2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 10話 | トップページ | ミッドナイト・イン・パリ »

2012年6月15日 (金)

カエルの王女さま 第10回「夢か仲間かで運命の選択」

公式サイト

娘と和解し、音楽堂での公演を1日だけ許可した市長。
館長が倒れたこともあって、すっかりツンデレになり、シャンソンズに愛のムチを。

単にコンサートを開いただけでは何も変わらない。

音楽堂での1回の公演の採算がとれるようにチケットを売ってみるよう勧めただけでなく、今後もシャンソンズの歌により採算がとれる可能性が見いだせるのであれば、音楽堂の取り壊しは撤回し、ゴミ処理場の代替地を用意する、とまで宣言する。(公式サイトより)

一気に盛り上がるメンバーたち。
それぞれがそれぞれの立場で頑張ります。
練習もしてます!!
全体練習、個人特訓、その他雑用に至るまで寝る時間もなくぶっ飛ばす澪。

そこへ澪のエージェントだったピートが訪れます。
「オン・ブロードウェイのオファーがあった。すぐに一緒に帰国しよう。」(概略です)

かつて自分を落としたプロデューサーからの話、ということもあって半信半疑の澪。そんなあやふやこと、と断ります。
しかし、写真審査も通った、と再びビート参上。
でも、やはり澪は断ります。そしてこのことは誰にも言わないように、と口止め。

以下、覚えているところを順不同で書き出します。

一希の衣装を作る忍、せまるせまる。

館長が入院中、市長から館長代理に任命された哲郎。
それをいいことに忠子といちゃいちゃ。
そこへドアを半開きにして、特訓しているんですけど、と声をかける澪。今回、一番笑ったシーンでした。

まひるは、最終面接をもう一度受けれることになりました。
コンクールの様子をTVで見た会社のえらいさんが感激したそうです。

館長を優しく見舞う市長・・・

さて、ピートは、今やるべきことは音楽堂のコンサートを成功させること、とブロードウェイのオファーを断った澪を説得にかかります。

館長が、NYに行った後もずっと澪のことを心配してくれており、ピートから様子を聞いていたこと。
今回の音楽堂のオファーも、ピートが澪を解雇することを聞いていたから。

由芽市での活動映像も送ってくれていたんですね。
NYにいた時とは違っていた。生き生きとしたいい表情をしていた、とピート。

いつも見守ってくれている館長の期待に応えることとは。
君の夢を叶えること、すなわちブロードウェイのオファーに応えることではないのか、と。

想像以上に館長に見守られていたことを知って揺れる澪。

ビートはさらに忠子たちも説得にかかります。
澪の夢が叶とうとしているのだと。

忠子は他のメンバーたちに相談。
澪が今いなくなるのは困るけれども。

あ、館長がお見舞いにきた忠子とまひるに語った「カエルの王様」の話を書き忘れていました。
童話、「カエルの王様」とは。
かいつまんで言うと、魔法にかけられてカエルになった王様が、そうとは知らずに壁に叩きつけられた瞬間に魔法がとけて元に戻った、というお話だそうです。

私たちはカエルだった。
澪に叩きつけられて夢を持てるようになった。
今度は澪を叩きつけてあげよう、ブロードウェイに送り出してあげよう。
澪へのお返しは、私たちだけでコンサートを成功させること。←ちょっと意訳入ってます。

が、自分をノケモノにして動くメンバーたちが気に入らない澪は、何だってぇの、と文句。←ここも意訳です。
あっさりシャンソンズたちは本音を明かします。
邪険な態度をとり続けて追い出す、という手段はとりませんでした。

皆の気持ちを聞いた澪。
私はここに残ってコンサートを成功させる、と宣言します。
私たちのために?動揺するメンバーたち。

勘違いしないで。私は私のために残る。

「私はあなたたちと歌いたい。」

一丸となったシャンソンズ。

公開練習・・・というか町のあちこちで自己練習を始めることでアピール!
今回一番盛り上がるところですよ!

どうしてみんなの歌がリンクしているんだ、有線放送で曲を流していたのかな、なんていう具体的な手段を考えるシーンじゃない、ファンタジーなんだよっ・・・て、割り切って見れなかった自分が悲しい・・・。

やんちゃなお兄さんたちが本当は踊れたり、桜さんが混じったりっていうのも含めて、みんながわちゃわちゃ町にくりだして踊って歌うのは、ミュージカルのお約束なんですけれどもね。
お約束ですから、と、力づくでも納得させるような作り方をしてこなかったからなぁ。
逆に、スタッフの「どうです、ミュージカルっぽいでしょ。」という自己満足っぽい感じが鼻についてしまって。

もっとわくわくしたかったのに。(溜息)
ここまでが長すぎたというかテンポが悪かったので、ちょっとだれちゃいました。途中、皆が頑張るシーンまでは良かったのですが。このドラマ、途中まではいいんだけれども、と言うことが多いなぁ。

澪が町にやってきて、なんだかんだあって、本当にコンサートが開催されるかどうかは未知数としても、一致団結までを描いた本作。
最終回を前にしてちょっと早いですが、忠子と哲郎のゴタゴタなど整理したら、2時間ちょい・・・いや4話くらいのミニ・シリーズで収まる話だったかも、というのが結論になりつつあります。(_ _);;

桜さん、歌って踊って楽しそうでした。
その、桜さん、走る、走る!
さすが、お店を休んでまでトライアスロンに参加するだけあります。

何故、走っていたかというと。
来週のはずの音楽堂の解体工事が早まり、明後日になったから。

さて、どうする?
.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 10話 | トップページ | ミッドナイト・イン・パリ »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□カエルの王女さま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの王女さま 第10回「夢か仲間かで運命の選択」:

» カエルの王女さま (第10話・6/14) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
4/12からフジテレビで始まったドラマ『カエルの王女さ』(公式)の第10話『夢か仲間で運命の選択』の感想。 毎回同じパターンの繰り返し… 第6話まで、あれだけ丁寧過ぎる位に、毎回同じパターン...... [続きを読む]

» 【カエルの王女さま】第10話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
このお話 知ってる?『かえるの王さま』 あるお姫さまがね、カエルと友達になろうって約束をするの。 でもカエルがお城を訪ねていくと、お姫さまは約束を破ってカエルを壁に…。 ☆ってたたきつけてしまう...... [続きを読む]

» 「カエルの王女さま」 第10話 夢か仲間で運命の選択 [トリ猫家族]
 なんかまるで最終回のようだったけど(盛り上がったとか、きちんと収まったとかいう意味ではなく)来週が最終回でございます・・・ そんな市長がオッケー出してないのに、工事 ... [続きを読む]

» カエルの王女さま 第10話 [レベル999のgoo部屋]
『夢か仲間で運命の選択』 内容 清忠市長(岸部一徳)を説き伏せ、音楽堂の使用許可が下りたシャンソンズ。 だが取り壊しの阻止は出来ず、 清忠は、2週間後に取り壊すことを香奈絵(久野綾希子)に告げる。 「その1日で、未来を切り開いてみせる」と香奈絵。 その矢...... [続きを読む]

» 【カエルの王女さま】第10話感想と視聴率 [ショコラの日記帳・別館]
「夢か仲間で運命の選択」 第10話の視聴率は、前回の8.5%より少し上がり、8. [続きを読む]

» 【カエルの王女さま】第10話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
「夢か仲間で運命の選択」第10話の視聴率は、前回の8.5%より少し上がり、8.8%でした。次回は最終回。お見逃しなく♪倒れてしまった香奈絵先生、不安定狭心症で、いつ心筋梗塞を... [続きを読む]

» カエルの王女さま 第10話 [ドラマハンティングP2G]
「夢か仲間で運命の選択」6月13日木曜夜10時  澪(天海祐希)や忠子(石田ゆり子)らシャンソンズの面々は、市長の清忠(岸部一徳)から音楽堂の使用許可を得る。音楽堂の取り壊しは覆せなかったが、その前に1日だけ、公演を行うチャンスを得たのだ。澪は、1%でも望…... [続きを読む]

» 『カエルの王女さま』 第10話 [英の放電日記]
「私がいなくても大丈夫みたいね。でも……私はここに残る」 「私は私の夢を叶える。  ひとつはブロードウェイ。もうひとつは……音楽堂のステージに立つこと」 「勘違いしないで、あんたたちのために残るんじゃないから」 「自分のために。  でも・・・  あんたたちと一緒に...... [続きを読む]

» カエルの王女さま #10 [blog mr]
 あれ、最終回じゃなかったんだ。いや、終わって欲しいわけじゃないけど。  せっかく Excel(多分)で表作ってるのに、電卓で計算している夫婦。現実にはよくあることだけどね。昔、上司に、「お前、電卓持ってないのか」って言われたなぁ。  子供たちとかも一緒になって、最終回に向けて一体感を醸成。  ラストのご町内ミュージカル、いい雰囲気だった。  あのチンピラたち、出番があってよかったね。先頭切って手拍子してるところなんかいかにもそれらしい感じ。  市長の預かり知らないところで何かが動いている様子... [続きを読む]

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 10話 | トップページ | ミッドナイト・イン・パリ »

作品一覧