。
忠正の処刑は、義朝に否とは言わない囮だった。
本当の目的は摂関家を追い落として、自分の理想とする政治を断行すること。

信西の思惑通り、自らの手で一族を葬った義朝は手足をもがれたも同然となり、しかも理不尽ではありますが、父親殺したことで宮中での人望を失ってしまいます。

この後も源氏は様々な理由で同族殺しを繰り返します。
父と祖父たちの悲劇を見つめていた頼朝もまた、叔父や従兄弟、そして弟たちを打ち倒しました。
一族内で争った結果、鎌倉幕府の将軍になるも源氏の正当な血筋は三代で終わってしまったわけですが、それはもっと後の話。

清盛の方はと言うと、斬ったのが叔父であったことで、義朝ほどのダメージは受けなかったようです。
もし、弟、頼盛だったら。このドラマの忠正は、まさしく身を張って平氏を守ったんですね。
「一連託生」。
一族の結束を改めて申し渡す清盛。

「滋子、務めに出よ。そなた、どなたかにお仕えせよ。」

私は一門が世に煌めくために使われるのは嫌だ、と言う妹、滋子に

「一人で生きているとは思うでないぞ。そなたは平氏の棟梁の妹、すすんで平氏のお役に立つことをせよ。」


姉らしくない、と訝る滋子。

「今になってようようわかったのじゃ。武士の妻、棟梁の妻になることがいかなることかが。」

時子が、苦悩する清盛をじっとひとことのセリフもなく見守り、清盛の姿を観て覚悟を決める流れも良かったと思います。源氏オタクから、平氏の肝っ玉母さんへ。

一方、由良御前は常盤に義朝のことを頼みます。
「殿のお苦しみ、わたしでは如何ともしがたいのです。」
為義を屋敷に引き取ったことが裏目にでてしまい、義朝になじられた由良御前。
このことに限らず、気性の勝ったしっかり者なために、ことごとく義朝とぶつかってしまうのでしょう。

「どうぞお優しい子にお育てなさいませ。私は鬼武者を強いおのこに育てねばなりませぬ」

源氏を継ぐのは、家格からいって、自分の産んだ頼朝しかいない。
棟梁の妻としてのプライドが見えました。

清盛もまた、自分を殺して後白河帝主催の酒宴に出席します。
後白河帝の清盛への贈り物は例の歌。
愚弄ではなく、挑発しているんでしょうね。
それにしても、憎々しいわぁ。
必死で耐える清盛を見つめる美福門院の目が潤んでしまいた。

皆が清盛の心中を察して居心地の悪い思いをしている中、一人浮かれる信頼の後ろ姿が効果的でした。

苦々しい宴のあと、信西に詰め寄るも、彼もまた苦しみながらも、理想を持ち続けていることを知る清盛。
信西は、自分の知力と平氏の武力で、ともに世を変えようと語りかけます。←ここ、公式サイトより引用しました。

今回は男たちだけでなく、女性たちが、しゃしゃり出ることなく、少ないセリフの中に思いを込めたシーンが多かったことも余韻となっていました。

さて。
本当に平氏のことを思ってくれていた家成とは違って、息子成親はかなりの曲者です。
で、信西に取り入る師光と帝にすりよる信頼。

成親はともかく、後の二人、何者?と思っている人が多いんじゃないでしょうかね?
特に信頼は、バックボーン・・・貴族とはいえあまり家格の高くない家の出身であるということなど全く描かれていないし、今はまだ賑やかし程度の存在感しかありません。

今後の展開のキーマンですから、これから描いてくれるのかな?

その他のことを含めて、資料やwikiなどで学習してようやくついてってます。
調べるのは嫌いじゃないからいいんですが・・・



.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年4月の読書 その2 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第16話  「亜空間から来た男」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #23「叔父を斬る」:

» 平清盛 第23回 叔父を斬る [レベル999のgoo部屋]
『叔父を斬る』 内容 戦いの終結。 信西(阿部サダヲ)が下した忠正(豊原功補)為義(小日向文世)への処分は、 斬首だった。 “従わぬなら官位を剥奪する” 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)らの命乞いなども、 信西に訴えが通るわけがなかった。 清盛は、その処断に...... [続きを読む]

» 「平清盛」第23話。 [Flour of Life]
なんか回を増すごとに視聴率がえらいことになってるんすけど…ま、いっか!だって昔はともかくここ数年の高視聴率大河ってみんな中身すっかす(以下自粛) [続きを読む]

» 平清盛 第23回「叔父を斬る」〜後白河(松田翔太)「さあ皆の者、遊べや唄え」〜比類なき暗君! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第23回「叔父を斬る」 先日の『ピカルの定理』(嫌いな番組)で、『平清盛』の低視聴率がバカにされていましたねぇ。 『リニューアル・平清盛』というコントを流される始末で・・・。 今日はサッカーの試合はないからね・・。 −◆− 保元の乱の戦後処理。 流罪が極刑だった世において信西(阿部サダヲ)は、清盛(松山ケンイチ)に叔父・忠正(豊原功補)と4人の子、義朝(玉木宏)には父・為義(小日向文世)一党を斬首せよと命じました。 八方に手をまわして減刑を図るも、成親(吉沢悠... [続きを読む]

» 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ [新ドラマQ]
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...... [続きを読む]

» 【平清盛】第23回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
「斬首せよ」と、信じ難い沙汰を信西(阿部サダヲ)から言い渡された清盛(松山ケンイチ)と 義朝(玉木宏)は、叔父・忠正(豊原功補)と父・為義(小日向文世)を守ろうと奔走する。 しかし、かい無くつ...... [続きを読む]

» 涙の運命 ~平清盛・叔父を斬る感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
信西から非情な決断・・・後白河天皇の意向でもあったんだろうが・・・ 敗者の斬首。 実際の清盛と忠正は叔父甥関係で仲も良くなかったらしいんだけど、 ここでは心の奥底で繋がっていたという設定。 一...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第23回「叔父を斬る」 [よくばりアンテナ]
こんなに身内を斬るっていうことを先週からひきずっちゃうなんて、 どんだけ時間をかけるんだよ。って思ってたんだけど、 でも、重厚でいい仕上がりだったと思いました。 信西は、清盛に忠正とその子ら...... [続きを読む]

» 平清盛 第23回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/藤木直人/森田剛/西島隆弘/田中麗奈/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/松雪泰子/上川隆也/國村隼 第23回 「叔父を斬る」 11.6%...... [続きを読む]

» 平清盛、選択肢がなかった為義と忠正!! [函館 Glass Life]
久し振りにテレビに見入ってしまいました 史実云々より演技に引き込まれてしまったのです。 特に玉木・義朝の演技は抜群でしたね 一本調子の清盛より役者としてはワンランク上の感じがしたのは 僕だけでしょうか?? 忠正を斬る清盛と為義を斬る義朝 清盛は自分で...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第23話「叔父を斬る」 [英の放電日記]
今回の見所は、身内(叔父や父)を斬首する清盛と義朝  ですが、真のテーマがあります。 信西の真意と保元の乱の意義  黒くなった信西(安部サダヲ)が保元の乱を誘導したと考えてよいと思うが、保元の乱の意義は?  一言で言えば、藤原頼長(山本耕史)、崇徳院(井...... [続きを読む]

» 平清盛「叔父を斬る」 [blog mr]
 前半はゆっくりと進む。  画面を二つに割って両家で斬首! と思わせておいて、清盛は果たしたが、義朝はできず泣き叫ぶばかり。しかも斬首する相手にもののしられてしまう。清盛のほうは「切ってくれ」とお願いされているのに。この対比を描くためのテンポ。  関西で歴代最低の視聴率になったのだそうな。俺、開始早々、兵庫県知事がケチをつけたのが原因の一つじゃないのかな、と思っている。一緒になって盛り上げていくべき人間がけなすってどういうことよ、と当時も思った。NHK にしてみたら、後ろから切りつけられたような気... [続きを読む]

« 2012年4月の読書 その2 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第16話  「亜空間から来た男」 »

作品一覧