2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ATARU #10 | トップページ | 永遠の泉:簡単感想 »

2012年6月19日 (火)

鍵のかかった部屋  10話「硝子のハンマー 前編」

公式サイト

原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」(角川文庫)

原作未読です。

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)、芹沢豪(佐藤浩市)とともに芹沢が顧問弁護を務める介護サービス会社「ベイリーフ」にやってくる。同社の社長室や役員室が入る会社最上階のセキュリティー強化を依頼されたのだ。
社内を調査した榎本は、社長の穎原昭造(佐々木勝彦)らに必要なシステムを説明、後日、工事が行われることとなった。
ところが数日後、榎本が工事にやってくると、穎原が社長室で死んでいた。連絡を受け駆け付けた純子と芹沢に、穎原の甥で副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は、穎原の死因が頭部打撲による脳出血であること、社長室が密室だったことを明かした。
刑事の萬田(丸山智己)は、社長室に唯一入出可能だったという理由で専務の久永(中丸新将)を警察署に連行。しかし、久永が犯行を否認したため、芹沢は榎本に事件の調査を依頼した。(公式サイトより)

社長にセキュリーティー強化を思い立たせたのは、12階の社長室に、空気銃が打ち込まれたから。
しかも社長は以前より何者かに強迫されていました。
それなのに、警察に届けることを断固拒否し、ひたすらセキュリティーシステムの強化を主張する社長。

芹沢はセキュリティーの専門家として榎本を推薦します。
いいとこあるやん・・・ってそれが裏目にでちゃうんですが。

榎本は社長を知っていました。が、社長は気がつかない。
警備会社の人間なんて覚えていなくて当然です、と青砥につぶやく榎本。

無表情なまま立て板に水のごとく、ビルのセキュリティーシステムの不完全さを指摘、自分ならば破るのは「こんなの余裕です。」と榎本・・・

さて、1週間後。
社長が何者かに社長室で殺された。
直後に訪れた榎本。

死因は頭部打撲による内出血。普通の人なら死なない程度の衝撃だったのですが、去年、脳動脈瘤で頭蓋骨切開の手術をしている社長には致命傷となったとのこと。
打撲は脳天に加えられ、倒れてから這った痕跡がある。

殺害時間、フロア内にいたのは、会議室に介護ロボ担当の岩切と介護サル担当の安養寺。
秘書室に秘書二人。
専務室で仮眠をとっていた専務、久永。
社長の甥である副社長は外出していた。

かつ、廊下に設置された監視カメラには社長室に出入りした人間は映っていなかった。
そのため廊下内部から社長室に行くことの可能な専務室で、事件時に一人だった久永が重要参考人として引っ張られました。が、青砥には久永が犯人とは思えない。

しかし、副社長は久永が犯人ということで決着をつけたいらしい。
レム睡眠行動障害とかなんとか持ち出して・・・つまり、心神喪失状態でおきた事件だとすれば、会社が受けるダメージを最小限で食い止められる、と。

納得のいかない青砥に、犯人は久永ではない、と同調する榎本。
なぜなら、久永が事件直後に毛布に包まっていたから。それは一人ではできないこと。

動き出す榎本。
芹沢、青砥、副社長たちの前で空気銃の不可解さを解き明かしました。
弾道を計算して、外から撃ち込まれたとしたら、弾痕はもっと上にあるはずだ。
さらに、何者かが部屋の中でドアに向かって空気銃を撃ち、外部から撃たれたようにみせかけるだめに窓を傷つけた、という仮説を組み立て、青砥の協力を得て、可能であることを立証しました。
そんなことができるのは、誰。
社長しかいない。

榎本の結論に呆気にとられる一同。

何故。セキュリティーシステムを強化したかったから。
5年前からセキュリティーを強化した。
今年になって、さらに強化しようとしたのだが、防犯にかける予算はない、と役人会に却下されたしまった、とのこと。
脅迫状がきはじめたのは、その後。
セキュリティーを強めるためのだから社長の自作自演だった。
だから警察に通報させなかったのね。
脅迫状も自作だったのでしょうか。

ともかく、そこまでして強化したかったのはなぜ?

榎本が結論を言う前に、警察がやってきてしまいました。

事件担当の萬田と、顔なじみの鴻野です。
理由は、榎本には動機と、セキュリティーを破るだけの技術があるから。

動機とは。
以前、殺された社長の自宅のセキュリティー設置を請け負っていたのです。
工事の後、社長宅に窃盗が侵入。社長は榎本に疑いをかけ、激怒して会社に乗り込み、損害賠まで請求したとか。
証拠がないので逮捕はされなかったが、何度も事情聴取されたり・・・
防犯会社勤務なのに。
そら白い目で見られますよね(_ _)

結局窃盗犯人は社長の愛人だった。なんじゃそりゃ。
しかも、一言の詫びもないなんて。

その事件以降、榎本は会社の人間と一切話をしなくなり、倉庫に引き篭もるようになったそうです・・・て、こんなこと、誰が垂れ込のでしょう。
曰くありげに登場した、義朝仕様の千秋先輩?

さぞかし社長を恨んでいただろう、と、榎本を重要参考人として引っ張っていってしまいました。

・・・セキュリティー会社だったら窃盗の疑いをかけられただけでもクビになりそう、と、一瞬突っ込みかけましたが、それでもクビにならなかったのは、良心的な会社で、しかも榎本が極めて優秀な社員だからだったんじゃないのかな、なんてふうに思い直しました。

冤罪が榎本を、感情を露わにしない人間にした、とは思えませんでした。
元々、人を殺したいと思えるほど、人に強い思い入れを抱くタイプではないような気がします。

しかし、警察が自分の過去を暴いている間の無表情には、怒りや悔しさが隠されているようには思えました。
原作ではこの話がシリーズ第1作なんですね。ふうむ。

青砥は榎本を信じるでしょう。
前とは違って、今回は榎本を信じる仲間がいるぞ!

芹沢も、もちろん。と、言いたいところですが、この男はよくわからない。(笑)
サル、思いつき・・・今回も笑わしてもらいました。
推理小説なんか大嫌い、と言ってるわりには数撃ちゃあたる方式で、推理を連発してます。
榎本のこともあれこれ妄想(笑)しながらも、助けるために奔走しそうな気がします。

鴻野がどういうスタンスをとっているのかは、出番が少ないので全くわかりません。

警察が邪魔したために、榎本の推理を最後まで聞けなかったのが残念です。
いや、それでいいのかな?
榎本の視野に入っていなかった第三の男。
どう関わってくるのでしょうか。

次回、最終回です。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ATARU #10 | トップページ | 永遠の泉:簡単感想 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□鍵のかかった部屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍵のかかった部屋  10話「硝子のハンマー 前編」:

» 鍵のかかった部屋 (第10話・6/18) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
4/16からフジテレビで始まったドラマ『鍵のかかった部屋』(公式)の第10話『硝子のハンマー』の感想。また、貴志祐介氏の原作推理小説は未読。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さん...... [続きを読む]

» 【鍵のかかった部屋】第10話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
できますよ。 できるでしょう? 榎本さんなら。 ねえ? 「鍵のかかった部屋」第10話     簡単感想で。 きゃーーーー!榎本さんが連れて行かれちゃうーーー! 介護サービス会社「...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode10 [レベル999のgoo部屋]
『硝子のハンマー』 「榎本さん、あなたが殺したんでしょう? 内容 介護サービス会社「ベイリーフ」社長室が銃撃される。 社長の穎原昭造(佐々木勝彦)は、脅しには屈しないと、 顧問弁護士である芹沢(佐藤浩市)純子(戸田恵梨香)に相談をしていた。 脅迫状が送られ...... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」 第10話 硝子のハンマー [トリ猫家族]
 いや〜〜玉様の不敵な雰囲気が素敵すぎるんですけどーーーー!!(*゚益゚*) てか、セクスィー?ツナギ萌え? ふと、気配を感じて立ち止まった榎本・・・・ 玉様の方は榎本を知っ ... [続きを読む]

» 『鍵のかかった部屋』 第10話「硝子のハンマー 前編」 [英の放電日記]
 最終話ということで、前後編の2話仕立て。(前編だけなので、簡単に書きます)  かなりシリアスで芹沢弁護士(佐藤浩市)が大人し目だったのは物足りなかったのは残念だったが、真犯人?(玉木宏)がゴンドラで登場し、エレベーターの扉が閉まって榎本(大野智)が退...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋「硝子のハンマー」  [のほほん便り]
引っ張りましたね~~、ずっと瞬間、映るのはスニーカーの足だけ、だったゲストの源義朝… ならぬ清掃員の謎の男、玉木宏。姿を見せたのは、最後の最後。 どうにも、お気の毒な、連行された専務の久永 なにかと怪しすぎる、殺された社長の甥で副社長の穎原雅樹(鈴木一真)! そして、ついに榎本径(大野智)が連れて行かれました。(せっかく今週は、立派な模型を準備したのにぃ)不安そうな、青砥純子(戸田恵梨香)。次週、最終回。どうなるどうなる?    (ストーリー) 榎本径(大野智)は、青砥... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第10話〜ゴンドラで登場 玉木宏が全部持って行く!? [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第10話 「榎本さん、あなたが殺したんでしょう?」 介護サービス会社「ベイリーフ」社長の穎原(佐々木勝彦)が殺害されました。 脳梗塞手術で頭蓋骨が弱くなっていて、この頭頂部を殴られての死亡。 初心者のサッカーだと、ヘディングしようとして頭頂部にボールを当てちゃうから、穎原社長はサッカーしない方が良い。 しかし、こんなにスピードのない『なでしこ』は久しぶりやなぁ・・・(関係ない) −◆− 副社長の穎原雅樹(鈴木一真) 話の筋如何に関わらず、鈴木一真その... [続きを読む]

» 別館の予備(黒子のバスケ&ハンチョウ&鍵のかかった部屋) [スポーツ瓦版]
6月20日 黒子のバスケ&ハンチョウ&鍵のかかった部屋 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付 ... [続きを読む]

» 《鍵のかかった部屋》#10 [まぁ、お茶でも]
2012年、6月11日。 介護サービス会社 ベイリーフ 社長室のガラスを破り銃撃された。 芹沢の顧客企業だった。 すぐに相談された。 社長が出勤する前だった。 社長に脅迫状が届いていた。ワンマン社長は、敵が多かった。 すぐに上場するため社長は、警察に届けなかった。 ... [続きを読む]

» 【鍵のかかった部屋】弟10話と視聴率「硝子... [ショコラの日記帳]
次回は最終回で、30分の拡大版です♪弟10話の視聴率は、前回の16.0%より下がって、13.8%でした。残念ながら、このドラマの最低視聴率でした(汗)原作未読ですが、前回の予告編で、窓... [続きを読む]

» 【鍵のかかった部屋】弟10話と視聴率「硝子のハンマー前編」 [ショコラの日記帳・別館]
「硝子のハンマー前編」 次回は最終回で、30分の拡大版です♪ 弟10話の視聴率は [続きを読む]

« ATARU #10 | トップページ | 永遠の泉:簡単感想 »

作品一覧